マーベラスとタツノコプロ創立55周年記念映画『破裏拳ポリマー』がコラボ!

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 『ガッチャマン』『キャシャーン』『タイムボカン』シリーズなどタツノコプロが生み出した数多くの人気キャラクターのなかでも、カンフーなど格闘技の要素を大胆に取り入れた肉弾アクションが話題を呼び、独特な存在感から異端のヒーローとして熱狂的なファンを有する『破裏拳ポリマー』が、タツノコプロ創立55周年記念として実写映画化。この映画と80年代に社会現象を起こした元クラッシュ・ギャルズの長与千種が設立したマーベラスがコラボレーションすることが決定した!

 4月29日(土)に開催された横浜ラジアントホール大会に、『破裏拳ポリマー』本編にも登場し圧倒的な存在感で南波テル役の柳ゆり菜に襲いかかるアブドーラ・ザ・ブッチャー似のキャッチャー中澤が乱入!PR中の宣伝ポリマーがボコボコにやられる中、マーベラスに所属する彩羽匠、桃野美桜、門倉凛によるキュートでワイルドな女子プロレス・アイドルユニットとして結成されたクラッシュ・ギャルズならぬ『破裏拳ギャルズ』(ハリケン・ギャルズ)が登場し立ち向かった!

 最初にキャッチャー中澤に立ち向かったのは青いマントを纏った門倉凛!連続キックや後ろから羽交い締めするも通用せず、桃野美桜とタッチ。桃野は真正面からドロップキック!しかしこれも難なく堪えるキャッチャーは桃野に対して頭突きをぶちかまし、頭突きに苦しむ桃野は彩羽匠とタッチ!彩羽とキャッチャー中澤による水平チョップの応酬が繰り広げられる!しかしキャッチャー中澤の圧倒的な巨体には効果は薄く、徐々に押され気味の状況へ。
 キャッチャー中澤を強敵と判断した『破裏拳ギャルズ』は3人で正義の力を合わせ、桃野&門倉がキャッチャー中澤の両腕を抑え、彩羽による「破裏拳!ドロップキック」が炸裂!さすがのキャッチャー中澤もリング上に倒され、さらに追撃で「破裏拳ギャルズ」3人によるオリジナルの新技「破裏拳固め」でとどめを刺し、ついにギブアップ!悪役レスラー・キャッチャー中澤は縄に縛られ御用となった!

 巨体な悪を倒した「破裏拳ギャルズ」は、また新たな悪を討つべくリングから立ち去り、「マーベラス横浜大会」にはまた平和が訪れ、大会は滞りなく終了した。

<参加選手コメント>
長与千種
「本日はお越し頂いたお客様も、演じて頂いたキャッチャー中澤さんも、宣伝ポリマーさんも、ありがとうございました。「ギャルズ」という言葉が付くと懐かしい響きがしますね。アメリカの格闘映画など、かなり多くの映画を見てきましたが、今回の映画もとても楽しめました。公開が近づいているので、是非とも劇場に足を運んで観てください」

彩羽匠
「普段自分がこういうことをやる機会がなかったので、新鮮な気持ちでした。道場で練習していたのですが、本番当日になったら「どうしよう」とアタフタしてしまいました。でも今回のコラボを通して『破裏拳ポリマー』も「マーベラス」も上に行きたいという気持ちは強くなりました」

桃野美桜
「自分は正義の味方が大好きです。アンパンマンもマントを羽織っていますが、それと同じ格好をさせていただけて嬉しかったです。もっとシュワッチとか出来たら良かったのですが、お客さんが苦笑いでも嬉しかったです。棒読みと言われましたが、彩羽さんや門倉さんがいたので緊張はしなかったです」

門倉凛
「無茶苦茶緊張しました。キャッチャー中澤さんよりもずっと緊張してたんじゃないかなと思います。お客さんの反応が気になって、そっちばかり気にしてしまいました。皆さんの反応が良くて映画も楽しみにして頂けると嬉しいです」

キャッチャー中澤
「もともとプロレスが大好きだったので、今回プロレスファンの皆さんの前でイベントに参加させて頂き嬉しかったです。皆さんに盛り上がって頂けて「破裏拳ギャルズ」とも戦えてとても光栄でした。自分もスタントとして、『破裏拳ポリマー』に出演し、柳ゆり菜さんと戦っているので、そちらも観て頂けたら嬉しいです」

『破裏拳ポリマー』
5月13日(土)新宿バルト9ほか全国ロードショー
配給:KADOKAWA
(C)2017 「破裏拳ポリマー」製作委員会
公式サイト http://polimar.jp/

関連記事

サイト内検索

日別

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

月別

ページ上部へ戻る