“世界のTK”高阪剛に勝利したバルトへ会場から大ブーイング!

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 29日、さいたまスーパーアリーナで行われた格闘技イベント『RIZIN』にてRIZINトーナメントが開催。
 セミファイナルでは“世界のTK”高阪剛と元大関のバルトが戦ったが、バルトが体格を活かし押しつぶす形で高阪を封殺。そのままほぼ何もさせずバルトが判定勝利となったが、会場からは大ブーイングが飛ぶ。
 バルトはブーイングをする観客に向けて「私のかわりにやってみなさいよ」とマイクをし挑発するが、メインで勝利し大晦日でバルトと準決勝を行うミルコが「バルトを叩きのめすのぜひ見に来てください」とマイクをすると大歓声。

 榊原代表は「やっぱり若い世代に藤田も高阪も託していきたい。その可能性があるバルトだからこそ、もっとハートで殴ってこいと、俺ぐらいパウンドで失神させてみろって事だと思うんだよね。それにバルトは答えられなかったら、このRIZINの舞台では通用しないと思う。死場を探してる高阪とか藤田が思う気持ちをバルトは理解をして、あえて介錯してあげなきゃダメだと思います。終わった後のマイクパフォーマンスも『じゃあ代わりにやってみてくださいよ』って何言ってんだって。180kgで2m近くもある身体を俺たちは持ってねーじゃねーかってファンは思うと思うんだよね。神に選ばれた体を持ってるんだからお前こそやれよって。ファンに自分のフラストレーションをぶつけたらダメ」と厳しいコメントを残した。

関連記事

サイト内検索

団体別

日別

2017年3月
« 2月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別

ページ上部へ戻る