YAMATOが無観客試合の『KING OF GATE』Aブロック決勝進出!ディアマンテとの対戦を前に優勝を宣言!

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 22日、DRAGON GATEの無観客試合『KING OF GATE 2020』が配信された。

 毎年恒例となっているDRAGON GATEのシングルNo.1決定戦『KING OF GATE 2020(以下KOG)』は、今年は新型コロナウイルスの流行という時勢を鑑みて公式動画配信サービス『DRAGONGATE NETWORK』にて無観客大会として配信されることが決定。
 KOGは2005年からスタートし、開催の無かった2009年を除いて今年で16回目を数える歴史ある大会。今年は全24選手が参加する3つのブロックに分かれたトーナメント制で行われ、各ブロックの覇者3人+敗者復活バトルロイヤルの勝者の1人で決勝トーナメントが行われる。

 現在、DRAGON GATEでは昨年のウルティモ・ドラゴンの加入をめぐって団体内で賛否両論が巻き起こり、主に【闘龍門世代軍】【DRAGON GATE世代軍】【R・E・D軍】の三派閥に分かれてユニット闘争を超えた世代闘争+αの様相を展開中。
 今回のKOGは、興行自粛を強いられるDRAGON GATEが無観客試合でファンに何を発信できるのか、そして新体制となったDRAGON GATEの方向性を問われる大会として注目集めていた。

 この日の大会では、トーナメントAブロック2回戦としてKzyvsYAMATO、ディアマンテvsヨースケ・サンタマリアの2試合が配信された。

 TRIBE VANGUARDとNATURAL VIBESのリーダー対決であり、同期対決でもあるYAMATOとKzyの試合は、YAMATOのgo 2 Hospital I連打を耐えきったKzyがB-BOYからKZ.timeと畳み掛け、韻波句徒を狙ったところでYAMATOがギャラリアで切り返して3カウント。
 試合後にはYAMATOが倒れたままのKzyを助け起こし、二人でしっかり抱き合って健闘を称え合った。

 1回戦では現世界ジュニア王者である横須賀ススムを破る金星を挙げたマリアは気迫あふれるファイトでぶつかっていくが、ディアマンテの巨体を相手に苦戦。スピードある打撃で勝負をかけて狙い撃ちの体勢に入るも、ディアマンテがヴェルタ・フィナーレ(うつ伏せ状態の相手の腰を持ってリフトアップし、空中で持ち替えて放つパワーボム)で叩きつけて3カウント。

 これらの結果を受け、Aブロック決勝はYAMATOvsディアマンテの組み合わせに決定した。

 なお、今回の配信からKOG未出場の選手たちによるボーナスマッチが行われており、今回はK-ness.&Gammavsこのまま市川&しゃちほこマシーンの試合が配信された。
 開始から5秒で決着となる結末に市川が猛抗議し、再試合、再再試合、再再再試合ともつれ込みながらコミカルな戦いを展開。レフリーのMr.中川も巻き込んで誤爆が誤爆を呼ぶ展開となり、激怒した市川がイスでレフリーに殴りかかるも回避され、トップロープに当たって跳ね返ってきたイスで市川が自爆。K-ness.が押さえ込んで3カウントが入った。

『DRAGONGATE NETWORK』では、23日にトーナメントBブロック2回戦として石田凱士vs奥田啓介、KAIvs土井成樹の2試合、24日にトーナメントCブロック2回戦としてBen-KvsEita、KAZMA SAKAMOTOvsドラゴン・ダイヤの2試合が配信予定。
 さらに23日のボーナスマッチはスペル・シーサー&ホーホー・ルンvs問題龍&ジミーのタッグマッチ、24日のボーナスマッチは吉野正人&ドン・フジイ&神田裕之vsパンチ富永&箕浦康太&椎葉おうじの6人タッグマッチが配信される予定だ。

関連記事

サイト内検索

日別

2020年6月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

月別

ページ上部へ戻る
×