“魔娑斗二世”の実弟・大雅がRIZINで勝利し那須川天心へラブコール!「年末にはたどり着きたい」

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 28日、埼玉県・さいたまスーパーアリーナにて『RIZIN.17』が行われ、第8試合でHIROYAの弟である大雅が町田光と対戦。

 ゴングが鳴ると町田が前に出て大雅をロープ際に追い込んでいき居合パンチを狙う。大雅も掟破りの居合パンチを狙う素振りを見せるが両者ともに不発。互角の展開のまま1Rが終了。
 2Rに入ると大雅は飛び膝蹴り、町田はスーパーマンパンチと必殺の一撃を放っていくが、終盤にはなった大雅のスーパーマンパンチがクリーンヒットすると一気にラッシュをかけるが決めきることは出来ずゴング。
 3Rが始まると両者インファイトで距離を詰めて真っ向から殴り合う。町田も左ヒザでの飛び膝蹴り、ワンツーでの突撃などで攻め込んでいき町田からダウンを奪う。再開して町田が猛攻をかけるが有効打が出ぬまま試合終了を告げるゴングが鳴る。
 判定となり、大雅が3-0で勝利を収めた。

 試合後、大雅はマイクを取り「久しぶりに勝てました!ありがとうございました!RIZINに出させてもらってから全然いい試合できてなくて、今日の試合もダメダメだったんですけど、これからRIZINファイターとして、RIZINをもっとでかくして、盛り上げられるように頑張るんで、またお願いします!僕の目指しているところは変わってないのでこれからも追いかけ続けていきます!」と、リングサイドで観戦していた那須川天心をまっすぐ見つめながら語ると、天心は笑顔で大雅に拍手を送った。

 インタビュースペースに現れた「ホントはもっとリラックスして試合したかったんですけど、固くなっちゃって倒しきれなかったですね。負けたらホントと死ぬと思ってたんで固くなってましたね。リラックスしきれなかったです(笑)まだやりきれてないですね。ホント全然2割3割しか出てないんでもうちょっと冷静に試合できるよう練習します」と勝って兜の緒を締めた。
 そして天心との試合を熱望していることについては「年末にたどり着きたいです。年末やりたいです。次って言ったら早いと思うんで、10月に強い選手とやらせてもらってそこでしっかりKOしてアピールしたいです」と真剣な表情で語った。

 大会終了後、榊原信行CEOは大雅について「ようやくRIZINでも1勝出来て片目が開いたというところですね。試合後に話したら反省しきりでしたのでいいことだなと。この試合で満足されても困るんでね。もっと高みを目指して、若いんでしっかり頑張ってほしいですね」と評価。
 そして天心との試合については「(挑戦表明を受けたとき)天心が笑ってましたからね。眼中にないと言うか、視界にも入ってないと思いましたね。試合を見て天心がシリアスな顔をするくらいにさせないと、今日の試合内容では天心とやるにはまだまだだと思います。でも全然若いんで一気に成長する可能性があるんで、まだまだ期待はしたいと思いますね」と辛口な評価を下した。

▼RIZIN キックボクシングルール:3分3R【62.0kg】
○大雅
3R 3-0
●町田光

関連記事

サイト内検索

日別

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

月別

ページ上部へ戻る
×