ウルティモ・ドラゴンのDRAGON GATE参戦を吉野正人が熱望!「俺たちが20年間続けてこれたのはウルティモ・ドラゴン校長のおかげや」

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 10日、DRAGON GATE後楽園ホール大会が開催され、吉野正人がウルティモ・ドラゴンをDRAGON GATEのリングに上げるという願いを叫んだ。

 DRAGON GATEのルーツはメキシコでウルティモ・ドラゴンが設立した闘龍門に遡るが、日本で設立された闘龍門JAPANが2004年に“DRAGON GATE”に改称し独立してからは直接的な交流は途絶えていた。

 この日のメインでは、YAMATOが率いるTRIBE VANGUARDの面々が悪冠一色(アーガンイーソー)の近藤修司&大鷲透&“brother”YASSHI&菅原拓也&高木”ジェット”省吾を迎え撃ち、YAMATOが全知全能のフランケンシュタイナーでYASSHIからカウント3を奪って勝利。
 YAMATOは悪冠一色の面々へ「今日はあなた達諸先輩に、『アンタたちの後輩はこうやって元気にDRAGON GATEのリングで戦っています』ってことを伝えたかった。今日は自分らに胸を貸してもらって本当にありがとうございました」と感謝を述べ、10人全員で健闘を称え合った。
 そこへ、吉野正人がリングに登場しマイクを取ると悪冠一色との再開を喜ぶ言葉を述べ、「いつでもこのDRAGON GATEに戻ってきてくれていいから」と笑顔で語りかける。

 続いて吉野は「俺が今ここで発言することは、この先どういう展開になるかわからない。もしかしたら俺が今ここで話したことはなかったことになる可能性も十分にある」と前置きをしつつ、「20周年記念大会のピークと言えば、7月の神戸ワールド記念ホールや。そのワールドにどうしても俺は出てもらいたい選手がいてる。それは、ウルティモ・ドラゴン校長や!今俺達がこうしてリングで試合をしてマイクをして、20年間続けてこれたのはウルティモ・ドラゴン校長が俺たちをプロレスラーとして売り出してくれたからや。校長がいなかったら今の俺達も、闘龍門も、DRAGON GATEも存在しなかった。勝手に今校長の名前を出したけど見切り発車と言われたらそれまでや。2004年に闘龍門がDRAGON GATEに変わったときからこの15年間、俺は一度も校長に会えていないし、連絡も取れてない。俺が今、直接校長にメッセージを伝えるのは不可能や。でも今、この時代、何かと便利になってあらゆる方法で俺のメッセージは校長に届くやろう。今日はテレビも入ってる、マスコミもたくさん来てる、俺はやってないけどSNSもあるよな?あらゆる方法で俺のメッセージが校長に届くと信じてる。ウルティモ・ドラゴン校長。このDRAGON GATEのリングに上ってください!DRAGON GATEは毎月後楽園ホールでやってます。来月5月9日、校長がこのリングに来てくれるのを俺らは待ってますんで、よろしくお願いします!」と熱い想いを叫んだ。

関連記事

サイト内検索

日別

2019年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

月別

ページ上部へ戻る
×