タイチがIWGPタッグ王者・棚橋弘至&飯伏幸太から連勝してNJC準々決勝進出!「俺は王者を2タテした。力の差が出すぎだお前らとは」

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 1日、新日本プロレス『NJPW WORLD Special NEW JAPAN CUP 2020』が無観客試合にて開催された。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響から、新日本プロレスは2月26日の沖縄大会を最後に3ヶ月以上53大会を中止していたが、スポーツ庁の助言を受けながら再開に向けたガイドラインを作成し、全選手・スタッフに抗体検査を実施するなど健康状態をチェックできる体制を構築し、先月15日に満を持して110日ぶりの大会を開催。
 6月15日~7月3日までは無観客配信興行となり、『NEW JAPAN CUP 2020』を新日本プロレスワールドで配信。決勝戦は7月11日に大阪城ホールにて観客を入れての興行を行い、翌日12日に同会場で内藤哲也の持つIWGPヘビー&IWGPインターコンチネンタルの二冠にNJC優勝者が挑戦する。
 今年のNJCはヘビー級・ジュニアヘビー級問わず32選手が参加。外国人選手の招聘問題などで参戦できなくなった選手もいるものの、ヤングライオンやジュニア選手の参加など例年にはない色の出たシリーズとなった。

 この日のセミファイナルでは、NJC2回戦としてタイチvs飯伏幸太の試合が実施。
 現IWGPタッグ王者である棚橋弘至&飯伏幸太に対し、タイチ&ザック・セイバーJr.は王座奪取に向けて敵意を剥き出しにしていた中でNJCが開戦。それぞれ1回戦では飯伏がザックを、タイチが棚橋を撃破して勝ち上がっており、実質的なIWGPタッグ王座戦の前哨戦かつ互いのパートナーの敵討ちという構図となっていた。

 約11年振りとなる両者のシングルマッチ。セコンドにはそれぞれのパートナーが寄り添い、両者万全の体制で臨む。
 飯伏のデビュー16周年記念日、格闘技デビューから19周年記念日であるこの日、絶対に勝利したい飯伏は気迫をみなぎらせてタイチと対峙し、ザックの場外での介入やタイチの度重なる反則攻撃を受けて激怒。タイチとのミドルキックの打ち合いの際には「来いよオラ!もっと来いよ!」と珍しく語気を荒げて挑発する姿も見られた。
 終盤には互いに得意とするラストライド系の技の打ち合いとなり、天翔十字鳳とカミゴェを狙い合うスリリングな展開に。しかしタイチがレフリーへ飯伏をぶつけて昏倒させると、ザックがリングに飛び込んできてザックドライバーを狙う。これは棚橋がツイスト・アンド・シャウトで撃退するものの、この間にタイチは飯塚高史から継承したアイアンフィンガーフロムヘルを装着。飯伏がタイチへ向き直ったところで地獄の爪が炸裂し、続けてブラックメフィストで叩きつけて3カウント。
 タイチがIWGPタッグ王者2人から連勝してNJC準々決勝進出を決め、2本のタッグベルトを手にニヤリと笑った。

 試合後、タイチは「ダメ押しの2勝目だ。俺は王者を2タテした一人だ。もう挑戦はおろか、獲ったとしか。やる必要もない。力の差が出すぎだもうお前らとは。お前ら見てて分かんだろ?タッグの挑戦はもはや誰がどうみても。うん、これで十分」と勝ち誇り、「内藤……もう少しだ。テメェだけシングルマッチしねぇでよ。ぬくぬくとその身体休めとけ。その方がやりがいあるぜ」とNJC優勝のその先にある内藤哲也との二冠戦を見据えた。

 この結果を受け、2日に配信される無観客試合にて行われる準々決勝4試合のカードが決定。
 この日はEVILが後藤洋央紀を、SANADAがSHOを、YOSHI-HASHIがBUSHIを破ってそれぞれ準々決勝に進出し、タイチvsSANADA、YOSHI-HASHIvsEVILの対戦が決定。
 そしてSHO、BUSHIの敗退により残るジュニア戦士は高橋ヒロムと石森太二を残すのみ。高橋ヒロムvs石井智宏、オカダ・カズチカvs石森太二の対戦が決まっており、両者がジュニア戦士の意地をどこまで見せられるのかに注目が集まる。

関連記事

サイト内検索

日別

2020年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

月別

ページ上部へ戻る
×