オカダがオリジナル“レインメーカー”で入場もジェイが一刀両断!「オカダの時代はもう終わったんだ」

  • -
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 4日、東京ドームで新日本プロレス『バンドリ! ガールズバンドパーティ! presents WRESTLE KINGDOM 13 in 東京ドーム』が開催。第7試合ではオカダ・カズチカとジェイ・ホワイトによるスペシャルシングルマッチが行われた。

 オカダは外道と苦楽をともにした時代のオリジナル『RAIN MAKER』にのって入場。さらにコスチュームもショートタイツに戻し、絶対王者時代の“レインメーカー”オカダ・カズチカとしてジェイと対峙。
 一進一退の攻防から場外乱闘になると、外道がオカダの背中にエルボー。オカダは外道にガットショットから鉄柵に叩きつけると、ジェイと外道に鉄柵超えのクロスボディアタックを叩き込みまとめてダウンさせる。リングに戻ると外道が椅子をリングに入れてジェイが振りかぶるが、オカダが避けて外道に誤爆させる。これで外道を排除したが、ジェイはレインメーカーを避けてスリーパースープレックス。さらにキーウィークラッシャーと畳み掛け、最後はレインメーカーを巻き込んでのブレードランナーで3カウントを奪った。

 ジェイは「オマエら俺がどれだけのことをしたのかを全く分かってない。オカダがコスチュームをショートタイツに戻していたが、中身は全く変わっていなかった。衣装だけ変えてもそれで俺に敵うと思ったら大間違いだ。あんなに楽に倒した俺を見て、オマエらはどう思ったんだ?何分で倒したか分かってるのか?オカダが過去に『WRESTLE KINGDOM』で勝ったことが、少なくとも3~4回はあったはずだ。内藤、棚橋、ケニーらと戦ってきたときだって、アイツがどれだけ時間をかけたか覚えてるか?俺はそんなオカダを相手にこれだけ短い時間で楽な試合で勝ってみせたんだ。みんな覚えておいたほうがいい。俺は棚橋にもケニーにも勝っているし、ちょうど今、俺の腰には何のベルトも巻かれていない。IWGPヘビー級の王者がどっちになるか、それをしっかり見届けて挑戦したい。オカダの時代はもう終わったんだ」と、わずか14分で勝利した事で新時代が到来していることを強調した。

関連記事

サイト内検索

日別

2019年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別

ページ上部へ戻る