ザ・グレート・サスケが「成宮寛貴が帰ってきたらハグしてあげたい」と愛を語った試合を佐村河内守氏に捧げた!

  • 0
    Google+でシェア
  • 1
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 15日、後楽園ホールにて開催されたみちのくプロレス年末恒例の『宇宙大戦争』にて、ザ・グレート・サスケが成宮寛貴への愛を語った。

 今年の宇宙大戦争は『宇宙大戦争11~FAKE~誰にも言わないで下さい。衝撃のメンイベント。好きな人と観に来てほしい。これは、ふたりの物語。』と題され、ザ・グレート・サスケ&バラモンシュウ&バラモンケイ&ウルトラマンロビン&モスラ(ミニマスター)vsキラー・クロックGAINA&ハーレイ・クイン2号&デッド・ショット1号&グンジ&シン・ミニラ(のはしたろう)という闘いへ。

 森達也監督による佐村河内守氏のドキュメンタリー映画『FAKE』をオマージュして、サスケ河内として登場したサスケはエレクトーンで佐村河内守氏の曲を演奏。指が実際に流れている音とずれている気がするが全く観客は気にせず大盛り上がり、サスケは「これあの試合前に飲みきるのが日課なんです」と豆乳を飲み続けるが、それを無視して試合が開始。
 クロックが銃でバラモンを守ろうとした虎龍鬼を撃ち殺し、岩山パークランドと書かれたイルカが登場すれば羽化したモスラとウルトラマン・ロビンとの三つ巴の空中戦を繰り広げ、和桶をかぶったサスケがコーナーに登ればそのサスケを担いだキラークロックが和桶ごと脚立にスプラッシュマウンテンを叩き込むなど阿鼻叫喚の闘いが繰り広げられるが、最後はサスケがリングに寝かせたミニラの上に脚立やイスや鉄棒などあらゆるものをのせ、そのミニラに向かって脚立の上からイルカを抱えての雪崩式バックドロップのような自爆投下技“ダークナイト・ライジング”で勝利。見事地球の平和を守ってみせた。

 試合を終えたサスケは「物事を片方からしか見るんではなくて、今度は側面から、あるいは裏面からね、その物事を検証してみる。こういったことをぜひ心がけてください!そして、今の私が一つ言わなければならない…成宮!成宮!成宮!!!成宮!!!!!一言!成宮!出てこい!!!!私は突然辞めたことに怒ってるんです。良いじゃないか同性愛だって。冗談でも本気でもどっちでもいいよ。時がたって、時間が解決して、笑顔でテヘヘって言って戻ってくればいいじゃないか!彼が戻ってくるまで私は待ちますよ。そしてね、リング上でハグしてあげますよ私が。とにかく、私が言いたいのはね、落ち着いてくれと。落ち着いてくれ。早とちりするなと。人の話をよく聞いてくれと。皆さん深読みしすぎなんです」と、自身のブログでの発言が物議を醸していることに自ら触れ、『FAKE』ばりに最後に成宮寛貴さんへの愛を語り、この試合を佐村河内守さんと森達也監督に捧げますとメッセージを送った。

関連記事

サイト内検索

団体別

日別

2017年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別

ページ上部へ戻る