【会見】桜庭和志の『QUINTET』が2019年大会の開催予定を発表!“グラップリングチーム日本一決定戦”に横井宏考が11年ぶりのプロ格闘技参戦!桜庭は親知らずの手術のため出場ならず!

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 21日、東京都赤坂・ALLIANCE東京道場にて『QUINTET』についての記者会見が行われた。

 QUINTETとは、桜庭和志が今年4月に立ち上げたグラップリング・イベント。
 5人チームで5vs5の団体戦を行うチーム戦であり、消化不良決着や消極的膠着を避けるためにヒールホールドを禁止、クロスガードにも制限を加えるなどのルールを設けて「観客に伝わりやすい明瞭な決着」を掲げ、コスチュームは柔術着などではなく各チームごとにラッシュガードとハーフパンツをデザインしアパレル面を強化したスタイリッシュな競技にしていくという方針を語っている。6月にはディファ有明で軽量級の大会、7月には大田区総合体育館、10月にはラスベガスでの大会を行っている。
 大会最高顧問には元文部科学大臣であり衆議院議員の馳浩が就任し、9月には日本ブラジリアン柔術連盟と協力して『Amateur QUINTET』を開催するなどアマチュア格闘家の育成にも注力している。

 この日の会見では、桜庭和志に加え、【Team TK(仮)】の高阪剛、中村大介、所英男、ミノワマン、横井宏考の5人。審判委員長の中井祐樹、Amateur QUINTET実行委員の新明佑介が出席した。
 まずは、桜庭より2019年最初の大会として『QUINTET FIGHT NIGHT2 in TOKYO -Japan Open Team Chanmpionship 2019-』が2月3日に開催されることが発表。2019年のテーマとして『QUINTETを世界標準に』を掲げ、『アメリカ市場への本格参入』『QUINTETアマチュア事業の拡大』という二大目標を語った。
 今後の大会予定として、世界各地から選手を招集するグローバルイベントとして『Number Series』をアメリカで年間3~4回開催、開催地周辺の選手を中心に構成するローカルイベントとして『Fight Night Series』を世界各国で年間6~8大会開催していくというビジョンを語った。
 なお、桜庭は1月に親知らずの手術を控えているため2月大会には出場しない。

桜庭「QUINTET、今年は終わっちゃったんですけど来年の大雑把な予定、ミッションを言いたいと思います。この間アメリカ大会やったときにUFCの方とかアメリカの方とかに色々受けて、色々話をしてきたんですけど、アメリカの市場に本格的に参入しようかなと考えてます。それとアマチュア大会を前回一回やったんですけど、すごい人が来てそれも良かったので、チームになることによってみんな楽しんでると思うんですよ。それもまたアマチュア大会の方も拡大していこうかなって言ったところです。で、来年のシリーズのプランとして基本はアメリカでやっていきたいと。ナンバーシリーズは世界からいろんな選手を集めてやる大会で、アメリカを基本にやっていきたいと思います。あとファイトナイトシリーズは開催地中心の選手で構成するという大会で、それも日本大会も4~5回、ヨーロッパ、イギリスか。12月頭やる予定だったんですけど、色々向こうでちょっとあって時間が無さすぎて出来ないということで、来年1か2回やりたい。あとコリア!韓国の方も1~2回くらいやりたいなという話を進めています。
 あとグラップリングチーム日本一決定戦ということで、企画として4つの企画を今考えてまして、4チームによるトーナメント、あと女性も4チーム!体重決まってないですけど。あと合計体重360kgの男性の軽い階級、それと、もう一個これはどうなるかわかんないすけど、45歳以上のレジェンドで構成する4チーム。これは僕は反対なんですけど(笑)……っていうのを考えてます。ガッチリまだ決まってないんでよろしくお願いします。
 来年決まってるのは、2月3日の『FIGHT NIGHT2 in TOKYO』、4月7日に女子の大会を考えてます 両方ともアリーナ立飛っていうバスケットの会場を考えてます。全部考えてるだけですけど(笑)
 今回確定したチームがですね、2月の3日ですね、ここにいるチーム5人ですね。チーム名がまだ……どうしましょう。あとハイサム(※TEAM CAPRE DIEMを率いるハイサム・リダ)が資料に一人載ってますけど、一人で出てくるんですかね?後2つのチームが石井慧選手のところと、あとどこだっけ?……ソウザ兄弟のところと話をしています 体重が体重なだけに、少し軽くなると日本人選手も楽になると思うんですけど……って感じで今考えてます。とりあえず出場決まった選手から話を」

高阪「高阪剛です。よろしくお願いします。今回はグラップリングQUINTETに出させていただくということで、邪魔にならないように頑張ります。よろしくお願いします」

ミノワマン「ミノワマンです!このチームとしてやるというのは考えられませんでした。優勝目指して頑張ります!」

横井「横井宏考です 正直この話いただいたときに迷ったんですけど、このメンバーで燃えなきゃ男じゃないなと思って参加させていただくことに決めました。ホントにスゴいチームだと思いますんで、優勝できるように僕も精一杯頑張りますんで、よろしくお願いします」

