【会見】“筋肉アイドル”才木玲佳がアジャ・コング戦に向け闘志むき出し!「今回のテーマは一寸法師」「私は鬼ではなくてコングだから効かない」

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 8月15日(木)、神奈川県内・ららぽーと横浜にてW-1がイベントを開催。そのイベントの中で、9月1日(日)『2019プロレスLOVE in YOKOHAMA』横浜文化体育館大会で対戦する才木玲佳とアジャコングの公開記者会見が行なわれた。
 対戦が決定してから初対面となった両者。才木は昨日のアクトレスガールズの大会で獲得したAWGシングル王座のベルトを携えて登場。マイクを握ると、今回の試合のテーマを「一寸法師」とし、「一寸法師は鬼に食べられちゃうんですけど、お腹の中で暴れまくって最後は逆転勝利。最後まで勝利を諦めずに立ち向かっていきたい」と意気込みを発表した。
 一方のアジャは、「私は鬼ではなくてコングなんで、一寸法師の戦法は効かないと思います」と貫禄たっぷりのコメント。また、W-1や才木がこの試合を「レジェンド戦」と呼ぶことに関しても、「“レジェンド”じゃないんですよ。まだ歴史じゃないんです。まだ作っている最中なので、“レジェンド”という呼び方はやめてくれますかね?」ときっぱりと拒否。現役バリバリのレスラーであることを強調した。現在アジャはヒザの手術のため、33年間のプロレス人生で初の欠場を経験しているところだが、それも「“レジェンド”とか呼ばれて名前でプロレスやっていると思われるのが嫌」だからとのこと。「万全な態勢でトランスフォームしたアジャコングでいこうと思っております」と、完璧な状態で才木を潰すことを集まったファンに宣言した。

才木玲佳
「皆さん、こんにちは! ちょっと元気ないかな? 皆さん、こんにちは! 本日はお集まりいただきありがとうございます。W-1の才木玲佳です。はじめましての方もいらっしゃると思うのでちょっとお話をさせていただくと、私は普段筋肉アイドルとして活動しながらこの3月にW-1所属のレスラーとして試合に出場させていただいております。毎月の後楽園ではレジェンドと呼ばれる選手を相手に試合をさせていただいております。結果は今のところ5戦全敗です。ただ、そんな私ですが、昨日アクトレスガールズという団体でチャンピオンベルトを巻くことができました。レジェンド戦の経験を経て、自分の心も身体も強くなっている実感はあるので、この勢いのまま9月1日はアジャコング選手に立ち向かっていきたいと思います。今回の私のテーマ、一寸法師です。みんな知ってますか、一寸法師? 簡単に言うと本当にちっちゃい子が鬼を倒しに行くという話なんですけど、この話では一寸法師は鬼に食べられちゃうんです。だけど、お腹の中で暴れまくって最後は逆転勝利。私は小さい身体でも大きな相手に立ち向かっていって勝つことができるのがプロレスだと信じているので、最後まで勝利を諦めずに立ち向かっていきたいと思います。応援よろしくお願いします」

