【学生プロレスサミット2017直前インタビュー】“145cmの美大生レスラー”ミラ・ショジョビッチ「プロレスのライブ感を芸術に活かしたい」

  • 0
    Google+でシェア
  • 8
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 各大学のプロレス同好会・研究会が一同に会す『学生プロレスサミット』が、今年も2月22日に開催される。
2008年に復活した学生プロレスサミットだが、今年は記念すべき10回目となり後楽園ホールでの開催が決定!UWF関東学生プロレス連盟、SWSガクセイプロレス、日本大学プロレス研究会(NUWA)、一橋大学世界プロレスリング同盟(HWWA)の関東圏の団体に、九州産業大学プロレス研究部(KWF)を加えた5団体にて開催される。

 団体としては一年に一度のお祭りであり、選手としては卒業を目前にし学生プロレスラーとして最後の試合になる選手もいる。そんな彼らの生の声を聞くべく、各団体の選手にインタビューを行った。

 三人目は一橋大学世界プロレスリング同盟(一橋大学、武蔵野美術大学、東京造形大学、東京大学、津田塾など)に所属し、数少ない女子選手の一人であるミラ・ショジョビッチ(菅家彩香=東京造形大学2年)選手に色々スレスレなインタビューを行った。

<ミラ・ショジョビッチ(HWWA2年/東京造形大学)>
――まずはなぜ学生プロレスの世界に入ろうと思ったのでしょう
「そうですね~、私は全然プロレス知らなかったんですけど、芸祭っていう武蔵野美術大学の文化祭で学生プロレスの興行をしていて試合を見たんですね。その時に『これなら私未経験だけど、怪我しない気がする』って思って(笑)見た試合がコミックマッチで、潮崎マジックミラー号さんが出場していたのをすごく覚えていて、叫びながら走り回ったりしていて、そういう所を見て『これは、違う!』と思ったんですね。ガッツリ格闘技をやっているんじゃない、色がすごい一瞬でわかってこれならやってみたいなと。プロレス興味ないけどこれならやってみたいなと思ったんです」

――本当に初めてプロレスというものに触れたのがその試合だったと
「それでしたね。酷いことに(苦笑)」

――実際中に入ってみてイメージ通りでしたか?
「あー…意外とちゃんとやってると思いましたね。逆に!意外とやってるなと、当たり前ですけどルールに基づいて、ラフなこともしますけどしっかりしてるなと」

――今までスポーツ経験などは
「中学の頃に一年だけテニス部にいて…それぐらいですかね。私も美大に入ったぐらいなので美術部にしかずっと入ってなかったです」

――美術部に入っていて「これだったらできる」と思ったと(苦笑)
「在籍しているメンバー的に運動している人間じゃないだろうと(笑)」

――そうですね
「でも入ってみると、プロレスちゃんと出来る人もいれば、多分私と最初は同じだったんだろうなという人も何人かいらっしゃいました」

――二年やられてきて、学生プロレスで一番印象に残っているのはなんですか?
「中夜祭興行という一橋大学の、HWWAのホームの興行で地元の国立の人たちがすごい皆見に来てくれるイベントで、それはすごく『こんなに応援してくれる人いるんだな、この団体を。意外!』と。学生プロレスやっていて初めてそう思ったんですよ。すごいって。やってて良かったって思ったのが、良い意味で印象に残ってますね」

――女子選手はすごく少ない業界ですが、そこで苦労されたりだとかは
「うちは4人居て、関東の団体では一番女子選手がいる団体だと思うんですけど、男性選手と今やっていて女子選手とはあんまりなくて。技術面の問題もあるとは思うんですけど、ある意味マッチメークが難しいんだなと。でもあんまり困ったことないですね。強みでしかないです。デメリットはないです」

――女性として、このリングネームがつけられた時はどう思いました?
「いいねって思いました。いいよいいよって(笑)結構それを許容できる人が入ってくるというのはありますね、あの試合を見たら酷い扱いをされるのを承知で入ってるんで(苦笑)」

