【会見全文】全日本プロレス&“激落ちくん”や“バルサン”のレック&ホームセンターのコーナンがコラボ!ここでしか見られない特別な全8試合を配信!「ホームセンターの王道を往きたい」

  • 1
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 15日、東京都・後楽園ホールにて、全日本プロレス、レック株式会社、コーナン商事株式会社の3社が記者会見を実施し、コーナンEショップ登録によるオリジナルマッチ配信を行う新プロジェクトを発表した。

 レック株式会社は、掃除用スポンジ“激落ちくん”などのメーカーとして知られているが、プロレス界との縁は深く、新日本プロレスが今月19日から開催する『G1 CLIMAX 30』のメインスポンサーとなったり、NOAHやDRAGON GATEとは全国各地のドラッグストア&ホームセンターでの大会を開催している他Amazonプライムビデオでの番組『dragongate』をスタートさせたりと、現代のプロレス界を影から支えている企業の1つだ。
 そしてコーナン商事は、ホームセンター「コーナン」「コーナンPRO」「ホームストック」を運営する会社であり、店舗では上記のDRAGON GATEのプロレスイベントも開催。普段プロレスを見ない層への新規アプローチへ一役買っている。

 出席したのは全日本プロレス代表取締役社長の福田剛紀氏、コーナン商事株式会社商品三部長の奥村英輔氏、レック株式会社の毛利大輔氏、KENSOこと株式会社共同テレビジョン第3制作部プロデューサーの鈴木健三氏。そして諏訪魔、宮原健斗、石川修司、TAJIRIの4選手が登場した。

福田剛紀氏
「本日はお忙しいところ、コーナン&レック&全日本プロレス、発表記者会見にお越しいただきまして誠にありがとうございます。全日本プロレスの代表取締役社長、福田でございます。今回コーナン様、そしてレック様とまるで6メンタッグマッチのように3社がガッチリ手を組みまして、今まで全日本プロレスを見たことのないファンの方々に見ていただける機会を作っていただきました。とても良いチャンスと思いまして、我々選手・スタッフ一同大変に燃えております。今回のために特別な大会となっておりますので、従来からの全日本プロレスのファンの皆様にも十分満足していただける内容のコンテンツとなっております。ぜひ皆様、コーナン様のEショップを使ってレック様の商品を買っていただけますと、全日本プロレスの試合が見ていただけます。どうぞよろしくお願いします!」

毛利大輔氏
「レック株式会社、広域事業課イベント担当の毛利です。どうぞよろしくお願い致します。弊社レック株式会社は、掃除用スポンジ激落ちくんとバルサンブランドで知られている家庭用品・日用品の製造・卸メーカーでございまして、クライアントであるコーナン商事様とは、これまでコーナン様の店舗を利用したプロレスイベントを企画・開催してまいりました。しかし、昨年は残念ながら大型の台風襲来。今年はコロナ禍の感染症拡大防止の観点により、集客イベントを延期しておりました。しかしながら、『プロレスイベントを行ってほしいと』いうお客様のご要望・お声も多くいただき、コーナン様のお客様に感染のリスクがなく、安心して自宅でプロレス観戦が出来る方法ということで、コーナンEショップ内で新規会員になっていただいた方、そして既存会員の方が見られる形での新しいプロレスの楽しみ方が出来る動画配信コンテンツを企画するに至りました。ここだけでしか見られない全日本プロレス様の迫力あるプロレスを、より多くのコーナン様のご利用者にご覧になっていただきたいと思っております。弊社と致しましても、この新たな施策をバックアップさせていただきますので、是非多くのプロレスファンの皆様に楽しんでいただけるコンテンツになるよう、精一杯サポートさせていただけたらと思います」

