三冠王のEVILが高橋ヒロムとの最初で最後の前哨戦で勝利し「EVILは名古屋まで取っておいてやる」と余裕の嘲笑!

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

20日、東京都・後楽園ホールにて新日本プロレスが『NEW JAPAN ROAD』を開催した。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響から、新日本プロレスは2月26日の沖縄大会を最後に3ヶ月以上53大会を中止していたが、スポーツ庁の助言を受けながら再開に向けたガイドラインを作成し、全選手・スタッフに抗体検査を実施するなど健康状態をチェックできる体制を構築し、先月15日に満を持して110日ぶりの大会を開催。
 6月15日~7月3日までは無観客配信興行となり、『NEW JAPAN CUP 2020』を新日本プロレスワールドで配信。11日の決勝戦は大阪城ホールで約5ヶ月ぶりに観客を入れての興行を行い、この日は同じく約5ヶ月ぶりに“東の聖地”後楽園ホールで有観客大会を実施。

 この日のメインイベントでは、“L.I.JvsBULLET CLUB”の構図となるEVIL&ディック東郷&石森太二vs高橋ヒロム&内藤哲也&BUSHIの6人タッグマッチが実施。
12日の大阪大会にて、EVILは内藤からIWGPヘビー級&IWGPインターコンチネンタル王座を奪取し、NEVER6人タッグ王座も合わせて三冠王を達成。これに対して怒りを顕にしたヒロムが挑戦を表明しており、決戦を5日後に控えた両者の最初で最後の前哨戦として注目を集めていた。

 両軍が入場し、因縁のヒロムとEVILがリング上で睨み合いを展開。ここでヒロムがジャケットを脱ぐと、なんとBULLET CLUBのTシャツを中に着ており、EVILが不敵に笑う中でヒロムが内藤とBUSHIに指で作った銃口を突きつけると場内からはざわめきが起きる。しかしヒロムは振り向きざまにEVILに殴りかかってゴングが鳴り、場外でEVILを鉄柵に叩きつけてからTシャツを破きながら脱いで「ロスインゴ辞めるわけねーだろ!バーカ!」と高笑いしながらEVILの首を絞め上げる。
 L.I.Jの面々は試合中にEVILへ見せつけるように拳を掲げて合わせる結束のポーズを取ったり、これまでにはあまり見せてこなかった合体攻撃を見せたりとEVILへL.I.Jの絆を見せつけていくが、EVILは動じること無くラフファイトに徹する。
 試合終盤に合体攻撃を決めて勢いに乗ったBUSHIはエムエックスを狙うが、石森がレフリーを押さえつけて視界を塞ぎ、東郷が大阪でも用いた金属ワイヤーでBUSHIの首を絞めあげてアシストするとEVILがEVILで叩きつけて3カウント。

 EVILは不敵に笑いながら倒れ伏すヒロムを見下ろし、ヒロムがEVILに掴みかかると東郷が金属ワイヤーでヒロムを絞め上げ、EVILがヒロムへEVILを仕掛けるフリだけして解放。
 EVILは、「おぉい、ヒロムぅ。お前のやることなんてな、全てお見通しなんだよこの野郎!名古屋の地でヒロムを地獄の底に葬ってやるよ!それまでEVILは取っていてやるよ。よぉく覚えとけ!」と叫び、倒れ伏すヒロムに見せつけるようにウルフパックポーズを合わせ、EVILは2本のベルトを掲げながら意気揚々と退場していった。

 EVILのBULLET CLUB加入や三冠王の達成、さらに今年のNEW JAPAN CUPから機運が高まった“ヘビー級vsジュニアヘビー級”のシングル王座戦など、現在新日本の話題はEVILを中心に展開している。EVILが持つNEVER6人タッグ王座はL.I.Jの鷹木信悟&BUSHIとともに保有している王座であり、この王座についても近日中に動きがあると見られ、各王座戦線から目が離せない。
 EVILとヒロムの二冠をかけた決戦は、25日の愛知県体育館大会のメインイベントで行われる。

関連記事

サイト内検索

日別

2020年11月
« 10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

月別

ページ上部へ戻る
×