引退する金村との“壮行デスマッチ”終えた大仁田が、UWF軍と11・24後楽園で決着戦へ

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 12・27後楽園で引退するW★ING金村を送り出すため、大仁田厚が超戦闘プロレス9・26後楽園での“壮行デスマッチ”の舞台を用意した。旧FMW時代から、長きにわたって抗争を繰り広げてきた両者にとっては、同所での最後のデスマッチ対決となった。
 大仁田は保坂秀樹、リッキー・フジ、五所川原吾作とのFMW軍を率い、金村は雷神矢口、NOSAWA論外、そして共闘に名乗りを挙げた高山善廣とタッグを結成。試合形式は、金村自身が希望したW★ING流スクランブルバンクハウスデスマッチで、相まみえた。

 リング上には公認凶器が入ったバケツが置かれ、場外の8人がカウントダウンとともに取り合うルール。最初にリングインしたのは大仁田で、有刺鉄線バットを手に高山を殴打し開戦の火ぶたが切られた。
 その後はリング内外で8人が入り乱れて大乱激戦を展開。大仁田は何度も有刺鉄線ボードに投げつけられ、ピンチに見舞われたものの、論外に机上パイルドライバー、サンダーファイアーパワーボムなどを繰り出し応戦。しかし、大仁田が噴射した毒霧が吾作に誤爆すると、すかさず金村がイスで殴打し、吾作をフォール。壮行試合を金村自身の勝利で勝ちどきを挙げた。

 試合後、大仁田は「金村、ご苦労さん。コイツとはずっと敵で、オレのことを憎んでた。オレがFMWを潰したと思って・・・。オレは新日本に行ったんだけど。オマエとの闘いは一生の思い出。その辺のレスラーより、レスラーらしい男です。金村くらい、レスラーらしい男はいません」とマイク。
 そして、大仁田は宿敵・金村と抱擁、握手を交わすと、まさかのブリブラダンスの競演で金村を送り出した。

 控え室に戻った金村は「まさかこんなことがあるとは思わなかった。絶対握手することはないと思っていたんですけど、粋な計らいをしてもらいました。あと残り少しですけど、頑張って走り続けたいと思います。また明日から大仁田さんのクビを狙いたい」とコメントし、最後の最後まで“打倒大仁田”を目指す意向を示した。
2016-09-26fmw_1
 また、メーンイベント終了後には、中野巽耀、長井満也のUWF軍が登場し、エプロンに上がると、長井がマイクを持ち、「大仁田! オレたちUWFはFMWじゃなく、オマエにケンカ売りに来てんだよ! 次の(11・24)後楽園、オレたちとの試合組め! まだオマエが試合やったことないUWFの先輩を連れてきてやる。この勝負受けろよ!」と大仁田を挑発。
 試合後のサイン会を終えた大仁田は「船木(誠勝)とは別にして・・・アイツとは爆破王だけど。11・24後楽園でUWFと最後の決戦をやるしかない。長井が誰か連れてくるなら、誰でも連れてこい」と臨戦態勢。
 これにより、11・24後楽園で、大仁田軍とUWF軍の決着戦が行われることが濃厚となった。

 セミファイナルでは中野&長井のUWF軍が、橋本友彦&那須晃太郎のFMW&W★INGモンスター連合軍と激突。両軍闘志むき出しのバチバチファイトとなったが、那須をターゲットに定めた中野が、投げ捨てジャーマン、ミドルキックとたたみかけ、最後は必殺の逆片エビ固めでギブアップを奪った。
 第4試合では、金本浩二&田中稔の“ジュニスタ”がコンビとしては初参戦し、KAI&Hi69と対戦。田中がHi69にアンクルホールドを決め、ギブアップ勝ち。試合後には、金本がアパッチ10・2北千住で、WEWヘビー級王座を巡って対戦するHi69を蹴り飛ばして挑発した。
 第2試合終了後、飯泉薫コミッショナーがリングに上がり、「私は乳がんのステージ4という状態で、結構進んでいるんですが、それでも予定より元気で、皆さんに驚かれています。ここに来ると、みなさんの笑顔を見て、プロレスという不思議なパワーで元気をいただいて、今もこうして立っていられます。本当は骨まで転移していて、ハイヒールを履けない時期もあったんですけど、今はもう大丈夫です。今日は私の友達たちが私のために応援に来ていただいてありがとうございます。これからも、またお会いできることを楽しみにしています」と衝撃の告白。そして、脳腫瘍で闘病中のRayを呼び込んだ。Rayは「今私は欠場中ですが、必ず早いところ、このリングに立ち、皆さんに楽しいプロレスを見せたいと思っていますので、もう少しお待ちください」とあいさつ。

<試合結果>
超戦闘プロレスFMW「セプテンバーファイト2016」最終戦
日程:2016年9月26日(月)
会場:東京・後楽園ホール
観衆:1000人

▼若手6人タッグマッチ 30分1本勝負
○佐瀬昌宏/雷電/レザー・フェイス
9分54秒 フライング・ボディプレス→片エビ固め
ワイルドセブン/●ザ・ショッカー1号/ザ・ショッカー2号

▼魑魅魍魎タッグマッチ 30分1本勝負
佐野直/○がばいじいちゃん
12分8秒 がばいトーンボム→体固め
菊タロー/●パンディータ

▼FMW女子プロレス タッグマッチ 30分1本勝負
○ミス・モンゴル/石橋葵
13分44秒 逆エビ固め
花月/●ミス・コハル

▼“ジュニスタ”金本浩二&田中稔FMW初登場 タッグマッチ 45分1本勝負
金本浩二/○田中稔
11分46秒 アンクルホールド
KAI/●Hi69

▼FMW&W★INGモンスター連合軍vsUWF連合軍 タッグマッチ 45分1本勝負
○中野巽耀/長井満也
11分26秒 逆片エビ固め
橋本友彦/●那須晃太郎

▼W★ING流スクランブルバンクハウス8人タッグデスマッチ 時間無制限1本勝負
高山善廣/○W★ING金村/雷神矢口/NOSAWA論外
13分56秒 イス攻撃→エビ固め
大仁田厚/保坂秀樹/リッキー・フジ/●五所川原吾作

関連記事

サイト内検索

団体別

日別

2017年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

月別

ページ上部へ戻る