【インタビュー】土肥が地元・横浜文体のメインに立つべく昔馴染みのイケメン戦に臨む!「勝負論になった時に負けるっていう気がまったくしない」

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 6月6日の後楽園ホール大会で芦野祥太郎とのW-1チャンピオンシップに敗れた土肥孝司。熊ゴローとのタッグでW-1タッグ王座は奪還したものの、今回の『W-1 GP 2017』は巻き返しを図るための大事な大会となる。
 1回戦の相手は復帰後勢いに乗っている黒潮“イケメン”二郎に決定。長い付き合いのイケメンに対する思いや、グランプリへの意気込みを聞いた。

──今年も『W-1 GP』の季節がやってきましたが現在はどのような心境ですか?
「まあ、俺はこの前、芦野にタイトルマッチで負けて、W-1チャンピオンシップからは一番遠いところにいると思うんですよ。でも、試合後にも言ったようにまた這い上がるだけなんで、そっちのほうが俺らしいかなっていう感じですかね」

──6月6日の後楽園ホール大会でのタイトルマッチは残念な結果でしたけど、もう一度やればいけるっていう手応えはありましたか?
「全然ありましたね。まあ、試合内容には満足してないですけどね。ただ、彼はああいう態度を取ってても、あんだけW-1を良くしたいって言っているじゃないですか? だから、向かっている方向は一緒なのかなって、試合を通じて感じましたけどね」

──対立していても方向性は同じだということを感じられたと。でも、土肥選手にとってはこのグランプリが巻き返しの起点になりますかね?
「そうしなきゃいけないと思っていますね」

──では、具体的にグランプリのお話をお聞きしますけど、1回戦の相手はイケメン選手になりましたけど、こちらに関してはどうお考えですか?
「1回戦では当たりたくなかった相手ですね」

──イケメン選手とは付き合いが長いんですよね。
「10年ぐらいの付き合いですよね。『ハッスル』で練習生をやってた頃からの付き合いですからね。シングルをやった回数は多くはないんですけど、W-1に来てからは1勝1敗らしいんですよ。来る前は負けることすら考えられないぐらいの差はあったと思うんですけどね(笑)」

──なるほど。デビュー時期もほぼ一緒ですもんね。
「1カ月違いですよ。俺が先にデビューして、その次の月にあいつのデビュー戦の相手を俺がやったんですよ。だから、やっぱり特別な相手だし、シチュエーション的には決勝戦で当たりたかったなっていう思いはありますね」

──それだけ特別な相手っていうことですね。ただ、こういうトーナメントだとマッチメイクする側も1回戦にはいいカードを用意しますからね。それだけ期待されているカードということだと思うんですよね。
「アハハハ! でも、今回は1回戦のルールが15分1本勝負じゃないですか?」

──そうですね。そして、引き分けだと両者失格になりますね。
「とすると難しいなっていう。やっぱりワンデートーナメントなんでみんななるべく体力を消耗せずに上がりたいっていうことを考えて作戦を練ると思うんですよね」

──何しろ優勝するには1日3試合やらなきゃいけないですからね。
「興行をダブルヘッダーしてとかで1日3試合はやったことはあるんですけど、一つの興行での3試合っていうのは経験がないんですよ。だから、どれだけ消耗するかわからないんですけど、俺はあんまりそういうことは考えずに試合に臨もうかなと思ってますね」

──スタミナを温存するために短期決戦を狙うとか、そういうことはしないということですね。
「そういうことを考えてもうまくいかなそうですよね。俺はスタミナには自信があるんで、後先考えずにいこうかなと思います」

──わかりました。それでは1回戦の話に戻ります。イケメン選手がケガから復帰してきましたけど、復帰後の様子はどうですか?
「相変わらず強くはないですよね(笑)。まあ、元々天才肌というかプロレスラーとして凄い部分はあるんですけど、決して強くはないです。だから、勝負論になった時に負けるっていう気がまったくしないですけどね」

──怖さはないと。
「怖さはないです。ただ、ああいう“天才とバカは紙一重”みたいな奴が出してくる謎の行動、普通の人じゃ考えられない行動ってあるじゃないですか? その手の行動を取ってくることがあるんで、そこには気をつけたいですね」

──実際に6月の後楽園大会では近藤選手に勝ったりしてますしね。
「まあ、あの試合はどうでもいいかな(笑)。ただ、あいつとの試合はどの選手を相手にするよりも違う思いになりますね。プロレス界に入って一番最初に知り合って仲良くなった人間なんで。そういう人間とここまで付き合いが長くなることって、珍しくはないと思うんですけど、そんなに多くはないと思うんですよね」

