越中詩郎のデビュー40周年記念大会で平成維震軍が平成生まれの精鋭たちに激勝!「若い奴にはまだまだ負けないです!」

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 30日、東京都・後楽園ホールにて『越中詩郎デビュー40周年記念大会 侍祭り ~平成最後の平成維震軍~』が行われた。

 越中は1979年に全日本プロレスでデビューし、その後新日本プロレスに移籍して結成した“平成維震軍”で暴れ回りブレイク。その後はWJプロレスにも参加し、フリーとなってからは小さなインディー団体を含む数多の団体に参戦し、60歳を迎えた今もその活躍の幅を広げ続けている。

 この日の越中は、盟友である平成維震軍の青柳政司、齋藤彰俊、AKIRA(野上彰)に新メンバー“X”こと真霜拳號に加え、2017年に二度目の引退を果たしたザ・グレート・カブキがセコンドに付く万全の布陣で参戦。
 対するは、全員が平成生まれであり、全員が各団体の王座戴冠歴を持つ橋本大地&遠藤哲哉&芦野祥太郎&最上九&清宮海斗の気鋭の若手5人が結成した“HEISEI GENERATIONS”。
 
 雷神矢口が越中の入場曲『SAMURAI』をギターで生演奏する中で維震軍が入場すると、HEISEI軍が突っかかっていきゴング。
 越中が現GHCヘビー級王者の清宮を狙い、青柳と大地がバチバチと蹴り合い、齋藤と芦野がエルボーで打ち合い、遠藤とAKIRAが空中戦で渡り合い、真霜と最上が意地をぶつけ合う展開で試合は進行。
 終盤に大地が捕まる展開となり、維震軍全員の必殺技を受けた大地に越中が侍パワーボムからバンザイを決めるがまさかのカウント2。大地が越中のヒップアタックをキャッチしてジャーマンスープレックスで叩きつけると勝負は真霜と最上に託される。
 HEISEI軍の連携で真霜に全員分の必殺技を叩き込み、最上がフィッシャーマンバスターを決めるもカウントは2。ここでセコンドのカブキが最上に毒霧を噴射し、視界を失った最上に齋藤デスクローク、AKIRAがムササビプレス、越中がヒップアタックと畳み掛け、最後は真霜が真剣からの垂直落下式ブレーンバスターでカウント3を奪った。

 試合後に行われた越中のデビュー40周年記念セレモニーでは、ケンドーコバヤシからのビデオメッセージが放映された他、武藤敬司、長州力、天龍源一郎がリングに上がり越中を祝福。
 武藤は「辞めるなんて言わないで80歳くらいまでプロレスやりましょう!」と語りかけ、長州は「詩郎、おめでとう。以上!」と笑顔。そして天龍は「お客さんはヒップアタックで喜んでましたけど俺たち3人、裏の寒い階段で25分待たされたよ(笑)」とジョークを飛ばして笑いを誘った。

 その後、越中はファンへ「たくさんのファンの皆さん、応援していただきまして、背中を押していただきました。ありがとうございました!今後とも1試合1試合頑張っていきたいと思います!ありがとうございました!」と挨拶。

 バックステージで40周年を迎えられた理由を聞かれた越中は、「ファンのみんながね、背中押してくれたのが一番だと思います。いい仲間に恵まれてね、こんな長く続いてるチームはないと思うんで、これは誇りにしながら今後も戦っていきたいと思います。若い奴にはまだまだ負けないです!」と維震軍の面々と握手しながら笑顔で語った。

関連記事

サイト内検索

日別

2019年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

月別

ページ上部へ戻る
×