アジャコング
「どうも皆さんこんにちは。アジャコングです。本日は台風が接近している中、よくこんなところまで来てくれましたね。ありがとうございます。よっぽど暇なのかな? 暇なの? だいぶ暇なんだね。まず今回、才木選手と対戦ということでまず一つ訂正しておきたいんですけど、私は鬼ではなくてコングなので、一寸法師の戦法は効かないと思いますよ。鬼なら効くと思います。でも、私コングなんで無理です。ということでね、そんなことはさておき才木選手との対戦というのは実は某団体の路上プロレスで一度だけ絡んだことがありまして。絡んだって言っても本当に触り程度で、あれを対戦の一つとして捉えていいのかどうかと、ちょっとナシにしておいてもいいのかなというところなんですけども、まあここまでいろんな選手とやってきて昨日はついにベルトまで獲られたということでおめでたいと思いますが、才木選手についていろいろと調べるというほどではないんですけど、常日頃から『アイドルがプロレスをやっているアイドル崩れだ』とか『プロレスもどきだ』と言われるのが嫌だと。そういう発言が本当に嫌だというのを耳にしておりまして、当然私は女子プロレスいろいろな団体で、アイドル出身のレスラーたちとも試合をしていて、私はリングに上がったからにはアイドルだろうがなんであろうがどうでもいい。リングに上がれば全部敵だし、リングに上がるということはプロレスラーだから上がれると思っているので、それは決してアイドル崩れとは思っておりませんし、アイドルがアイドル活動の延長でやっているとも思いません。そんなことは思わず、ましてや今回はベルトを獲られたということで、私は今回ベルトを何も持ってないからね。チャンピオンを徹底的に潰せるなと喜んでおりますが、一つ私からも才木選手にお願いと言いますか、皆さんにお願いなんですけど、才木選手はこの試合を今まで挑んできた、大先輩たちといろんな試合を重ねてきたと思うんですけど、その中での位置づけとして“レジェンド”戦と呼ばれていますけど、一つ私は気に入らないのが“レジェンド”じゃないんですよ。まだ歴史じゃないんです。まだ作っている最中なので、“レジェンド”という呼び方はやめてくれますかね? まだまだこれから歴史を作るんです、私は。今回の一戦もそのための通過点だと思っていますので。私事ですが、先月ヒザの手術をしまして、33年間プロレスをやってきて初の欠場をただいましておりまして、もう間もなく準備万端で復帰をする予定なんですが、その手術をしたというのも“レジェンド”とか呼ばれて名前でプロレスやっていると思われるのが嫌なんで、万全な態勢にしようと思ったので、そういう部分でも9月1日、万全な態勢でトランスフォームしたアジャコングでいこうと思っておりますので、楽しみにしていてください」

──才木選手、対戦が決まってからアジャ選手と初対面となりますけど、どのような心境でしょうか?
才木「直接お話するのはほぼほぼ初めてで、今「自分はレジェンドじゃない。歴史を作っている途中だ」とおっしゃっていましたけども、その作っている歴史にこの才木玲佳の名前を9月1日、しっかりと刻みたいと思いました」

──アジャ選手にお聞きしたいんですが、「歴史を作っている」という中で才木選手との試合はどのような意味合いが出てくるでしょうか?
才木「どのような意味? それはやってみないとわからない。やって初めてわかるでしょう、プロレスって。皆さんもそうでしょ? 見て初めてでしょう。まあ見るまでのワクワク感もあると思いますけど、見て初めて何年かかって「あの時、俺あれを見といてよかった。歴史の証人になったな」ってそれからじゃないですか? なので、やってみなきゃわからない。そうやって今まで私はやってきたし、これからもやっていく。ただ、それは誰が目の前に来ようとアジャコングはアジャコングとして目一杯目の前にいる敵は潰して先に進むだけです」

──才木選手、一寸法師ということをおっしゃっていましたけども、当日の文体ではどのような才木玲佳を見せようとお考えですか?
才木「やっぱり見ての通り体格では勝てないのはわかっているんですけど、自分の武器である筋肉があるし、今までの闘いの経験の中で培って得たものをしっかりとこの一戦にぶつけて、逆転勝利。みんなはこのアジャコング選手がこの才木玲佳を潰す、そういう姿を想像していると思う。だけど、絶対最後の最後までわからないのがプロレスだと思うし、逆転勝利を狙っていきたいと思っています」

──今まで得意のアルゼンチンバックブリーカーにこだわって闘ってきて、体格差のある選手でもチャレンジしていましたが、今回のアジャ選手に対してもチャレンジしていこうと思っていらっしゃいますか?
才木「それは試合になってみないとわからないですけど、才木玲佳は凄く真っ直ぐな人間だと思っています。自分の意志をそんなに簡単には変えない。そこは頑固な人間なので、持ち前のパワーもしっかり見せて、アルゼンチンバックブリーカーにも挑戦して担いで倒したい気持ちはもちろんあります」