中村「中村大介です。今回自分の大好きなファイターの皆さんのチームでやれることが決まりまして、すごいワクワクしてます。自分自身のことなんですけど、今まで全部出させて頂いてるんですけど、最近守りに入ってしまってるところがあるので、もっと攻めて、やるかやられるかの試合をしたいと思っています。それでこのチームで優勝したいと思ってます。よろしくお願いします」

所「所英男です。自分も中村さんと一緒で全大会出させて頂いてるんですけど、盛り上がってるのを見る側になってしまっているので、今度はこんな心強いチームでまた戦えるので、リングの上で盛り上がってる、盛り上げる側になりたいと思います。優勝目指してがんばります。よろしくお願いします」

桜庭「どうしましょう。ハイサムも言っときます?ハイサムです!ガンバリマス!よろしくお願いします!」

――高坂選手、横井選手、ミノワマン選手はQUINTET初出場になりますが、出場の経緯は
桜庭「まずTKに声かけて、『出てよ』って感じで」
高坂「『2月3日空けといて』って(笑)」
桜庭「TK出すなら、あとは横井選手とミノワマンしかいないなって流れですね。それで大介と所は、年末忘年会やったときに、『2月出たいです!』って言ってたので、そこに組み込みました。って感じですかね?」
高坂「本当か?言わされてないか?」
所「いや、もうホントです(笑)」
桜庭「アメリカ大会の反省会を兼ねて忘年会やろうって三人で飲んでたんだよ。この2人決まったんで、後は体重重い人のほうがいいなって思いついたんで。そんな感じですね」

――今回のチーム合計体重は
桜庭「430kgですけど、そんなに無いですね。あんだっけ?5人で」
高坂「わかんないよ!(笑)」
桜庭「計算しときます(笑)多分大丈夫だと思うんだけど」

 ここで各自が体重を言い合い、足し算をした結果440kgを超えていることが明らかになる。

桜庭「あっれぇ?!ちょっとぉ!年末だからサボってるでしょぉ!」
高坂「読みが甘いんだって(笑)」
桜庭「とりあえず挑戦します!(笑)」
高坂「俺減量出来ないよ、減量やりたくないもん。俺は分かんないよ。増やしにかかるよ。俺は増量はなんとかなるもん」
桜庭「ここで揉めちゃってどうするの!チーム感出してよ!(笑)」

――誰が減量するんですか
高坂「自分は落とさないです!増量します!減量慣れてる人にやってもらって……」
所「じゃあ、僕が」(手を挙げる)
桜庭「僕が」(手を挙げる)
高坂「……やらないですよ!どうぞどうぞは嫌だよ(笑)」
桜庭「とりあえずミノワマンは10kg決定で!」
ミノワマン「?!」
桜庭「一応、挑戦します」

――横井選手、プロの大会に出るのは久しぶりだと思います
横井「11年ぶりですね。4年前からブラジリアン柔術をやってまして、あとは山登りを。今は紫帯です。プロの大会は気合の入りようと言うか、今回はこういうすごいメンバーなので、足を引っ張らないよう精一杯頑張ります」

――ミノワマン選手、今回のテーマは
ミノワマン「テーマは……“11人抜き”です!」
桜庭「11人もいない。10人だよ」
ミノワマン「……えーと、10人なんですが、11人に設定していたほうが。腕立て伏せも10回を目標にするのではなく11回を目標に10回やることで目標を達成するように、敢えて11人抜きにということなんです」
桜庭「やりましょう(笑)」

 結局、Team TK(仮)の面々はチーム名を決めずに退場していった。

 その後、桜庭に加え横井宏考、中井祐樹の3人でアマチュアQUINTETについての発表が行われた。QUINTETと日本ブラジリアン柔術連盟とで一般社団法人を創設し、さらなるグラップリングの振興に努めていくことや、相撲やサンボなどグラップリング以外の格闘技からもグラップリング初挑戦の場としてもオープンに広めていきたいという抱負を語った。
 アマチュア大会では道着を着用のルールでも行われることが発表され、桜庭には「桜庭選手は道着での試合は行うか」という質問が飛ぶも、桜庭は「熱くてダメですもう!メッシュの道着なら(笑)」とジョークを飛ばし、笑いを誘った。
 2019年のプロ・アマ双方のQUINTETの展開に注目が集まる。

『QUINTET FIGHT NIGHT2 in TOKYO -Japan Open Team Chanmpionship 2019-』
日時:2018年2月3日(日)
会場:東京都・立川立飛
開始:15:00(予定)

関連記事

サイト内検索

日別

2021年9月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

月別

ページ上部へ戻る