悲運の女荒武者・刀羅ナツコが新王者決定トーナメントで敗北も大江戸隊メンバーとの王座奪取に向け再点火!「終わりじゃねえ。始まりだ」

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 17日、東京都・後楽園ホールにて、女子プロレス団体スターダムが『STARDOM EXPLODE IN SUMMER 2020』を開催し、大江戸隊の刀羅ナツコがワンダー・オブ・スターダム新王者決定トーナメントの一回戦で敗退した。

 スターダムは新型コロナウイルスの影響で2月後半から興行を全て中止に。その間に、ワンダー・オブ・スターダム王者である星輝ありさの引退や、木村花さんの死去などいろいろな出来事があったが、先月21日から大会を再開。
 “白いベルト”ことワンダー・オブ・スターダム王座は、現在はWWE、NTXで活躍する紫雷イオや宝城カイリ(現:カイリ・セイン)も戴冠してきた王座であり、昨年には引退の身から突然の復帰を果たしたスターダム一期生の星輝ありさが電撃戴冠を果たし、防衛V10を達成するなど不動の地位を築いてきた。
しかし、星輝は今年5月に突如引退を発表して同王座を返上。星輝の王座を狙う選手は多くいただけにスターダム内に衝撃が走った。

 中でも、大江戸隊の首魁たる刀羅ナツコの怒りは怒髪天を衝いた。
 ナツコは昨年大江戸隊に加入すると、花月や葉月に鍛えられ“女荒武者”として覚醒。確かな技術とラフファイトを交えて戦い、未来の大江戸隊を背負って立つ存在として期待を集めていたが、昨年12月から今年1月にかけて花月と葉月が相次いで引退。“未来”は唐突に訪れてしまった。
 花月に後継者として指名されたナツコは大江戸隊を背負って立つ覚悟を決め、新生・大江戸隊のリーダーに就任。さらに引退時には「白いベルトを取る夢を叶えたかった」と涙した葉月の想いも背負って白いベルト奪取に燃え、今年2月の新木場大会では10人タッグマッチの乱戦を制して当時の王者・星輝からフォールを奪って挑戦権を獲得。
 しかし、白いベルト戦が行われるはずだった3月の後楽園ホール大会(無観客試合)で星輝が突如欠場したことから王座戦は流れ、そのままスターダムは興行自粛に入り、自粛期間中に星輝が引退したことからナツコの白いベルト戦は宙に浮いてしまった。
 
 他方、ジュリアは今年3月に行われたスターダムのシングル最強決定戦“シンデレラ・トーナメント”を制して星輝への挑戦権を獲得していたが、これも星輝の引退で先行き不明に。
 そして、ジュリアは今月12日の新木場大会で自身と抗争を展開していた中野たむを相手に白いベルトの新王者決定戦を要求。たむも星輝のタッグパートナーであったことから白いベルトへの想いもひとしおであり、これで決まりかと思われていたところへ白いベルト戦の先約があったナツコが激怒して乱入して異議を唱え、ここに小波も加わって4名での新王者決定トーナメントの開催が決まった。

 メインイベントではナツコとたむが対戦し、ナツコが試合前からパイプ椅子で奇襲し、チェーンで絞首刑に処すなど場外戦で大暴れ。
 終盤にはたむの怒涛の必殺技攻勢をすべて受け切り、チェーンラリアットから昇天。さらにフロッグスプラッシュ、ダイビングギロチンドロップと続け、対星輝戦のために習得したDOUKI直伝の摩利支天(アルゼンチン・バックブリーカーの体勢から旋回して放つサイドバスター)での決着を狙うが、これを着地したたむがナツコの攻撃を大江戸隊のセコンドに誤爆させ。一瞬の隙を突いてのスクールボーイで技ありの3カウント。

 この結果に納得行かない大江戸隊の面々は総出でたむをストンピングで痛めつけ、ナツコはチェーンラリアットで叩きのめしてから馬乗りになって髪を掴みながら「お前だけは絶対に許さねえからな!」と悲しみを帯びた怒りの咆哮を上げた。

 しかし、試合を終えたナツコは「終わりじゃねえ 始まりだ」とツイート。
 ナツコは大江戸隊の夏すみれ&鹿島沙希とともに“ドンナ・デル・モンド”ジュリア&朱里&舞華の持つアーティスト・オブ・スターダム王座(6人タッグ王座)への挑戦が決定しており、次なる戦いは既に始まっている。決して折れることなく前を見つめる不屈の女荒武者の捲土重来に期待したい。

関連記事

サイト内検索

日別

2020年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

月別

ページ上部へ戻る
×