スーパー・タイガーとタカ・クノウが船木&鈴木&川村戦に向けて合体技を披露!倉島も新技解禁!

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 リアルジャパンが3月16日(水)、東京・興義館にて記者会見。3月24日(木)東京・後楽園ホールで開催される『初代タイガーマスク黄金伝説~LEGEND OF THE GOLD IV』のセミファイナルに出場するスーパー・タイガー&タカ・クノウと第1試合の倉島信行が公開練習をおこない其々新技を披露、vs船木誠勝&鈴木みのる&川村亮組、vs長谷川秀彦に向けて士気を高めた。

2016-03-16リアルジャパン公開練習 まず最初に、タカ・クノウと倉島信行がグラップリングのスパーリングを披露。両者は国士舘大学柔道部の先輩後輩の間柄でもある。

 後楽園大会の第1試合で“元総合格闘技DEEP&全日本サンボ王者”長谷川秀彦と対戦する倉島信行が、新技の『クラシマンドロップ』を公開。いわゆるジャンピングネックブリーカードロップで、デビューから20年で初めての飛び技となる。
倉島「20年やってこられたというものを見せつけてやりたいので、プロレスラーの凄さ(を見せる)。長谷川、待ってろよ!」

――通常のネックブリーカードロップとの違いは?
倉島「どこが違う? やっぱりボクがやることですね。要は、無我のスタイルでずっとやってきて、ボクってレスリング(スタイルで闘ってきた)。プロレスでこういう技ってやったことないですね。だから今年は新たな節目なので、ここから倉島は変わるよって。20周年ですからね。ラリアットをずっと否定してやってこなかったので、そのボクがやるという。そうしないとたぶん、長谷川選手に勝てないですね。どこか出せるところがあったら隙を見て出さないと。さっき、タカ選手とグラップリングをしましたけども、先程、足を取られて、あれをちょっとずらしただけですぐ極められちゃうところだったんで。今はスパーリングの形で手を抜いてますけど、スパーリングでなければ極まっているので、その怖さ(も見せたい)。やっつける、変えるためには彼を仕留めてやらないと」

――この技をあえて見せた理由は?
倉島「ボクって要はレスリング、無我、キャッチレスリングだけでやってきたものをもう一段階上に行くのに、今までやったことのないことを取り入れるのが(必要)。どんどんここから変わっていこうって」

――その第一歩?
倉島「そうですね。とりあえずこれを。まだ完成形では(ない)。まだボクのなかでは完成していないので、試合前までに煮詰めて完成形にもっていきたいです」
なお、倉島は3月29日(火)には本拠地のドラディション後楽園大会で、三州ツバ吉と第1試合でシングルマッチ。20周年記念第1弾の2連戦という形になる。

2016-03-16リアルジャパン公開練習2 続いて、スーパー・タイガーがのミット打ちで蹴り技の練習をおこなった。ミットを持って受けたのはコンバットレスリング82kg級で優勝した佐藤竜太選手。スーパー・タイガーとタカ・クノウが、佐藤光留と3人で編み出した合体技を披露。
スーパー「佐藤光留選手は今日来れなかったんですけど。タカさんとは前回、昨年の夏ですか、船木さんと闘ったときもけっこういい手応えがあって、合体技もできたので。当時に使ったやつはボクが水面蹴りでタカさんが上からフライングニールキックの合体技だったんですけど、今回はまた新しく佐藤君を加えての技でそれを実践してみたいと思います」
 その新技とは、タカ・クノウがグラウンドで相手の両足を取り立ち上げたところでスーパーと佐藤が両サイドからダブルのミドルキックを放つというもの。
タカ「単純な技だけれども、いろんな用途があって、いろんなところで使えるので、これはいろいろ変形させられるということで磨いていこうと。そのひとつの段階というところで、この技になります」

――技名は?
タカ「絶賛募集中です!」

――相手の足を取る役割はタカと決まっている?
タカ「そうですね」
スーパー「ボクら2人(スーパー&佐藤)で蹴った後にタカさんが次に移行すると」
タカ「基本、2人は蹴りがうまいので」

――対戦相手の誰に一番決めたい?
スーパー「鈴木みのる選手ですね。船木さんよりも川村君よりも鈴木さんに(決めたい)。ボク自身も育ててもらった恩を闘いのなかで返していきたい。勿論この3人のなかだったら誰に決めてもいいと思うんで。船木選手にも前回やられてますし。川村君とも何度もやってますし。でもやっぱり鈴木選手に一番(決めたい)。この技を決めるには(鈴木が)一番豪快なんじゃないかなってボクは思います」

リアルジャパンプロレス『初代タイガーマスク黄金伝説~LEGEND OF THE GOLD Ⅳ』
日時:3月24日(木)
会場:後楽園ホール
試合開始:18時30分

▼第1試合 シングルマッチ30分1本勝負
長谷川秀彦(フリー)
vs
倉島信行(ドラディション)

▼第2試合 バトルロイヤル10選手参加
スーパー・ライダー(リアルジャパン)/グラン浜田(フリー)/間下隼人(リアルジャパン)/山本SAN(COMBO)/“力道山3世”力(リキエンタープライズ)/LEONA(ドラディション)/小笠原和彦(PRO-KARATE 押忍闘夢)/フリーダム・ウォーレス(Battle Arts Academy)/戸井克成(邪道軍)/松崎和彦(邪道軍)

▼第3試合 タッグマッチ30分1本勝負
ウルティモ・ドラゴン(闘龍門MEXICO)/那須晃太郎(フリー)
vs
ザ・グレート・サスケ(みちのくプロレス)/折原昌夫(メビウス)

▼第4試合 6人タッグマッチ30分1本勝負
藤波辰爾(ドラディション)/石川雄規(Battle Arts Academy)/アレクサンダー大塚(AODC)
vs
田中稔(WRESTLE―1)/柴田正人(フリー)/ベアー福田(SECRET BASE)

▼セミファイナル 6人タッグマッチ60分1本勝負
船木誠勝(フリー)/鈴木みのる(パンクラスMISSION)/川村亮(パンクラスMISSION)
vs
スーパー・タイガー(リアルジャパン)/タカ・クノウ(チーム太田章)/佐藤光留(パンクラスMISSION)

▼メインイベント レジェンド選手権試合60分1本勝負
【王者】関本大介(大日本プロレス)
vs
【挑戦者】長井満也(ドラディション)
※第9代王者、初防衛戦

(記事・写真提供/リアルジャパン)

関連記事

サイト内検索

日別

2018年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

月別

ページ上部へ戻る