――ドMなんですね!
「覚悟の上でね!これならいいぞと思って、この団体に骨を埋めようと思って入ってきていますよ」

――今は普通にプロレスを観戦されるようになったんですか?
「プロレス大好きになりました」

――どの団体をメインで
「ん~、パフォーマンス力を見るとやっぱりDRAGON GATEってすごい、なるほどって思います。そういうお客さんの層を取り入れるって意味では、新しいんだろうなって勝手に思って、実際かっこよかったですね見に行ったら。他の団体とぜんぜん違うし。あとはみちのくプロレスですね。DRAGON GATEとみちのくプロレスしか見てないですね」

――随分両極端な所に
「そうですね。女子プロレスは今のところ見たこと無くて観戦したことないです」

――ドラゲーで好きな選手は
「CIMA選手はやっぱ動いてるの見るとカッコいいですね!カッコいいです。あとは、問題龍」

――え?また両極端な
「魅せ方が上手な選手が好きなのかな。立ってて、何してても自分というものがあるので」

――ハートが強い選手ですよね
「カッコいいなって、すごいなって」

■プロレスを芸術へ

――HWWAの先輩たちは、リング上だけではなく動画や映画などプロレスを芸術的に活かそうという方たちが多いですが、ご自身はどうですか?
「今まさにやってますね。私自身がプロレスを知ってプロレスをやりたいといって入ってきたわけじゃないので、そこは(要素として)扱っていいのかな?っていうのはあるんですけど、やっぱりこれからは積極的に作品と絡めていきたいと思っています」

――それは絵ですか?
「絵と、パフォーマンスっていうんですかね、プロレスのライブ感とか、今受け身アートとかが流行ってるんですけど、柔道家の方が受け身をすることで紙に受け身の跡がつくっていうアート作品が有名になっているんです。ブレーンバスターとかでやったらすごい面白そうじゃないですか」

――それは背中に墨を塗ってやるものなんですか?
「魚拓みたいにバチーンと。痛いんだぞって、衝撃とかが結構生々しく伝わって面白そうだなと思いましたね。リング借りれるかだけ問題ですけど」

――バラモン兄弟が墨汁振りまいてるので大丈夫じゃないですかね
「バラモン兄弟やってるとこだったら大丈夫ですね(笑)許してくれそうです」

――それなら個展とかもできそうですね
「あとはまとめ方ですね。プロレス寄りになりすぎず、もうちょっと美術に絡めてどういう所に観点を置くかですね」

――将来的にはそういう芸術方面に就職を
「はい、芸術方面に。自分のそういう感性を使える仕事につきたいです」

――どのあたりの会社をイメージしてます?
「具体的にポンポンポンポンって言えるレベルじゃないんですけど、展示するっていうショーウィンドウとか見たりするのがすごい好きで、わりとそっち方面に行きたいなと思ってるんですけどまだまとまってないですね。自分の作品もまとまってないから、方向性が今はゴチャゴチャです。しばらく作家活動だけしているのもありかなって思ってます、就職せずに(笑)今油絵科なんですけど、就職率がすごい悪いんですね。自分だけじゃないなって思うので、そういう所で麻痺してますかね…もうちょっと現実的に考えていかないと」

――なぜ油絵科を
「結構自分で好きにやっていいよって言われてる家庭なので行けたというのはありますね。楽しいですから。楽しい事をやるのが一番ですから。そしてこうなっちゃいましたね。プロレス始めちゃいました(笑)」

■ももクロとAV女優とプロレスの親和性

――昨今学プロ界のリア充化が嘆かれていますが、HWWAは非リア万歳な団体だったと思いますけど
「迫害されるだろうなと思うからもし出来ても言えないですよね。まあ出来ないのが現実ですけど…(遠い目)こうやって色んな団体と関わって見てみると、うちの団体ってそういう面では強いなと。童貞感強いなと思います」

