学生プロレスサミット2015直前インタビュー[第2回]カリート・カリビアンコム(NUWA4年)

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

2008年に復活し、それ以降毎年開催されている『学生プロレスサミット』が今年も2月26日(木)に開催が決定!

今年はUWF関東学生プロレス連盟、SWSガクセイプロレス、日本大学プロレス研究会(NUWA)、一橋大学世界プロレスリング同盟(HWWA)、九州産業大学プロレス研究部(KWF)、大阪学院大学プロレス研究会(OWF)の6団体によって行われ、学校としては慶応義塾大学、早稲田大学、日本大学、帝京大学、駒澤大学、明治大学、中央大学、東洋大学、東京都市大学、二松学舎大学、九州産業大学、大阪学院大学の12大学の学生が参戦。

さらに今年は新宿FACEではなく聖地・後楽園ホールで開催されるとあり、昨今のプロレス人気の上昇とともに注目度が上がっている。

今年もバトル・ニュースでは出場選手にインタビューを開始! 2人目はセミファイナルに出場する日本大学プロレス研究会(NUWA)所属のカリート・カリビアンコム(NUWA4年)。学プロでは珍しいデスマッチファイターである彼は、ヒールユニット“スパン軍”として団体の垣根を超えて暴れ回り、NUWAタッグ王座の長期保持者チームとしても活躍。そんな彼が懸ける思いに直撃した!
【取材・文/執事記者つばさ】

――カリート選手の中で学生プロレスとはどのような存在ですか?
「まあ、そうですね、プロレスっていうのがある中で、学生プロレスがある。二つとも魅力が違うというか、学生がやるから面白いというのもあるんじゃないかな。コミックマッチにしても普通の試合にしても、学生がやるから意味があるみたいのがあると思う」
――プロレスと学生プロレスの違いとはなんでしょう?
「お金を取るか取らないかっていうのもあると思います。サミットは取るのでそれなりのものを見せないといけないと思うんですけど、学生プロレスは言っちゃえばサークル活動じゃないですか。失敗もあるしそれも含めて持ち味というか魅力かなと」
――学生プロレスサミットへの意気込みは
「相手がUWFのチャンピオンのハス向井理とその同期のバーベQ太郎ということでやりがいがある相手だと思うんですけど、こっちはもう、ずっと組んでるんで、もうベルトをとって三年目になってしまったので、向こうは急造タッグじゃないですか?こっちはやりたいこともわかってるしどう回せばいいかもわかってるんで、まあ普通にやれば勝てるかなと思いますけど、まあサミットなんえ普通にやったら面白くないじゃないですか? なんかスゲー事仕掛けますよ」
――ファイトスタイルはどこを見てほしいというのはありますか?
「一番の持ち味は打撃戦。エルボーに関しては今の学プロ界で一番強いという自負があるので、そこらへんとか見てほしいです」
――好きな選手は
「葛西純と竹田誠志」
――葛西選手や竹田選手がお好きな中、なぜエルボーを磨いたのでしょう?
「自分はデスマッチもやるんですけど、その中で打撃を活かした、打撃と狂気を融合させたそういうオリジナリティ、シューター系のスタイルを磨きました」
――学生プロレスラーでデスマッチを実際に行う選手は少ないと思うんですが、なぜそこに踏みきれたのでしょう?
「やりたいからです。普通にデスマッチファイターに憧れたんで、自然な流れでデスマッチを。イチローに憧れた少年が野球選手になりたいというのと同じように、デスマッチファイターに憧れたからただ単にデスマッチをやってるだけです(笑)」
――今までデスマッチで大流血をする試合もありましたが、デスマッチをおこなううえでの苦労はありました?
「大怪我というほどではないんですけど、なんですかね?絶対にやっちゃいけないと思っていたのは救急車に乗るということだと思っていたので、そこは絶対気をつけようと思ってます。あとは特に無いですね。やりたいようにやってました」
――今後に関しては
「……(ニヤリと笑いノーコメント)」
日本大学プロレス研究会(NUWA)――学生という立場から見て、プロレス界の盛り上がりはどう感じていますか?
「プロレスファンとしては嬉しいですね。普通に地上波のテレビとかも出てるじゃないですか? 純粋にまたブームが来たのかなと純粋に嬉しいです」
――普段生活していてそれを実感することは
「友達がどっかの番組でプロレスラー出てたよとか声かけてくれたり、普通に街歩いてて広告とか出てて。山手線の新日本のやつとかもそうじゃないですか、普通の人が目に触れる機会が増えていていいことだなと」
――プ女子(プロレス女子)に関してはどう思われます?
「プ女子ですか(苦笑)でも前から会場には結構居たと思うんですよ女の人は。なんか今更感はある気はしないでもないですけど、ワードを流行らせたいんじゃないですか? そういうブームを作りたいというのはわかりますし、にわかが居ないとそのジャンルは終わるんでいいと思います」
――これから入ってくる学生プロレスラーや下の世代に伝えたい事はありますか?
「一番言いたいのは絶対練習を休むなと。僕は多分このNUWA史上一番練習に来てる男だと思うので今現在。一年間で一回休むか休まないかぐらいなんで、何のとりえもなかった一年生の頃から練習を重ねて試行錯誤してやっと今の自分になったんで、休むなとは言わないですけど何もないなら絶対に来いということは伝えたいですね」
――NUWAはどういう団体になったのでしょう?
「他所と比べて学年ごとに枠がないというか、皆仲良くやってる。先輩の家に泊まりに行ったりとか後輩の家に泊まりに行ったりとかもあるし、アットホームななんの各々嫌ってる人がいない団体ですね」
――今まではパワーファイトスタイルのNUWAというイメージが大きかったのですが
「今パワーファイターは一番だったNONKE論外が居なくなって、オナホぐらいしかいなくなってしまって…でもほんとにジュニアの選手が増えたというのは思いますね。一年のケツメドとか亀田とかもそうですけど、今二年のDMPもコンウェイも170cmないし体重も70kgない人が増えたんで、これからそっちの色になっていくのかなとは思います」
――ここ1年スパン軍として活動されていて、タッグとして活躍もしていましたが振り返って自分の中でどのような立ち位置でいたと思っていますか?
「去年はちょっと一歩引いた感あったんですけど、今年は自分で前に出たのかなというのはありますね。立ち位置的には、難しいですね、あまり考えた事なく自由にやっていました」
――最後にサミットへ来てくださる方へメッセージを
「二階から飛びたいなと思ってます。行けたらいいですね、デスマッチファイターらしく最後は派手に狂って派手に勝ちたいですね」