奥村英輔氏
「本日はお忙しい中、お集まりいただきまして誠にありがとうございます。コーナン商事賞品三部の奥村と申します。よろしくお願い致します。今回、レック様、全日本プロレス様と協力させていただきまして、ホームセンターコーナンを日頃ご利用いただいておりますお客様へ、今回のイベントを通じてプロレスの楽しさを、従来のプロレスファンの皆様だけでなく多くの皆様に楽しんでいただければなと思っております。また、現在のコロナ禍の中、来店してお買い物を楽しみにくいお客様もいらっしゃいますので、コーナンとしましても、ネット通販の充実というところにも取り組んでおります。この機会にホームセンターコーナンのネット通販を多くの方に知っていただいて、便利にお買い物を楽しんでいただければなと思っております。今回のオリジナルマッチの動画配信につきましては、応募方法につきましては、ホームセンターコーナンのEショップのサイトで会員登録を行っていただいて、プロレスイベントのページでアンケートに答えていただけますと、動画のURLがゲットできるという流れになっております。動画配信に関しましては、合計3回を予定しておりまして、1回目が10月5日~10月25日までの会員登録のお客様に3試合配信させていただきまして、2回目が10月26日~11月15日の期間、3回目が11月16日~12月6日の期間で計3回を予定しております。アンケートに答えていただけますと8試合の激闘を全て御覧いただける形になっております。
もう1つ、全日本プロレス様とレック様にご協力いただきまして、オリジナルのクローズドキャンペーンも実施させていただきます。内容に関しましては、コーナンEショップで、1界のご購入でレック様の商品を含む税込み2000円以上の商品をご購入いただくと応募できるクローズドキャンペーンになっております。当たる商品に関しましては、全日本プロレスさんの選手のサイン入りグッズを抽選で50名様にプレゼントさせていただくという企画になっております。以上、この2点をもちまして、なんとかホームセンターコーナンのEショップ通販を多くのお客様に知っていただいて、ご利用いただいて、今後のホームセンターコーナンのお買い物でお客様に便利に楽しんで買い物をしていただければと思っておりますので、是非よろしくお願い致します」

鈴木健三氏
「お疲れさまです!この度、映像の方を担当させていただきました、共同テレビジョンの鈴木健三、カッコKENSOカッコ閉じです!(笑)まずはじめに、コーナン様、そしてレック様、全日本プロレス様。私、プロレスラーでもあるんですが、このようなプロレスの収録というところに携わらせていただいて、本当に心から感謝をしております。ありがとうございます!すごく!いい!試合を収録することが出来ましてですね、途中、若干、禁止なところへ選手が乗って、やられたりして、僕も胃酸が過多になってしまったところもあるんですけど、内容は、とても最高!な試合となっております!是非皆さんに見ていただきたいと思います。
ということでですね。毎回、お久しぶりなんですけど、恒例になっております。久しぶりに!(ジャケットを脱ぐ)久しぶりにですね!このコーナンホームセンターとレック様、そして全日本プロレスのですね、この大きなプロジェクトが大成功するように!昨日の夜、新しいビチッとを考えてきましたので、それを発表したいと思います!いいですか皆さん!……情熱を持ってェ!もっと大好きなァ!ビチッとォーッ!!……ありがとうございました。すみません、失礼します」

 続いて、全日本プロレスの選手たちが当企画についてのコメントを発表した。

諏訪魔
「全日本プロレスの諏訪魔です。この度はコーナンさん、レックさんとコラボレーションを行えたということをすごく嬉しく思います。そして、肝心の試合の方もですね、スペシャルな試合が出来たと思ってます。そして、コーナンさんの商品、2つ手にしちゃいました!レックさんのも貰っちゃったなぁ(笑)重宝してます!今日も使ってきました!それは動画を見てのお楽しみということで、ぜひ皆さんも楽しみにしてもらいたいなと思います!以上です!」

宮原健斗
「全日本プロレスの宮原健斗です!僕はですね、常日頃、初めてプロレスを見る人がその場所に居て、プロレスを知る切っ掛けになる可能性が1%でもあれば全力でリングに上がると心に決めていつもリングに上っているので、このようなコンテンツでも僕は変わらず宮原健斗を披露して、1%でもプロレスを知る切っ掛けになるものであれば、僕は全力で取り組みたいと思っています。
 そして、後ろから見てて1人体格のいい人がいるなあと思ったら、どっかで見たことある人だなあと思ってたら、元・全日本プロレスのKENSOさんなんで、ちょっとビックリして。そして、あんなプロレスラーが喋る前にあんなおっきな声で、プロレスラーよりおっきな声出されたらね、ちょっと後ろに立っているプロレスラーの迷惑も考えて欲しいなっていうのもあるんですけど、プロデューサーとして、全日本プロレスとタッグを組んでですね、元・全日本プロレスのKENSOさんのですね、この空気を読まない感じも、今後のコンテンツに生きるんじゃないかと思っているので、楽しみにしております!」

