Hカップグラドル和地つかさがバレンタインの男性限定興行で初のラウンドガール!

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 14日、新木場1stRingにて開催された『野郎Z其の四』に“Hカップグラビアアイドル”和地つかささんが登場した。

 DDTプロレスリングのブランドの一つである野郎Zは、最大の特徴として観客が男性限定!最近は会場に女性が増えた事もあり、女性の目を気にして観戦するようになった野郎たちのために、バレンタインという特別な日に野郎Zが開催された。

 その第3試合では『野郎Z恒例ラウンド制ボクシング・ハンディキャップマッチ』が行われ、ラウンドガールとしてグラビアアイドルの和地つかささんが登場。この試合はラウンドを終えるごとにラウンドガールが一枚脱いでいくルールなため、選手を含む会場中の野郎たちが素晴らしい一体感を見せる試合となっている。
 しかし試練の相手となる坂口征夫相手に、伊橋剛太と鈴木大はカッコいいところを和地さんに見せようと突っ込みすぐにダウン。しかしレフェリーもカウントを遅くしなんとか1R終了。スーツ姿で登場した和地さんがジャケットを脱いでリングインすると会場は大歓声!
 続く2R、3Rと必死に伊橋と鈴木は耐え、スカートを脱いで和地さんが男物のYシャツを上に羽織る姿になると、なんと控室からセミファイナルに出場する元WWEスーパースターのコルト・カバナがコッソリ出てきてリングサイドでローアングラーを始める。

 しかし4R、Yシャツを脱いでワンピース水着姿になった所で鈴木がダウン。これは起き上がれず、レフェリーがカウントをとめて眠り始めると坂口は「やってられるか」とリングを後にしてしまう。動揺する男たちはなんとか試合を成立させようとあの手この手を仕掛けるが鈴木が台無しに。これにはリングアナ、セコンド、レフェリーが総出でリングに上がり「何考えてるんだ!」と鈴木と伊橋をボコボコにしていくが、見かねた和地さんが「待ってください!私のために争わないでください!私、脱ぎます!」とリング上に進み、野郎たちが正座や寝転がって取り囲むなか和地さんはビキニ姿となった。

 しかしその後大石真翔&トランザム★ヒロシ&藤田峰雄のセクシー軍が現れ、肩を抱かれ頭をなでられた和地さんは満更でもない笑顔を見せてついていってしまう。メインイベントで野郎Z軍がセクシー軍を撃退するも、和地さんは打ち上げの出席も断りリングを後に。
 結局イケメンに全て持って行かれる展開となったが「俺たちは試合後に女の子と打ち上げするためにプロレスラーになったんじゃねえ!…何人かいるかもしんねえけどそうじゃねえよ!モテない2月14日の夜に予定がない野郎Zに勇気を与えるためにプロレスやってんだろ!」と、バレンタインの夜に会場に集った259人・超満員の野郎たちと悔しい思いを共有し、最後は「ガンバレ、野郎Z!」とここに来れなかった野郎たちに向けてもエールを送った。

 なお大会終了後、「今日出た選手の中で好みの選手はいらっしゃいましたか?」と聞かれた和地さんは「好みの選手~?私DAMNATIONを応援してて(笑)今日いなかったんで寂しかったです」とコメント。この会場に勝者は誰一人存在していなかった。

関連記事

サイト内検索

日別

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別

ページ上部へ戻る