Codyがケニーに「もう以前の飯伏ではない。元カレとよりを戻したところで以前の関係と同じにならない」と憤慨

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 1日、両国国技館にて新日本プロレス『わかさ生活 ボディリカバリー Presents SAKURA GENESIS 2018』が開催され、BULLET CLUB分裂の引き金を引いたCodyがハングマン・ペイジをパートナーに連れ、飯伏幸太&ケニー・オメガのゴールデン☆ラヴァーズと対決した。

 試合はゴールデン☆ラヴァーズが序盤戦を有利に進めクロススラッシュを狙うが、これを阻止したCody&ペイジが場外乱闘で試合の主導権を握り、Codyがケニーを集中攻撃。Codyはリングの下からテーブルを取り出すとケニーを寝かせ、コーナーからのダイビング攻撃を狙うが、ここにヤングバックスの二人が会場に現れCodyの行いに抗議。そんな二人にCodyは握手を求めるが、ヤングバックスはこれを拒否してCodyに背を向け会場を後にした。
 このやり取りの間に体力を回復させたケニーはCodyの猛攻を凌いで飯伏にタッチ。飯伏はミサイルキックからのランニングミドルでCodyを蹴散らし、ケニーがカミカゼ、飯伏がその場飛びシューティングスターからケニーがライオンサルトと流れるような連携を見せ、場外に逃れたCodyへクロススラッシュ。さらにゴールデン☆シャワーを狙うが、ペイジがこれをカットしジ・アダムス・アップルも飯伏は避けて二人まとめてオーバーヘッドキックからCodyにシットダウンパワーボム。トドメのカミゴェを狙うが、ペイジが場外から飯伏の足を引いて妨害。その隙にCodyが背後からスクールボーイで3カウント。
 試合後、Codyは飯伏を羽交い締めにしペイジがナックル連打。ペイジが羽交い締めにするとCodyがイスを持ち出すが、ケニーがイスを掴んでCodyに殴りかかる。Codyはこれを避けて、ペイジも場外へ逃れた。

 バックステージに戻ったCodyは「レスラーとはなんたるか?レスラーであるということは何か?この言葉の意味を考えた時にただのイカサマのチェーン・レスリングと思うやつもいるかも知れないけれど、本物のレスリング、レスラーであるということはコレだ(自分の流血した額を指さして)。ブラッド、これこそがプロレスなんだ。俺は新しいロゴマークも作ってBULLET CLUBを立ち直らせようとしている。それなのになんで俺がいま悪者になっているのか理解できない。ゴールデン☆ラヴァーズのリユニオン・ツアーはここで終わる。飯伏はもう以前の飯伏と違う。それはケニーもわかっているはずなのに。元カレとよりを戻したところで以前の関係とは同じにならない。そんなことはわかってるはずなのにな」と吐き捨てた。

 ゴールデン☆ラヴァーズは負けたことを悔しがりながらも、ケニーがROHでのシングルマッチ(飯伏vsペイジ、ケニーvsCody)でのリベンジを宣言。飯伏もこれに呼応し、「結果を残さないと、勝たないと……!」とシリアスな空気になり、両者無言でうなだれる。
 ここで遠くからCody&ペイジがバックステージコメントを出している際の怒鳴り声が聞こえてくると、飯伏は「なんか聞こえてきたよ、ケニー」と興味を示す。ケニーは「邪魔しよっか?(笑)」と立ち上がろうとするが、飯伏は「しないしない」とたしなめ、最後は二人らしく笑顔で会場を後にした。

関連記事

サイト内検索

日別

2019年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

月別

ページ上部へ戻る
×