世界タッグ戦で敗北したGET WILDが「征矢がW-1王座、大森が三冠をとればそれが世界タッグだ!」と新たな目標を掲げる!

  • -
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 3日、後楽園ホールにて開催された『2017 ニューイヤーウォーズ』。メインイベントでは、ゼウス&ボディガーのザ・ビッグガンズが持つ世界タッグに大森隆男&征矢学のGET WILDが挑戦。

 前日の後楽園ホールでは【新春大森祭り】と題して大森に縁のあるアックスボンバーズが集結し大森を鼓舞。さらに大森は新春バトルロイヤルにも優勝しこのタイトルマッチへ向け弾みをつけていた。
 試合はお互い激しいパワーのぶつかり合いとなり、GET WILDがサンドイッチラリアット、ザ・ビッグガンズがダブルチョークスラムとお互いのチームワークも互角の勝負に。大森がアックスボンバーで決めにかかるが、ガードしたボディガーがベイダーハンマーからハイキック。さらにラリアットを叩き込んで大森の動きを止めるとバウンズを叩き込んで3カウント。

 ゼウス&ボディガー組はデビューから10年以上たつが、後楽園ホールのメインをしめるのは初!ボディガーは「今年は49。40代最後の年なんでね。三冠なんか狙っていきたい」と意気込み、ゼウスも「四度目の挑戦で必ず三冠を獲る」とお互い三冠へ照準を合わせた。
 その三冠ヘビー級に1月15日の博多大会で挑戦が決定している大森は「(1・8後楽園ホールで征矢が)WRESTLE-1のベルトとって、俺が三冠とってさ、あわせて2つじゃん。タッグのベルトと一緒だよ。そしたらそれが世界タッグだ」と意気込んだ。

関連記事

サイト内検索

日別

2019年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別

ページ上部へ戻る