棚橋弘至が山本昌監督率いるナムコスターズに入団!やまももとの直接対決は3打数3安打で逸材を証明!

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 23日、東京都・バンダイナムコエンターテイメント本社にて「『プロ野球 ファミスタ』新作発表会 新監督就任&大型ルーキー入団会見」が行われ、新日本プロレスの棚橋弘至がナムコスターズへの入団を発表した。
 
 ファミスタシリーズは、1986年12月ファミコン用ソフトとして発売されて以降32年シリーズが続いている野球ゲーム最古参シリーズの一つ。
 ニンテンドースイッチでの新作『プロ野球 ファミスタエボリューション』が2018年8月2日に発売されることを受け、作中のオリジナルチーム『ナムコスターズ』の新監督に元中日ドラゴンズの山本昌が就任することが発表。
 自身が“やまもも”として収録されたファミスタ’88からシリーズを通してプレイしているという山本昌監督は、チーム補強のために大型ルーキーの入団を発表し、新日本プロレスの棚橋弘至がを呼び込んだ。

 “100年に1人の逸材”ということで“1/100”の背番号を用意された棚橋は、山本昌監督からユニフォームを着せられ笑顔で握手。「改めまして100年に一人の逸材、棚橋弘至です!小中校と野球をやってましてプロ野球選手になるのが夢でした。こういう形でナムコスターズに入団できて感無量です!ありがとうございます!」と挨拶。
 棚橋と個人的にも交流があるという山本昌監督は、「ナムコスターズにはパワーヒッターが足りないので、当然クリーンナップを期待している」とコメントすると、棚橋は「ベンチプレス190kg上げますんで 積極的にホームランを狙っていきます!あと、乱闘もあるかも知れないんで、乱闘要員としても監督を全力で守ります!(笑)」と自信を見せた。

 すると、山本昌監督は「棚橋選手の実力を確かめたい」と、ファミスタエボリューション実機での対戦を要求し、“やまもも”と“たなはし”の一打席勝負が行われた。
 一打席目に棚橋がセンターオーバーのヒットを放つと山本昌監督は悔しがり再戦を要求。ニ打席目はやまももの決め球“ラジコンスクリュー”を解禁するが、棚橋は初球を捉え二遊間を割るヒット。熱くなった山本昌監督は三打席目の勝負に入るが、三打席目も棚橋は左中間を割るヒットを放ち、三打数三安打。打率10割で猛打賞を獲得し、大型ルーキーの逸材ぶりを見せつけた。

 対戦後、棚橋はファミスタシリーズのキャラクター“ファミスタくん”を見て「体格が細すぎる」と不安を口にし、新日本プロレス式のトレーニングを開始。
 腕を大きく振るスクワットと足を固定された状態での上体起こしでファミスタくんを鍛えてチームの長打力アップに貢献すると、同作のプロデューサー森口氏により、ファミスタくんが新日本プロレス道場でトレーニングする姿を動画配信するコラボ企画『ファミスタくん強化計画』を発表。動画の視聴数に応じてファミスタくんのパワーがアップしていく旨が発表された。

 その他、今作の主題歌を歌うKICK THE CAN CREWのMCUがステージ上で歌い、作中で「えむしゆ」として参戦することや、新キャラクター“ブラックファミスタちゃん”のお披露目、発売日のオリックス・バファローズ戦でのコラボや『築地銀だこ』とのコラボが発表された。
 さらに今作では、野球ゲーム初となるルートインBCリーグ選抜、四国アイランドリーグPlus選抜、女子ソフトボールリーグ選抜、東京六大学リーグ六校の実名参戦が発表された。

 最後に棚橋は「これからはナムコスターズの一員として、野球・プロレス・ゲームとジャンルを飛び越えて頑張っていきます!最後に……ファミスタ、愛してま~す!」とコメントし会見を締めた。

 会見後の囲み取材でゲームの世界に飛び込むことについての感想を聞かれた棚橋は、「光栄です。本当に光栄です。僕はプロ野球選手が夢だったのですが、その夢がこういう形で繋がるのかと。ゲームの中でもナムコスターズの一員としてプロ野球選手と一緒に同じグラウンドでプレイが出来る……夢が叶ったなと思います」と語り、満足そうに笑みを浮かべた。

関連記事

サイト内検索

日別

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

月別

ページ上部へ戻る
×