KENSO「ありがとうございます(頭を下げる)」

石川修司
「全日本プロレスの石川です。中々、このコロナ禍でですね、こういうチャンスというのはまた新しくプロレスを見てもらう、私達の全日本プロレスを見てもらえるすごいチャンスだと思いますので、僕らの明るく激しく、楽しい……ん?間違えた?明るく、楽しい、激しい戦いを、うん。初めてプロレスを見る方も楽しめると思いますんで。いや、全日本プロレスを見ている人も楽しめる内容になっておりますので、是非、登録してアンケート答えて見てもらいたいと思います。よろしくお願いします」

TAJIRI
「どうも、TAJIRIです。僕は全日本プロレスの所属じゃなくてフリーなんですけれども、今回の立ち上げにも参加させていただきまして、だからこそ、フリーだからこそ、ちょっと離れたところから見える客観的なことも色んなこともありまして。客観的に見て、コーナンさんとレックさんというすごく大きな企業が全日本プロレスと関わってくださったというのは、すごくいいことだなと。そういう大きな一般企業には、プロレスを知らない顧客さんもいっぱいいると思うので、そういう人たちをみんな虜にするようなね、そういう魅力が全日本プロレスさんにはあると思いますので。これからもこういう時代ですから、本当にありがたいお話なんじゃないかなと、傍から見ていて思います。これから、誰も1人では生きていけない時代が来るんじゃないかと思うので、こうやってね、みんなで力を合わせてタッグを組んでですね、なにかを生み出していくって素晴らしいことだと思います。以上です」

――鈴木さん、諏訪魔選手が「商品をもらった」と言っていましたが、この企画では試合の勝者に賞品としてなにかが贈られるというものはあるのでしょうか
鈴木氏「それは見てからのお楽しみということなんですけど、賞品については、どうしよ。試合でちょっといろいろなものを紹介させていただいたんですけど、プレゼントをさせていただいたと、そういう感じです」

――この動画配信での試合の内容は、通常の全日本とはまた違う雰囲気の試合となるのでしょうか
鈴木氏「私としては、すごく皆さんいつもより激しく、明るく、そして楽しくいつもの倍以上の素晴らしい内容になっております。ちょっと行き過ぎちゃったかなと、そこは僕の胃酸がぐるぐるした瞬間もありましたが、すごく面白いです!」

――レックさんとコーナンさんにお聞きしたいのですが、全日本プロレスの魅力をどこに感じてコラボに至ったのでしょう
毛利氏「まず、私達の方で、ホームセンタープロレスというのをやっていたんですけど、そのときに全日本プロレスさんには過去にも来ていただいたりしたんですけど、それで試合を見て、『すごい迫力があるな』『選手が大きいな』と感じまして、私はプロレスには全くというかあまり詳しくなかったんですけど、そこから魅力を感じて虜になったような形でございます」

奥村氏「今回、全日本プロレスさんとレックさんと協力してイベントを立ち上げさせてもらってるんですけど、ホームセンターコーナンとして、ホームセンターの王道をいきたいと思いまして、今回全日本プロレスさんと一緒になって、極めて行きたいなという気持ちも込めてコラボさせていただきました」

<コーナンEショップ>
https://www.kohnan-eshop.com/shop/default.aspx
※コーナンEショップで会員登録を行い、プロレスイベントページでアンケートに答えると動画URLを入手可能

<全日本プロレスオリジナルマッチ配信スケジュール>
1回目 10月5日~10月25日(3試合配信)
2回目 10月26日~11月15日(3試合配信)
3回目 11月16日~12月6日(2試合配信)

関連記事

サイト内検索

日別

2020年11月
« 10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

月別

ページ上部へ戻る
×