2015-2-26学生プロレスサミット2015大会ポスター学生プロレスサミット2015
日時:2015年2月26日 (木)
開場:18:00 開始:18:30
会場:東京・ 後楽園ホール

S席(リングサイド) 4000円
A指定席(東西雛壇) 3000円
A自由席(南側前列) 3000円
B席(自由席南側後列)2000円

▼第1試合
チンポール・ロンドン(SWS1年)/東Pin三郎(SWS1年)
vs.
パットイッテフェラ(UWF1年)/三村マザファッカズ(UWF1年)

▼第2試合
クラッシャー・チンチン・ムケロ(NUWA4年)/ダイノベンヲ・モラス・ペイジ(NUWA2年)/ケツメドヨネ(NUWA1年)
vs.
アンドレザモジャイアン(UWF4年)/陳貝々(UWF4年)/ヌレヨンちんちゃん(UWF3年28歳子持ち童貞)

▼第3試合
赤井そら(KWF4年)
vs.
ライパチ磯部(OWF4年)

▼前半メインイベント
アレクサインダー大塚(SWS3年)/ショーモ・ナイケルズ(SWS3年)
vs.
喰霊斗たむ(KWF4年)/天草ちろう(KWF3年)

▼第5試合
お尻TAJIRI蟲(SWS2年)/ダスティ・ソーローデス(SWS2年)
vs.
フェラナンテ・ドーデス(UWF2年)/ホテルニューハーフオータニ(UWF2年)
vs.
馬並勃巳(NUWA2年)/徳川yeah!ass!(SWS2年)

▼セミファイナル
スパン・キングストン(NUWA4年)/カリート・カリビアンコム(NUWA4年)
vs.
バーベQ太郎(UWF3年)/ハス向井理(UWF3年)

▼メインイベント
オナホ・ハズシタ(NUWA3年)
vs.
ちんことみつき(UWF4年)

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別

ページ上部へ戻る