元WWEのジョン・モクスリーがテキサスデスマッチでKO勝利しIWGP US王座奪取!「ジュース、お前が俺から全てを奪ったんだ」

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 4日、東京都・東京ドームにて新日本プロレス『バンドリ!Presents WRESTLE KINGDOM 14 in 東京ドーム』が行われ、ジョン・モクスリーがランス・アーチャーとのテキサスデスマッチを制してIWGP USヘビー級王座を奪取した。

 モクスリーはWWEではディーン・アンブローズの名でセス・ロリンズ、ローマン・レインズとともに“ザ・シールド”を結成して長年活躍していたが、昨年4月にWWEを自主退団。翌月のAEW旗揚げ戦でケニー・オメガvsクリス・ジェリコ戦の後に乱入し、AEWと複数年契約を結びつつ新日本プロレスにも参戦。かつてWWEの下部組織であるFCW、NXTに所属していた時代に切磋琢磨していたジュース・ロビンソンからUS王座を奪取するなど日本でも実績を残していた。
 しかし、昨年10月の両国国技館大会で行われる予定だった同王座の防衛戦は、台風19号の影響による飛行機トラブルでモクスリーが来日できなかったことから不本意な形で王座を返上することとなってしまい、ジュースとの新王者決定戦を制したランス・アーチャーが王座を戴冠。
 この日に決まった王座戦はモクスリーにとって自分の持ち物を取り戻す試合であるとして勝利に向け意気込んでいた。

 反則裁定無し、勝敗は10カウントかギブアップのみというルールが加わったテキサス・テスマッチで行われたこの試合では、モクスリーの奇襲から激しい場外戦の中でゴングが鳴り、両者竹刀やイス、ゴミバケツのフタなどの凶器を用いた乱打戦となるという荒々しい立ち上がりに。
 モクスリーが場外への飛び技を放つと、怪力無双のランスはこれをチョークでキャッチしてエプロンにチョークスラムで叩きつけ、さらにセコンドを捕まえモクスリーへチョークスラムで叩きつけるという離れ業を見せる。
 さらにランスはイスへのチョークスラムやビニール袋をモクスリーの顔面に押し付けながらのEBDクローで窒息を狙うなど苛烈な攻撃を仕掛けていき、場外にセットしたテーブルへのチョークスラムを狙っていくが、モクスリーが切り返してエプロンからテーブルへのデスライダーで突き刺すとランスはダウン。そのまま10カウントが数えられ、モクスリーの勝利となった。

 インタビュールームに現れたモクスリーは、翌5日に決まったジュース・ロビンソンとのUS王座戦を踏まえ「ジュース、お前は俺がすべてを奪ったと思っているかもしれないが、それは逆だ。お前が俺から逆にすべてを奪ったんだ。分かっているだろう?お前が俺からG1 CLIMAXを奪った。お前がいなければ俺が勝ち上がっていた。全てはお前のせいだ。明日、ジュースを相手に今、俺の中にある恨み、そして怒り、すべてを晴らしてやるから待ってろよ。俺は日本に自分の仕事を遂行するために来ているんだ。ただ可愛い女の子にキスされるとか、花束をもらうことを楽しみに来ているわけではない。その遂行すべき仕事の1つであるベルトを獲ることは今日全うすることが出来た。そしてステップ2、それはお前に借りを返すことだ。明日の試合が終われば、俺が新日本プロレス、そしてプロレス業界全体でどのポジションに立っているか分かるだろう」と自信満々にコメント。
 退場間際には新日本プロレスのスタッフへ「ポカリスエットをよこせ!」と怒鳴りながら荒々しく去っていった。

関連記事

サイト内検索

日別

2020年7月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別

ページ上部へ戻る
×