──特に今は選手の団体の出入りが多いですからね。
「そうですよね。しかも、ずっと一緒の団体にいるんで、その分の思い入れは強いです」

──芦野選手との試合では「殺伐とした試合をやってやる」っていうモチベーションで挑んだじゃないですか? 普段はバチバチとした試合をされていますけど、今回のイケメン選手との1回戦はどういう気持ちで臨むつもりなんですか?
「う~んあいつのペースに付き合いたくないけど、もしかしたら付き合っちゃうのかなっていう感じですかね?」

──イケメン選手は自分のペースに巻き込むのがうまいですもんね。
「お客さんもそういう空気になると思うんですよね。だから、そこはあえてあいつのペースに付き合ってもいいかなとも思いますけど。ただ、イケメンとは最近当たってないんですよね」

──今はNEW ERAで一緒に組んで活動をしているから、どうしても対戦する機会自体が少なくなりますよね。
「1年ぐらい触ってないですからね。去年の文体前ぐらいから触ってないかもしれないですね」

──文体前にケガして欠場してましたからね。
「あ、そうか。でも、ケガして復帰してからは前のニンジンみたいな体型からはちょっとは大きくなっているみたいなんで(笑)。だから、俺も成長したけど、あいつもW-1に来た時よりも確実に成長していますよ。たまに一緒に練習をすることもあるんですけど、人間的に変わったかなっていうのは凄く感じますね」

──人間的にですか。それはどう変わったんですか?
「いや、よくわからないですけど、W-1に来て1年、2年経った時に変わったなって思ったんですよ。大人になったんですかね? 責任感が出てきたのかわからないですけど、そんな感じはしましたよ。知り合ったのがあいつが14歳で俺が16歳の頃で、今は24歳と27歳。そりゃ大人になるかっていう感じですよね(笑)。まあ、ずっと弟みたいな感じだったんで」

──なるほど。だから、この1回戦は特別な思いを持って臨む試合だと。その他、気になる選手、試合はありますか?
「近藤修司ですかね。近藤さんと当たるとしたら決勝?」

──決勝戦になりますね。
「準決勝は誰と当たる可能性があるんですか?」

──征矢選手と熊ゴロー選手の勝者ですね。
「ああ、それはやりやすそうですね、どっちが上がってきても(笑)」

──熊ゴロー選手が勝ち上がってきたら土肥熊対決ですよ。
「それはべつに望んでないです(笑)。近藤さんとはたぶんシングルマッチをやったことがないんですよ。あと稲葉ともやりたいですね。まあ、グランプリですから、全員気になりますよね」

──ただ、今回の優勝者は9月2日の横浜文化体育館大会で芦野選手のW-1王座に挑戦するわけじゃないですか? やっぱりお隣の川崎出身の土肥選手にしてみれば地元みたいなものですし、是が非でもメインのリングに立ちたいっていう気持ちは強いんじゃないですか?
「だって、8人の中で神奈川県出身は俺だけですからね。だから、この間のタイトルマッチは負けてしまったんですけど、このグランプリからもう一度必ず這い上がって、地元の神奈川県の横浜文体のメインに立てるようにがんばるんで、応援よろしくお願いします」

『WRESTLE-1 TOUR 2017 SYMBOL』
日時:2017年7月12日(水)
開始:19:00
会場:東京・後楽園ホール

▼WRESTLE-1 GRAND PRIX 2017 一回戦① シングルマッチ 15分1本勝負
河野真幸
vs
稲葉大樹

▼WRESTLE-1 GRAND PRIX 2017 一回戦② シングルマッチ 15分1本勝負
近藤修司
vs
伊藤貴則(ACE)

▼WRESTLE-1 GRAND PRIX 2017 一回戦③ シングルマッチ 15分1本勝負
征矢学
vs
熊ゴロ―

▼WRESTLE-1 GRAND PRIX 2017 一回戦④ シングルマッチ 15分1本勝負
黒潮“イケメン”二郎
vs
土肥孝司

▼WRESTLE-1 GRAND PRIX 2017 準決勝① シングルマッチ 30分1本勝負
一回戦①の勝者
vs
一回戦②の勝者

▼WRESTLE-1 GRAND PRIX 2017 準決勝② シングルマッチ 30分1本勝負
一回戦③の勝者
vs
一回戦④の勝者

▼WRESTLE-1 GRAND PRIX 2017 決勝戦 シングルマッチ 60分1本勝負
準決勝①の勝者
vs
準決勝②の勝者

▼8人タッグマッチ
カズ・ハヤシ/NOSAWA論外(東京愚連隊)/MAZADA(東京愚連隊)/皇壮馬(ACE)
vs
アンディ・ウー/吉岡世起/三富政行(愛媛)/頓所隼(ACE)

▼タッグマッチ
芦野祥太郎/立花誠吾(ACE)
vs
児玉裕輔/タナカ岩石(ACE)

関連記事

サイト内検索

団体別

日別

2017年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

月別

ページ上部へ戻る