新・異種格闘技大会『巌流島』がスタート!谷川広報部長「大みそかコンテンツに育てたい」

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

2月28日、東京・ディファ有明において「巌流島 Staging tournament 公開検証」が開催された。

巌流島は、実行委員会メンバーに馳浩(レスリング)、篠原信一(柔道)、魔裟斗(立ち技格闘技)などの様々な格闘技に加えて、アメフトやラグビーの専門家が集結。選手やファンも加わり「どの競技にも公平なルール」を協議し、実際に試合をして試し、改善しながら新しい異種格闘技大会を作り上げる、というもの。
今回の「公開検証」では、ロープやコーナーのない土俵型の闘技場(直径8メートル、舞台の高さ60センチ)を採用。試合時間は3分3ラウンド延長1ラウンドで、3回場外に押し出すと一本勝ち。選手は袖無しの道衣とオープンフィンガーグローブを着用する。ルールは立ち技中心で、有効な技はパンチ、キック、投げ技、立った状態での関節技と絞め技、さらにパウンドもOK。反則技は、寝技での関節技や絞め技、頭突き、サッカーボールキックや踏みつけなど。
どの競技にも公平なルールということは、出場選手の誰もが初めて体験するルール、ということ。果たして誰が、どんな強みを発揮するのかに注目が集まった。

無差別級の8人トーナメントで決勝まで勝ち上がったのは、ブライアン・ドゥウェス(オランダ・キック)と星風(モンゴル・相撲)。ドゥウェスはパンチとキックで先手を取り、パウンドで仕留めるパターンで2試合連続の1ラウンド勝利で勝ち上がってきた。対する星風は、圧倒的なパワーで相手を場外に投げ飛ばしながらも自分も勢い余って落ちる場面が目立ち「両者とも土俵から落ちると同体」とみなされるルール(星風が土俵内に残っていれば「場外ポイント」)に苦しみ、消耗した状態で勝ち上がってきた。

決勝戦では、ドゥウェスが星風のパワーに苦しみながらも、パウンドを防御し、体勢を沈めて突進してきた星風を場外に出して先制。さらに星風の体勢を崩してバックにつくと、力強いパウンドを打ち込んでレフェリーストップの一本勝ち。第一回大会優勝者となった。

2015-2-28巌流島公開検証②会場には、リングスの前田日明代表、ピーター・アーツ、宇野薫ほか、様々な格闘家が来場。今大会への関心の高さがうかがわれた。
試合後、谷川貞治広報部長は「次回大会は6月中旬から7月中旬で調整しています。キャパがもう少し大きなところでやりたいですし、逆に日本人だけで小規模な実験もやっていきたい。年内はあと10月、12月を予定していて、ゆくゆくは年末に地上波でやりたい」
報道陣から「最短で今年の大みそかにも?」と聞かれると「やりたいですね」と谷川広報部長。
「今回は課題と面白さが入り混じった大会。レフェリー、ジャッジも意見がバラバラで、新しい格闘技を作るのは難しい。でもMMAでもキックボクシングでもなく、それぞれの格闘技の良さがもっと生かせるように、もっと面白いものにしていきたい」(谷川広報部長)

実行委員会メンバーの旭道山和泰氏(相撲代表)からは「素手にしてはどうか」という提案もあるという。オープンフィンガーグローブを外して素手にして「顔面パンチ禁止」となれば、パンチのない相撲や柔道、ラグビーからも出場しやすくなるだろう。となれば「朝青龍対篠原信一」のようなカードも夢ではない気がするが……。

ちなみに、この大会までに「ルール検討」のためのスパーリングを実施してみたところ「平直行さん、大成敦さんたちでやってみたら、安田忠夫が強かった」(谷川広報部長)という。
今回の公開検証の結果を受けて「巌流島」がどう変わっていくのか。今後の展開に注目したい。

【取材・文/スポーツライター茂田浩司】

巌流島 Staging tournament 公開検証
日時:2015年2月28日(土)
開始:16:00
会場:東京・ディファ有明
観衆:1280人(超満員札止め)

