カサンドラ宮城に憧れてヒールレスラーを目指す中学生アイドルが女子プロレスのリングでエキシビジョン戦!

  • -
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 24日、東京都・新木場1stRINGにて行われた『Beginning 新木場大会』で、アイドルユニット『民謡ガールズ』のゆとりが特別試合を行った。

 民謡ガールズとは、メンバーが民謡を習っている少女たちで構成されており、日本民謡を始めとするジャパニーズカルチャーを世界中に広める為に活動するアイドルユニット。
そのメンバーの一人である中学二年生のゆとりは、センダイガールズプロレスリングのカサンドラ宮城に憧れている大のプロレスファンであり、「将来は悪役レスラーになりたい!」という夢のために、HEAT-UPが主催するプロレス教室『HEAT-UP道場』に通い日々プロレスラーになるための訓練を続けていた。
 HEAT-UPの大会前に行われる道場生の発表会で実際にリングに立って試合を行ってきたゆとりだが、ついに女子プロレス団体であるBeginningへの参戦を発表。この日は、第1試合前の“特別試合”に登場し、本間多恵を相手にシングルマッチを行った。

 試合は、握手から始まるクリーンな立ち上がり。本間は両手を広げてゆとりにエルボーを打たせていき、「どうした!もっと来い!」と激励。本間がヘッドロックに移行すると、ゆとりは本間の手に噛み付いて脱出し、髪を掴んで引きずり回すダーティファイトを見せる。
 これに怒った本間は容赦のないエルボーやガットショットでゆとりを吹き飛ばしていくが、ゆとりはグラウンド戦に引き込み、レッグロックからマウントエルボーに移行し腕十字に切り替えていくと言った、UWFの血脈を引くHEAT-UP道場仕込みのテクニックを見せる。
 これをブレイクされるとゆとりはエルボーを速射していくが、すべて受けきった本間の逆エビ固めからのボディスラム2連発の前に沈んだ。試合後は、しっかりと握手して笑顔で健闘を称え合った。

 カサンドラ宮城にあこがれてヒールレスラーを目指す女子中学生アイドルが、女子プロレスのリングに進出したことで夢の実現のために一歩踏み出した。
 ゆとりは実戦経験も含めたプロレスのバックボーンを持っているだけに、女子プロレス界で活躍する姿を見られることに期待したい。

関連記事

サイト内検索

日別

2019年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  

月別

ページ上部へ戻る