――昨年インタビューした潮崎マジックミラー号選手も熱い思いをぶちまけていました
「でも彼は風俗で童貞捨てちゃったみたいなんで、童貞中退で卒業してないんですよ。ズルいですよね、あれはズルいです。男性部員からどうだったの?どうだったの?ってすごい皆興味津々で。なんかな~みたいな」

――その輪に入られたりは
「もう女子部員も皆入って、それでそれで?って。マット引いて~みたいな。ヌルンヌルンなんでしょ?って聞いたらドゥルンドゥルンだよみたいな。やっぱすごいなーって。興味だけはあるんですよ、そんなに皆和気あいあいってわけじゃないんですけど、ビジネスライクな良い付き合いができている団体だと思います」

――プロフィールにも今回好きなAV女優の欄がありました
「羽咲みはるさん。いいですよね~私巨乳が好きなんですよ!」

――結構見てるんですね
「見ますね」

――最近AV女優とプロレス界の絡みも多いですよね
「そうですね。女子プロレスラーもヌードっぽいのが多くなってきてますしね」

――ご自身は興味は
「え~自分はな~(笑)自分で自分に興奮できないから嫌ですね。興奮できる作品が出来るんだったらやるかもしれないですけど、目的が違いますからね。楽しめるんであれば脱ぐかもしれないですけど、今のところ見て楽しむ方が、見て、可愛いなって思って楽しむのがそれが一番幸せですね。関わり方としては」

――アイドルだとかは好きだったりしないんですか?
「それで言うと個人的にはももいろクローバーZしか。着ているパーカーもももいろクローバーで、AKBとかも見たりしますけど、あっ、そういえばAKBからAV女優デビューされた方もいらっしゃいますね。その人のDVD持ってますよ」

――やまぐちりこさん
「すごい。あれは結構私は好き。おっぱい大きいですしね。エロいですよねほんとに。同じ女性として良いなと、モチベーションが上がりますね。モチベーションが上がります」

――アイドルはももクロ一本
「そうですね」

――最近はスターダムや飯伏幸太などがももクロのライブで試合をしてますね
「そうですね。TAKAみちのくさんとか越中さんとか女子プロレスラーさんもいらっしゃいましたね」

――ももクロにプロレスとの親和性は感じますか?
「感じますね。なんとも言えないですけど、なんであんなにすごい掴んでくるんだろうみたいな。ももクロって不思議ですね。アイドルなのに。奇跡を感じるグループですね」

――推しは
「(高城)れにちゃん。うちにいる東大生のシコリェはあーりん(佐々木彩夏)大好きです。私はれにちゃん」

――東大生はUWFじゃなくてHWWAなんですね
「そうなんですよ、うちなんですよ何故か。なんででしょうね?」

■生きて帰りたい

――今回8人タッグマッチという事でもみくちゃにされますが、この人数で試合をしたことは
「6人までですね。うちの団体人数が少ないのもありますけど8人は初めてです」

――他団体の女子選手も入っていて、女子同士の闘いも期待されますが負けたくないという気持ちですか?
「死にたくないという気持ちのほうが強いですね。生きて帰りたい。安全第一がうちの団体のモットーですので、こんな事になろうとは」

――後楽園ホールで試合をするということに関しては
「いやー、いいのかなー?って。不思議な気持ちですね。後楽園ホールかーへぇー?どうしようー?って」

――後楽園ホールの試合は見たことがありますか?
「何度か」

――実際今回8人タッグの中でHWWAの良さは出していきたいですか?
「出していきたいですね。埋もれること無く出していきたいですけれども…まあとりあえず安全に、怪我せずに。怪我しない事も、安全性っていうのもうちの大事なアピールポイントですからね!」

