両国国技館のメインをかけたKO-Dトーナメントのベスト4が決定!佐々木がHARASHIMAに「横一線に見てもらっちゃ困る!」

  • -
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 8月25日、後楽園ホールにてDDTプロレス『KING OF DDT 2018 3rd ROUND』が開催された。
 後楽園ホール2連戦の初日では、両国国技館大会のメインイベントをかけて開催中のKO-Dトーナメント準々決勝4試合が開催。

 マイク・ベイリーとMAOのKO-Dタッグ王者パートナー対決は、激しい空中戦をMAOが必殺のキャノンボール450°を投下して制し準決勝へ進出。
 「絶対踊って両国をダンスホールにする」と豪語する平田一喜は、ビッグマッチ慣れしている遠藤哲哉と対戦。TOKYO GOでダンスを踊り入場した平田は、奇跡を呼ぶ一発逆転首固めや師匠の技であるアサイDDTで追い込むも、遠藤はエゴイストドライバーを切り返すと容赦ないトーチャーラックボムで叩きつけて夢を砕いた。

 HARASHIMAと坂口征夫の戦いはバチバチとした激しい打撃戦となり、これをHARASHIMAが蒼魔刀で撃破。
 メインイベントでは石井慧介と佐々木大輔が闘い、今までの8年間を総動員した技をお互い繰り出し続ける消耗戦へ。最後は石井のニールキックをクリップラー・クロスフェイスで巻き込み、さらにクロスオーバー・フェイスロックで絞め上げた佐々木がタップを奪った。

 これにより準決勝はMAOvs遠藤、HARASHIMAvs佐々木となり、宮城出身対決で幾度となく戦っているMAOは「こんだけあだるど、最早運命感じてしまいますね」方言を交えてコメント。遠藤は「もうやりたくねぇ」とげんなりした様子。
 HARASHIMAは「明日は頑張ります!佐々木倒して、誰になるかわからないですけど決勝倒して、両国のメインの切符を掴みます!」と爽やかにコメントしたが、佐々木は「HARASHIMAか!あの野郎!横一線に見てもらっちゃ困るんだよオイ!あの野郎ぶっ殺してやる!アイツだけは許さねぇ!」と叫びながら優勝宣言を行い会場を後にした。

『KING OF DDT 2018 3rd ROUND』
日時:2018年8月25日
会場:東京・後楽園ホール
観衆:718人

▼第五試合 トーナメント準々決勝 時間無制限1本勝負
○MAO
11分33秒 キャノンボール450°→片エビ固め
●マイク・ベイリー

▼第六試合 トーナメント準々決勝 時間無制限1本勝負
●平田一喜
12分22秒 旋回式トーチャーラックボム→片エビ固め
○遠藤哲哉

▼セミファイナル トーナメント準々決勝 時間無制限1本勝負
●坂口征夫
14分59秒 蒼魔刀→体固め
○HARASHIMA○

▼メインイベント トーナメント準々決勝 時間無制限1本勝負
●石井慧介
22分49秒 クロスオーバー・フェースロック
○佐々木大輔

関連記事

サイト内検索

日別

2019年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別

ページ上部へ戻る