──アジャ選手、才木選手はアルゼンチンで担ぎたいという発言がありましたが、それについてはどのように思われますか?
アジャ「まあ、担ぎたいなら担げばいいし。でも、担いだからって勝ちじゃねえですからね。担いでから何をするか。そしてその上で、いかに3カウントを獲れるのか、ギブアップを獲れるのか、そこの話なんで。私を担げばそれはそれで見応えはあるんだと思いますけど、担いで終わりじゃ話になりませんからね。私のことを担いでいる女子プロレスラー、結構いますから。その中で一番体格的には小さいほうなのかと思いますけど、それはそれでご立派かもしれないですけど、担ぐ競技じゃないんです、プロレスは」
才木「わかってます! でも、それでギブアップ狙います! 3カウント獲りにいきます!」
アジャ「そうですね。そうしていただけるとこちらも非常にやりがいがあるなと思いますし、担いで終わりだったらそれでいいですけどね。なので、皆さん、そのへんを踏まえてせっかくここに来ていただいているんでね。ちょっとがっかりしたでしょ? アジャコング、メイクもしねえでって思ったでしょ。そりゃそうだ、金払った本番じゃないとちゃんとしたアジャコングは見せないよ。それがプロってもんですよ。なので、完璧なアジャコング見たい方は9月1日横浜文体にどうぞご来場ください」

──ご来場の皆様に伺いますけど、才木選手が勝つと思われる方、拍手していただけますか? アジャ選手が勝つと思われている方拍手していただけますか? このような結果なんですけど、才木選手、ちょっと拍手した人の数が少なかったかなと思われるんですけど、どうですか?
才木「そうですか? 私には結構五分五分に聞こえましたけど。でも、それだけ私が勝つことを信じてくれる人がいるのは凄くうれしいし、絶対にその気持ちに応えてやろうという気持ちはあります。本番も9月1日、試合の時もたくさんの声援をくれたらうれしいです」

──アジャ選手、どのように思われますか?
アジャ「私も五分五分ぐらいに聞こえましたけどね。皆さん、忖度がお上手だなと思いました」

『2019プロレスLOVE in YOKOHAMA』
日程:2019年9月1日(日)
開始:15:00
会場:神奈川・横浜文化体育館

▼6人タッグマッチ 30分1本勝負
タナカ岩石/土方隆司(フリー)/近野剣心(ダブプロレス)
vs
伊藤崇文(パンクラスism)/佐山駿介(フリー)/馬場拓海

▼タッグマッチ 30分1本勝負
頓所隼/本田竜輝
vs
[#STRONGHEARTS]吉岡世起(OWE)/鬼塚一聖(OWE)

▼3WAYタッグマッチ 30分1本勝負
近藤修司/征矢学
vs
河野真幸/アレハンドロ
vs
MAZADA(東京愚連隊)/SUSHI(フリー)

▼シングルマッチ 30分1本勝負
才木玲佳
vs
アジャ・コング(OZアカデミー)

▼ノーDQマッチ 30分1本勝負
土肥孝司
vs
羆嵐

▼武藤敬司デビュー35周年記念試合!スペシャル6人タッグマッチ 30分1本勝負
武藤敬司/カズ・ハヤシ/ペガソ・イルミナル
vs
TARU/レネ・デュプリ/ゾディアック

▼WRESTLE-1クルーザーディビジョンチャンピオンシップ 60分1本勝負
【第13代王者】アンディ・ウー
vs
【挑戦者】エル・イホ・デル・パンテーラ
※第13代王者・アンディ・ウー、2度目の防衛戦。

▼WRESTLE-1タッグチャンピオンシップ 60分1本勝負
【第19代王者組/Enfants Terribles】芦野祥太郎/児玉裕輔
vs
【挑戦者組/#STRONGHEARTS】入江茂弘(フリー)/エル・リンダマン(OWE)
※第19代王者組・芦野祥太郎&児玉裕輔、初の防衛戦。

▼WRESTLE-1チャンピオンシップ 60分1本勝負
【第14代王者】T-Hawk
vs
【挑戦者】稲葉大樹
※第14代王者・T-Hawk、3度目の防衛戦。

関連記事

サイト内検索

日別

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

月別

ページ上部へ戻る
×