――プロレス女子の一人としては、女性目線で学プロのここを見てほしいという部分はどこでしょう?
「こんなに楽しい時期をプロレスにこんなに、プロレスっていう所に全て捧げてるっていう意味では、表現者って言っていいのかわからないですけど普通の大学生とは違う時期を費やしているっていう所が、一生懸命さとかが特殊な人達なんですよね。そういった部分を賭けた思いを、結晶じゃないですか後楽園ホールでこれだけのことをやってこれだけのプロジェクトにしてるっていうのは。頑張ってるんだぞっていうそういう所を。プロとは全然違いますけどだから出来る部分もあるし。私がこんな風に語っていいのかわからないですけどね。プロレス知らなかった人間がこんなこと言っていいのかわからないですけど、プロではないのにこんなに身体張るっていうのは単純にすごいと思います。いつ死んでもいいんだろうなって思いながら普段見てますし」

――ご自身もやられてますけどいつ死んでもいいんですか?
「私死にたくない!生きて帰りたいです!私は死にたくないです!」

――まだプロレスを見たことない女性が初めて学生プロレスサミットで見ることもあると思いますが、そういう方々に学生プロレスはおすすめできますか?
「やったら絶対楽しいと思いますよ。プロレス見るのも楽しくなると思います。ほんとキッカケがあるかないかで踏み込むか踏み込まないかがあると思いますね。私絶対ムサビの芸祭行ってなかったら絶対一生プロレス見なかったし。キッカケだけだと思います。紙一重なところがあります。結構自己顕示欲も満たされますし(笑)女性のそういう自己顕示欲が満たされてストレス発散にもなりますし、満たされるし、リング上ってすごい、戻ってきたくなる何かを感じるなと度々思うので、一回やってみたら楽しいんですけどね~。やってみたほうが観戦してるよりやってみたほうが絶対楽しい。でも危ない事は絶対したくないですけどね!」

――ありがとうございした。改めて学生プロレスサミットに対する意気込みをお願いします
「意気込み!…でも自分を表現することですね。ミラ・ショジョビッチっていうちっちゃい、ちっちゃくてなんかプロレスやってられんの?って思われると思うんですけど、自分のできることを精一杯やるだけですね。生きて帰ります!」

『学生プロレスサミット2017』
日程:2017年2月22日(水)
会場:後楽園ホール
開始:18:30

▼タッグマッチ
中田ビデ(UWF1年)/おジャマッチョどれみ(SWS1年)
vs
でんぢゃらすにーちゃん(UWF1年)/北尾光司きみまろ(NUWA1年)

▼8人タッグマッチ
ボジョレー・女房(UWF4年)/ランジェリーナ・ジョリー(SWS4年)/ONAKIN(SWS2年)/レオナルド・デカディルド(SWS2年)
vs
シコリェ(HWWA3年)/シュイン・シスギ(NUWA2年)/ミラ・ショジョビッチ(HWWA2年)/ガッツ人妻(UWF1年)

▼タッグマッチ
ホテルニューハーフオータニ(UWF4年)/ディック・ズレーター(NUWA2年)
vs
ダスティ・ソーローデス(SWS4年)/亀田勃起(NUWA3年)

▼前半メインイベント シングルマッチ
三村マザファッカズ(UWF3年)
vs
馬並勃巳(NUWA4年)

▼セミファイナル
とにかくヤりたい秋山(UWF2年)/カンニングばれ山(UWF2年)
vs
達八郎(KWF3年)/MASA-TAKA∞(KWF3年)
vs
徳川yeah!ass!(SWS4年)/お尻TAJIRI蟲(SWS4年)

▼ダブルメインイベント・1~SWS認定世界Jr.ヘビー級選手権試合~
【王者】パットイッテ・フェラ(UWF3年)
vs
【挑戦者】チンポール・ロンドン(SWS3年)

▼ダブルメインイベント・2
クスリ松村(UWF2年)/ニョー・ドーリング(NUWA2年)
vs
フェラナンテ・ドーデス(UWF4年)/ダイノベンヲ・モラスペイジ(NUWA4年)

関連記事

サイト内検索

日別

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

月別

ページ上部へ戻る