高橋ヒロムがIWGPジュニア王者の意地をかけて石井智宏を撃破しNJCベスト4進出!「『ジュニアもヘビーも関係ねえ』じゃ困るんだ!」

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 2日、新日本プロレス『NJPW WORLD Special NEW JAPAN CUP 2020』が無観客試合にて開催された。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響から、新日本プロレスは2月26日の沖縄大会を最後に3ヶ月以上53大会を中止していたが、スポーツ庁の助言を受けながら再開に向けたガイドラインを作成し、全選手・スタッフに抗体検査を実施するなど健康状態をチェックできる体制を構築し、先月15日に満を持して110日ぶりの大会を開催。
 6月15日~7月3日までは無観客配信興行となり、『NEW JAPAN CUP 2020』を新日本プロレスワールドで配信。決勝戦は7月11日に大阪城ホールにて観客を入れての興行を行い、翌日12日に同会場で内藤哲也の持つIWGPヘビー&IWGPインターコンチネンタルの二冠にNJC優勝者が挑戦する。
 今年のNJCはヘビー級・ジュニアヘビー級問わず32選手が参加。外国人選手の招聘問題などで参戦できなくなった選手もいるものの、ヤングライオンやジュニア選手の参加など例年にはない色の出たシリーズとなった。

 この日はNJC準々決勝として高橋ヒロムvs石井智宏の試合が行われた。
 階級を超えた両者の対戦に際し、石井は「ジュニアもヘビーも関係ない」という考えから「チャンピオンとしてのプライド、それからてめえがいつも叫び続けているジュニアヘビー級のプライド、全てぶつけてこい」と語り、ヒロムは石井を「新日本で一番強い男」とリスペクトしつつ、「ここ(ハート)のぶつかり合いだろ?見せてやるよ、俺の気持ち。真っ向勝負だ、バカ野郎!」とヘビー級との真っ向勝負を宣言していた。

 ヒロムはゴングと同時に突っ込んでいき、あえて不利な身体と身体のぶつかり合いを挑む。石井もこれを正面から受けて立ち、エルボーやチョップで打ち据えていくと「チャンピオンどうしたコラ!」と挑発。
 ヒロムは石井のパワーボムを切り返してのDや串刺しデスバレーボムなどで対抗していき、メゲずに打ち続けたラリアットでついに石井を吹き飛ばしてTIME BOMBで叩きつけるもカウントは2。TIME BOMBを返されたのはウィル・オスプレイ、リュウ・リーに続き3人目。
 ならばとヒロムはブレーンバスターの形で持ち上げ、エメラルド・フロウジョンのように体を横に流しながら頭から垂直に突き刺す新技と思われるドライバーを繰り出し、最後はオスプレイへ繰り出して以来2度目の解禁となるTIME BOMB IIで突き刺してカウント3。
 ジュニアヘビー級のヒロムがベスト4へ進出する快挙を見せ、ベルトを掲げながら「これがジュニア王者の力だバカヤロー、これがジュニア王者の気持ちだ!」と石井へ向けて魂の叫びを上げた。

 試合後、満身創痍のヒロムは「この俺は、このトーナメントのダークホースか? 今日の勝利は番狂わせか? 笑わせんな。順当だ、バカ野郎。俺はIWGPジュニアヘビー級チャンピオンだぞ。誰にも負けるわけにはいかねえんだよ。優勝して当たり前だ。石井智宏、ジュニアもヘビーも関係ねえか? 関係ねえじゃ、困るんだよぉ!俺がジュニアでやってきたこと、言い続けてきたこと、それが壊れちまう。ジュニアもヘビーも関係ねえじゃ困るんだ。俺は今日、自信を持って、誇りを持って、自慢気に、高らかに言うぞ。俺はヘビー級で一番強え男、石井智宏に勝ったんだ。ジュニア王者として、俺は石井を倒した。ヘビー最強の石井を倒したんだ。このあと、石森が来ようが、オカダが来ようが、俺には関係ない。潰して、優勝してやる。ただそれだけだ。優勝して当たり前だ」と、これからの新日本ジュニアを牽引する者としての覚悟を叫んだ。

 なお、この日の試合結果を受け、高橋ヒロム、EVIL、オカダ・カズチカ、SANADAの4強が出揃った。NJC準決勝は、高橋ヒロムvsオカダ・カズチカ、EVILvsSANADAの組み合わせで行われる。

関連記事

サイト内検索

日別

2020年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

月別

ページ上部へ戻る
×