「年甲斐もなく頑張りたい」藤波辰爾が船木誠勝との8年ぶりの対戦を前に闘魂を燃やす!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 19日、都内某所にて10月30日に新宿FACEで開催される『初代タイガーマスク ストロングスタイルプロレスSPECIAL(Vol.26)【THE ONE AND ONLY SAYAMA TIGER】』についての記者会見が行われた。

 今大会は、復帰を目指して病と闘う初代タイガーを元気付けることをテーマに行われる大会。
 ダンプ松本、ZAP、高橋奈七永が初参戦する他、ウナギ・サヤカとダーク・ウナギがまさかの競演を果たすなど豪華な女子マッチが並ぶ他、初代タイガーのために藤波辰爾も駆けつけて船木誠勝と約8年ぶりに対戦することになるなど熱いカードが揃った。

 会見に出席した藤波は、「今回のタッグマッチはね、全盛期のみんな活きのいい選手ばっかりなんで、その中に僕が入ってどれだけの動きが出来るか、僕自信も楽しみにしてますし、若いエネルギーを吸収したいと思います。ホントに佐山くんとはずっと長年一緒にやってきましてね。ストロングスタイルっていうね、そういう言葉をみんな胸にリングに上ってくると思います。その中に自分が気を取られないようにね、上がって試合をしたいと思います。猪木さんもまだどっかからストロングスタイルプロレスを見届けてくださる、どっかで見てると思ってリングに上っていきます。もうあと、しばらく時間があるんでコンディション上げてリングに上がりたいと思います」と意気込み十分。

 対戦相手の船木は会見には出席できなかったものの、「今から39年前自分は新日本プロレスに入門して藤波さんの付人となりました。自分は藤波さんの背中を見て育った人間。当時藤波さん31歳。自分は16歳。あれから37年経ち自分は54歳になり藤波さんは69歳になりました。藤波さんとは8年ぶりの対戦となります。あと何回同じリングに立てるのか?貴重な時間をしっかりと心に刻みたいと思います」とメッセージを寄せた。

 これを聞いた藤波は「8年ぶりですか?!」と驚きの声を上げつつ、「非常に楽しみにしてます。彼の鋭い蹴りを久々に受けてみたいと思いますので、そのへんもじっくり見てください。船木くんとか久々に肌を合わせるって中でハイブリッドな、ちょっとそういう闘いを楽しみにしてリングに入りたいと思います。とにかく、ストロングスタイルプロレスのリングも久しぶりなんでね。よその、違う団体のリングに上がるっていうと、どうしても緊張感ってものがありますんでね。そういうのが今自分にとって大事なことかなと思いますので、非常に今回も楽しみにしてます」と闘志を燃やした。

 また、藤波率いるドラディションでは10月29日の大阪大会より初のタッグトーナメントを開催。11月17日の後楽園ホールでは準決勝&決勝戦が行われる。このタッグトーナメントには藤波も船木も出場予定であり、互いに勝ち残れば後楽園で再び藤波と船木のマッチアップが実現することになる。
 藤波はこれについても触れ、「勝ち上がれば船木選手ともう1度当たれるんでね、後楽園まで生き残れるようにね、自分で年甲斐もなく頑張りたいと思いますんでよろしくお願いします」と照れ笑いを見せた。

『初代タイガーマスク ストロングスタイルプロレスSPECIAL(Vol.26)【THE ONE AND ONLY SAYAMA TIGER】』
日程:2023年10月30日(月)
開始:18:30
会場:東京都・新宿FACE

▼タッグマッチ 60分1本勝負
藤波辰爾(ドラディション)/スーパー・タイガー/チェック島谷(GLEAT)
vs
船木誠勝(フリー)/高岩竜一(フリー)/宮本裕向(666)

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別

ページ上部へ戻る