RIZINの関西地上波生放送が消滅!皇治「まさか那須川天心より半沢直樹より地元・阪神タイガースが一番強敵やったとは」

  • 1
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 23日、今月27日にさいたまスーパーアリーナにて開催される『Yogibo presents RIZIN.24』についての記者会見が行われ、当大会が開催地区では地上波生放送が行われなくなったことが発表された。

 会見に出席したのは、RIZINの榊原信行CEOと、今大会のメインイベントで那須川天心と対戦する皇治。
 大阪府出身の皇治は、地元関西の選手へ生放送で試合を届けるという約束を守れなかったことを謝罪すべく出席したという。

 今大会はFNS系列の全国ネットで生放送される予定であったが、関西地区では同枠で阪神タイガースの試合が放送されることになり、同地区では関西テレビにて9月30日の25:55~27:48の時間帯で放送されることになった。
 榊原CEOは、「関西地区の編成をRIZINとして権利を持って出来ることではない」と苦悩を語りつつ、関西地区のファンへ謝罪した。

 そして皇治は「大阪・関西以外の人からしたら『そんなことかよ』って思ってはる人もいるかもしれないですけど、関西のファンからしたら大きいことやと思うので、その大阪のファンの方たちに約束を守れなかったっていうのが、自分の中ではすごい悔しくて。自分からも『約束を守れなくてすみません』っていうのは謝りたい。ただ、天心をひっくり返すってことは何一つ変わらない。これで反骨精神にまた火が点いて、より色んなものを見返してやろうと思ってるので、今回の件は燃えてます。なので、関西のファンはちょっとガッカリしてる部分もあると思うんですけど、それはもう、試合で見せるんで。皆さん付いてきてくれて、応援してくれたら嬉しいなと思ってます」とファンへ謝罪しつつ、試合への意気込みを語った。
 また、「いや、まさかのね?まさかの天心より半沢直樹より、まさか地元タイガースが一番強敵やったというね(笑)いや、まあ自分も阪神ファンなんで頑張ってくれたら嬉しいですけど(笑)その日だけは野球やめとってくれへんかなって思うけどね?まあ仕方ないですね」と冗談交じりに話した。

 そして、榊原CEOは、『生放送で試合を見られなくなった関西地区のファンに無料で配信出来ないか』と皇治が交渉していた内幕を明かした。残念ながらその要望は叶わなかったものの、ファンを思う皇治のエピソードが1つ加わった。

関連記事

サイト内検索

日別

2020年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

月別

ページ上部へ戻る
×