ヨシタツ・キングダムが勢力拡大!MEN'Sテイオーや“力道山三世”力も加入?!「5年くらい前の何とかクラブと全く同じ展開」

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 21日、東京都・後楽園ホールにて全日本プロレス『2020 Champion Carnival ~ReOStaff株式会社 presents~』が開催され、ヨシタツ・キングダムが戦力を拡大した。

 ヨシタツ・キングダムとは、ヨシタツが8月1日に建国した王国(ユニット)。
 前職が警察官でもある岡田佑介を警察庁長官、全日本プロレスのメインスポンサーである株式会社カーベルの社長・カーベル伊藤を財務大臣に任命するなど着実に富国強兵化を進めているが、この王国誕生に脅威を感じた何者かの力が働いたためか建国数日前にフォロワー約30万人を誇るヨシタツのTwitterアカウントが凍結されるという珍事も起きた(※9月3日に復旧)。
 この日は、ヒラの国民である立花誠吾が負傷欠場することとなったため、ヨシタツは「負傷した立花の代打として、ある選手を連れてくる。彼はかつてWWEに所属していた。今回を機に、今後もヨシタツ・キングダムの大きな力となってくれることであろう」と声明を発表していた。

 この日の第1試合では、ヨシタツ&岡田佑介&Xvs大森隆男&力&本田竜輝の試合が実施。
 ヨシタツに導かれてXが入場すると、その正体はMEN'Sテイオーであることが判明。
 マイクを取ったヨシタツは「ヨシタツ・キングダムのXは!元WWE、カイエンタイで活躍されたMEN'Sテイオーさんです。言ったら俺の大先輩に当たるわけだ。今後、ヨシタツ・キングダムの新たな力になってくれるでしょう」と語ってから奇襲。
 テイオーはスピニング・トゥーホールドやローリングエルボーなどキレのある動きを見せ、最後は本田をミラクルエクスタシーで叩きつけ、ヨシタツのCBJでの決着をアシスト。

 試合後、ヨシタツは「テイオーさん!今日はどうもありがとうございました!見て!このコスチューム!赤と青。完全に俺に寄せてきている!テイオーさん、これからもヨシタツ・キングダムのために力!貸してくれますよね?!」と勧誘するも、テイオーは「俺は昔、全日本プロレスのファンクラブだったキングスロードは知ってるんだけど、ヨシタツ・キングダムはよく知らないんだ」と国民となることを保留。

 しかし、満面の笑みを浮かべた力が「ヨシタツさん! “ヨシタツ・キングダムの力”って仰ってませんでした?!力って自分のことですよね?!ヨシタツさんがそんなに僕のことを想ってくれていたなんて全然思わなくて……ありがとうございます!祖父・力道山譲りのチョップで、必ずや、“ヨシタツ・キングダムの力”になりたいと思います!ありがとうございます!」と大喜びで国民となることを志願すると、ヨシタツは苦笑いで「考えさせてくれ」と保留した。

 バックステージに戻ったヨシタツは、「『入ってくれ』『俺が入ります』『考えさせてくれ』……この流れ、デジャブかなと思ったよ。5年くらい前に何とかクラブというのでやったことあるなって。本当にデジャブかと思った。まったく同じ展開で。自分の中でもビックリした。まぁ力については要らないよね。テイオーさんが答えを何も言わずに去っていったから、そっちの方が気になるよね。とりあえず力はいいや」と終始苦笑しながら語った。

関連記事

サイト内検索

日別

2020年11月
« 10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

月別

ページ上部へ戻る
×