EVIL&SANADAがタッグリーグ白星発進!二連覇に向け「俺たちがタッグリーグの価値を上げて行く」と覚悟を叫ぶ!

  • -
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 18日、東京都・後楽園ホールにて新日本プロレス『WORLD TAG LEAGUE 2018』が行われた。

 『WORLD TAG LEAGUE』は新日本プロレスの冬の風物詩として知られるヘビー級の選手たちによるタッグリーグ戦。
 今年は17日の藤沢大会よりスタートし、この日はその第二戦を迎えていた。

 この日のメインイベントでは、前年度覇者のEVIL&SANADA組がマイケル・エルガン&ジェフ・コブの強豪タッグと対戦。
 序盤からエルガン&ジェフのタッグはパワー殺法で圧倒し、EVILをブレーンバスターで担ぎ上げたまま交互に受け渡してから超滞空ブレーンバスターで叩きつけるなどの離れ業を見せる。
 場外戦でイニシアチブを握ったEVIL&SANADAは華麗な連携で交互に攻撃を畳み掛け、マジックキラー。そのままSANADAがエルガンにSkull Endを仕掛けて試合を決めようとすると、ジェフが2人まとめてタックルで吹き飛ばす豪快なカットを見せ、エルガンとジェフはSANADAにサンドイッチラリアットから、ジェフのパワーボムにエルガンがバッククラッカーを合わせる合体技を見舞う。さらにエルガンがEVILをコーナーに上げてトップロープから雪崩式ブレーンバスター、さらにジェフがその場飛びムーンサルトで追撃もカウントは2。ならばとジェフはアスレチック・プレックスを狙うが、混戦の中でEVIL&SANADAはマジックキラーを決め、最後はEVILがEVILでジェフを沈めた。

 試合後、マイクを取ったEVILは「ウェルカム・トゥ・ザ・ダークネスワールド!後楽園!今年のタッグリーグもEVIL&SANADAが優勝してやるよ!」と二連覇を宣言。ここでEVILがSANADAにマイクを向けると会場は大SANADAコール。ためらうSANADAだったが、会場の声援に後押しされてマイクを取り、「一つだけ言ってやるよじゃあ。日本で一番、ここ後楽園ホールが好きです!」と愛を叫んだ。

 バックステージに戻ったEVILは「リングで言った通りだ!今年のタッグリーグもノープロブレム&ノーサプライズで優勝して二連覇してやるよ。個人的に、今回の相手。マイケル・エルガン、そしてジェフ・コブ。今年負けてたから、借りは返したぞコノヤロー」と満足気にコメント。
 そして「俺らEVIL&SANADAがタッグリーグの価値を上げて行くって言ってんだろ?敷居をもっともっと高くしていくからな。簡単に出れるタッグリーグになんてさせねぇからな。全部!全部俺らが覆してやるよ。よぉく覚えとけ!This is EVIL!! Everything is EVIL……全ては、EVILだ!」と新日本プロレスのタッグ戦線を牽引する覚悟を見せた。

関連記事

サイト内検索

日別

2019年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

月別

ページ上部へ戻る