AKB48の『豆腐プロレス』メンバーが1・4東京ドームを観戦!真壁刀義が新たな指導者へ!

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

『豆腐プロレス』
日程:2017年1月21日(土)スタート!
開始:毎週土曜 深夜0:35~1:00 ※一部地域を除く
放送:テレビ朝日系24局

 2017年、AKB48メンバーがガチでプロレスに挑む!?と話題を巻き起こしている連続ドラマ『豆腐プロレス』。
 そのメインキャストの中の3人、宮脇咲良(HKT48/AKB48)、松井珠理奈(SKE48)、島田晴香(AKB48)が『戦国炎舞 -KIZNA- Presents WRESTLE KINGDOM 11 in東京ドーム』を生観戦し、新ドラマに臨む意気込みを新たにした。

 かつてテレ東系のTVドラマとして佐藤江梨子や武田梨奈、スターダムでも活躍した愛川ゆず季らが出演し、記憶喪失になった主人公が女子プロレス団体で女性レスラーとの共同生活を送る『ここが噂のエル・パラシオ』や、同じくTBS系列のTVドラマとして市川由衣やDDTで活躍する赤井沙希らが出演し、弱小女子プロレス団体の社長となった女性が建て直しを図るべく強豪プロレス団体に勝負を挑む『マッスルガール』などプロレスを題材にしたドラマは存在していたが、今回はAKB48のメンバーがプロレスドラマに挑戦。指導者に下田美馬とミラノコレクションA.Tを迎え、本格的なプロレス練習を行っている。

 東京ドーム大会を観戦した3人は以下のようにコメント。

宮脇咲良(HKT48/AKB48)
「初めてプロレスを生で見たのですがこんなに感動すると思いませんでした。想像以上の迫力でかなり圧倒されたし、最後は皆で涙してしまいました。今回初めて知った選手の方も多かったのですが、感情が入ってしまって、勝ったときはすごくうれしかったし負けたときはすごく悔しくて…さらに会場が一体となって応援していたことにすごく感動したので、プロレスをやるからには選手の皆さんに追いつけるぐらいのトレーニングを積んで頑張りたいです!」

松井珠理奈(SKE48)
「今日の試合を見て何回叫んで何回泣いたかと思うくらい本当にいい刺激を受けたので、私たちも観てくださる方を感動させられるようなプロレスをしたいと改めて思いました。勝ち負けも気になりましたが、倒れても倒れても起き上がる気持ちの強さにパワーをもらいました。気がついたら涙があふれていました!金髪は、私が演じるハリウッドJURINAがスター選手でいちばん強い役だと聞いたので、見た目から強くしようと思ってスタッフの皆さんと相談して初めて染めました! “初染め”です。ファンの方に受け入れてもらえるかわかりませんが、ドラマを見たら“染めてよかったな”と思ってもらえるようにトレーニングも頑張りたいです!」

島田晴香(AKB48)
「真壁選手はテレビで拝見している姿の印象が強かったので、今日戦っている姿を初めて見て、かっこいいなと思いました。私たちも本業としてアイドル活動しながらプロレスを本気でやってるので、皆さんに本気度をわかっていただくにはもっと鍛えなくちゃと思いました。プロレスファンの方にAKBファンになっていただけるように、本気で頑張るのでぜひドラマを観ていただきたいです。ヒール役ということでメークもすごいのですが、これから“増量”の方も頑張っていこうかと思っているので、ぜひ注目してください!」

 そこへ、真壁刀義が通りかかり豆腐プロレスへのアドバイスをお願いすると「厳しい練習を積んでいるから、レスラーは耐える力がつくもの。俺は根性論から入るからスクワット1000回とかやらせるぞ。脱落は許さないし、逃がさない。その勇気があるならトレーニングに付き合ってやるよ!」と厳しい言葉が。しかしメンバーは「うれしい!お願いします」と即答し、これに真壁は「って即決かよ!すげえなあ。じゃあお前らに天下の取り方を教えてやるよ!」と指導者として真壁刀義の参加が決定した。

 全日本女子プロレス、CMLL、新日本プロレス、闘龍門のイズムが入る事となったこのドラマは、果たしてどのような形でプロレスを魅せてくれるのか、放送日が待たれる!
20170105toufu2
【『豆腐プロレス』 番組概要】
 『豆腐プロレス』は、アイドル×プロレス×ドラマという組み合わせが大きな注目を集めている連続ドラマ。AKB48メンバーが本格的なトレーニングを経て女子プロレスの世界へ!連続ドラマでありながら、真剣勝負を展開していきます。物語の舞台となるのは、すべての選手が現役女子高生で構成される、架空のプロレスリーグ“W.I.P.(ワールド・アイドル・プロレスリング)”。そのチャンピオンベルトを目指し、熾烈な闘いを繰り広げる女子高生たちの青春を描いていきます。
 衰退してしまった“錦糸町道場”を再生させようと奮闘するメンバーには宮脇咲良(HKT48/AKB48)、向井地美音(AKB48)、横山由依(AKB48)らがキャスティング。また、対抗するスターレスラー集団“白金ジム”のメンバーとして、松井珠理奈(SKE48)、兒玉遥(HKT48/AKB48)、島田晴香(AKB48)、松村香織(SKE48)、白間美瑠(NMB48/AKB48)らが参戦! すでに彼女たちはプロレスラーのコーチ2名のもと、厳しいトレーニングを開始! 特訓と撮影の真っ最中です。はたして・・・

<あらすじ>
「宮脇咲良が演じるのは、フツーの女子高生。母親を早くに亡くし、豆腐店とプロレス道場を営む、父、ウロボロス洋平(菅原大吉)と暮らしていた。洋平はかつてチャンピオンにまで登りつめたプロレスラーで、引退後は豆腐店の傍ら、“錦糸町道場”を経営していた。
 ある日、咲良がいつものように親友の向井地美音と話していると、父・洋平が急死したという知らせが入る。自らの道場からチャンピオンを輩出したいという夢を叶えるため、トレーナーとして選手の育成に力を注いでいた父。だが、女子プロレス人気が高まり、これからというときに弟子の矢崎英一郎(渡辺いっけい)の裏切りに遭い、新設団体“白金ジム”に有望選手をごっそり引き抜かれ、残っている門下生は横山由依ただひとりという落ちぶれ様だった。一方の白金ジムは現在、“W.I.P.(ワールド・アイドル・プロレスリング)”のスター選手である松井珠理奈を始め、兒玉遥、島田晴香、松村香織、白間美瑠など人気選手を擁する一大勢力に成り上がっていた。
 それまで父親を避け、プロレスを嫌悪してきた咲良だったが、亡き父の家族への想いとプロレスへの情熱を知ることに。そんな中、矢崎から挑発を受け、思わずプロレスの世界に入ることを宣言してしまうが…!?

<スタッフ>
企画・原作:秋元康
プロデューサー:林雄一郎(テレビ朝日)/池田邦晃(テレビ朝日)/木島森(電通)/新居祐介(電通)/中沢晋(オフィスクレッシェンド)/谷鹿夏希(オフィスクレッシェンド)
監督:豊島圭介
脚本:徳尾浩司 
制作協力:オフィスクレッシェンド
制作:テレビ朝日
制作著作:W.I.P.2017製作委員会

関連記事

サイト内検索

団体別

日別

2017年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別

ページ上部へ戻る