▼第0試合 リザーブマッチ 巌流島ルール 3分3R・延長1R
○森川修次(柔道)
2R 場外押し出しによる一本(押し出し3回)
●三浦康彰(空手)

▼第1試合 トーナメント1回戦 巌流島ルール 3分3R・延長1R
○マーカス・レロ・アウレリオ (カポエイラ)
1R 0分38秒 パウンドによるギブアップ
●アブドゥーラ・ニャン (セネガル相撲)
※マーカス・レロ・アウレリオが準決勝進出

▼第2試合 トーナメント1回戦 巌流島ルール 3分3R・延長1R
○星風 (相撲)
2R 0分50秒 場外押し出しによる一本(押し出し3回)
●和久憲三 (アメフト)
※星風が準決勝進出

▼第3試合 トーナメント1回戦 巌流島ルール 3分3R・延長1R
●ミノワマン (プロレス)
1R 0分54秒 場外押し出しによる一本(押し出し3回)
○ウーラーハン (散打)
※ウーラーハンが準決勝進出

▼第4試合 トーナメント1回戦 巌流島ルール 3分3R・延長1R
○ブライアン・ドゥウェス (キック)
1R 2分13秒 パウンドによる一本
●カーメン・ゲオルギエフ (コンバットサンボ)
※ブライアン・ドゥウェスが準決勝進出

▼第5試合 スーパーファイト 巌流島ルール 3分3R・延長1R
●山岸正史(太極拳)
1R 0分06秒 パウンドによる一本
○岩丸祐太郎(空手)

▼第6試合 トーナメント準決勝 巌流島ルール 3分3R・延長1R
●マーカス・レロ・アウレリオ(カポエイラ)
3R 0分13秒 場外押し出しにより一本(押し出し3回)
○星風(相撲)
※星風が決勝進出

▼第7試合 トーナメント準決勝 巌流島ルール 3分3R・延長1R
●ウーラーハン(散打)
1R 1分59秒 パウンドによる一本
○ブライアン・ドゥウェス (キック)
※ブライアン・ドゥウェスが決勝進出

▼第8試合 スーパーファイト 65kg契約 巌流島ルール 3分3R・延長1R
○渡辺一久(ボクシング)
1R 1分12秒 場外押し出しによる一本(押し出し3回)
●グゥオ・チェン(少林拳)

▼第9試合 トーナメント決勝 巌流島ルール 3分3R・延長1R
●星風(相撲)
1R 1分59秒 パウンドによる一本
○ブライアン・ドゥウェス (キック)
※ブライアン・ドゥウェスが優勝

<試合後コメント>
ブライアン・ドゥウェス
「とにかく疲れた。相手も強くて、なかなかやりたいことが出来ず、厳しいトーナメントだった。端っこに追い込まれるのは避けたかったが(闘技場の)センターに残るのが難しかった。1回目にしては興味深い試合が多かったのではないか。(ルールの改善点は?)今は思いつかない。(次も参戦したい?)もちろん。ディフェンディングチャンピオンだからね。日本は素晴らしい国で、歴史的なイベントに呼んでいただいて感謝している」

星風
「日本の格闘技、相撲の強さを見せたかった。でもパンチがないとダメ。押すだけでは通用しない。(闘技場から)落としても、相手に引っ張られて落ちると『同体』になるところは見てて面白くないし、改善した方がいいと思う。(先輩の朝青龍には報告する?)優勝すればね(苦笑)。今日も時間があれば来るといってたし『優勝しろよ、応援してやる』と言われてきた。(次も出たい?)プロは1位じゃないとね。次はあの人(ドゥウェス)と1回戦でやりたい。このルール、面白いからこのルールでもやりたいし、自分には総合が向いてるから総合もやりたい。これからもよろしくお願いします」

関連記事

サイト内検索

団体別

日別

2017年3月
« 2月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別

ページ上部へ戻る