110日ぶりに新日本プロレスが興行再開!全選手&関係者に抗体検査を実施し、7月に大阪城ホールで観客ありのビッグマッチへ!

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 9日、新日本プロレスが大会再開に関するオンライン会見を開催した。

 会見に登場した新日本プロレスの菅林直樹取締役会長は「新日本プロレスでは2月26日の沖縄大会を最後に3ヶ月以上53大会を中止しておりましたが、スポーツ庁に助言をいただきながら再開に向けたガイドラインを作成しました。また、試合に出場する全選手、レフェリー、リングアナウンサ―、トレーナーに先週から抗体検査を実施し、健康状態をチェックできる体勢を構築しました。日々の情勢を見極めながらようやく準備が整いましたので、来週6月15日月曜日に新日本プロレスは大会を再開致します。2月26日の沖縄大会から数えて110日ぶりの再開となります」と興行の再開を宣言。

 6月15日~7月3日までは無観客配信興行となり、『NEW JAPAN CUP 2020』を新日本プロレスワールドで配信。決勝戦は7月11日に大阪城ホールにてお客さんを入れての興行を行い、翌日12日に同会場で内藤哲也の持つIWGPヘビー&IWGPインターコンチネンタルのニ冠にNJC優勝者が挑戦する。

 これを聞いた棚橋弘至は「大会の中止が発表されるたびに、とても悲しくつらい思いを僕たちもしてきました。再開がもっと後になるんじゃないかなと思っていたので、6月15日、プロレス再開できるということで本当に嬉しく思います。この期間に溜まったエネルギーを全部出して、選手全力で戦っていきます。これから、皆さんに楽しんでいただける新日本プロレスの新しい形を作っていきます。みなさん楽しみにしていてください」と笑顔でコメント。

なお、スポーツ庁からの助言をもとに作成した大会開催に向けたガイドラインと、来場するファンへのお願いや会場での感染症対策の取り組みは新日本プロレス公式ホームページに今後掲載される予定だ。

関連記事

サイト内検索

日別

2020年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

月別

ページ上部へ戻る
×