蝶野正洋&武藤敬司がWシャイニングの競演でヒロ斎藤の40周年記念試合の勝利をアシスト!

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 25日、東京都・後楽園ホールにてドラディション『DRADITION 2019 RAGING OUTLAW TOUR in TOKYO』が行われた。

 この日のメインイベントではヒロ斎藤の40周年記念試合として、獣神サンダー・ライガー&越中詩郎&藤波辰爾vs天山広吉&武藤敬司&ヒロ斎藤の6人タッグマッチが行われ、特別レフリーとして蝶野正洋が試合を裁いた。

 かつて狼軍団として名を馳せたメンバーが集い、試合前にはヒロ、武藤、天山、蝶野がウルフパックポーズを合わせて見せると観衆は大歓声。試合が始まるとヒロがローンバトルを強いられて苦戦する展開となり、越中とライガーが場外マットを剥がした硬い床の上で合体パイルドライバーを決めると武藤は「死んじゃうよぉ!」と悲鳴を上げる。
 そして、狼軍団に肩入れする悪徳レフリーぶりを発揮していた蝶野は、ヒロが藤波のドラゴンスリーパーを受けてタップしたのを見なかったことにし、抗議に来たライガーと藤波をケンカキックで蹴り飛ばす。藤波も蝶野へドラゴンスクリューでやり返すが、ここに武藤が飛び込んできて藤波にドラゴンスクリューを見舞い、武藤がシャイニング・ウィザード、蝶野がシャイニング・ケンカキックを同時に放つコンビネーションを見せ、最後はヒロが藤波にセントーンを投下し、蝶野と武藤が一緒に3カウントを叩いた。

 試合後に行われたセレモニーでは、サプライズゲストとして今年6月に引退した長州力も登場し、「よく頑張ったな40年間も!まだ頑張れるから。一生懸命トレーニングして頑張れよ」と笑顔で花束を贈呈した。
 そして蝶野は「ガッデム!アイアムチョーノ!ヒロさん!40周年おめでとうございます!狼軍団、nWo、TEAM2000、ほんとにヒロさんに全て我々は操られてました。ありがとうございます。ヒロさん、今日はヒロさんの40周年ということでたくさんの選手たちお客さんが来てくれてます。新日本プロレス。プロレスの業界では、お・か・え・しという風習があります。これだけ借りをつくったんでヒロさん、まだまだ試合続けてもらわないとビッグマッチがみんな続いてます。明後日の大阪、まだまだ試合が残ってます。今一度、頑張って元気に行ってください。どうもありがとうございます」とヒロを讃えた。

関連記事

サイト内検索

日別

2020年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

月別

ページ上部へ戻る
×