ガンプロ12.23蕨大会 大家&翔太vs.藤田&安倍、夢のガクセイvs.ヨコハマ・メタルシティ陵辱キング

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

WHITE BREATH 2015
日時:2015年12月23日(火・祝)
開場:17:30 開始:18:00
会場:埼玉・蕨レッスル武闘館
観衆:111人(満員)

▼第1試合 タイガーマスクの弟子vs力道山三世 30分1本勝負
○間下隼人(リアルジャパン)
7分18秒 チキンウイング・フェースロック
●力(フリー)

▼第2試合 花鳥風月vs炎上軍 30分1本勝負
【ニンニンジャー】○勝村周一朗(花鳥風月)/服部健太(花鳥風月)
9分13秒 外道クラッチを切り返す→エビ固め
【炎上軍】シバター(パンクラスP’s LAB横浜)/●三富政行(フリー)

▼第3試合 アウトサイダービヨンド~ヨコハマ・メタルシティ陵辱のバッドチューニング、ガンプロ襲来!~ 30分1本勝負
【夢のガクセイ】●今成夢人
5分10秒 股裂き
【ヨコハマ・メタルシティ 陵辱キング】○土橋政春(フリー)

▼セミファイナル ガンバレ☆プロレスvsトモダチ軍 30分1本勝負
冨永真一郎(CWP)/●神田愛実(世界プロレス協会)
14分1秒 スタンディング・シャイニングウィザード→片エビ固め
【トモダチ軍】Hi69(フリー)/○バンビ(K-DOJO)

▼メインイベント ガンバレ☆プロレスvsトモダチ軍 30分1本勝負
●大家健/翔太(ガッツワールド/佐野魂)
16分32秒 サスケだましセグウェイ→片エビ固め
【トモダチ軍】○藤田ミノル(東京愚連隊)/安部行洋(フリー)

THE OUTSIDERに参戦した今成がプロレスルールでアウトサイダー選手と対戦!トモダチ軍が圧勝し1月はプロデュース興行開催が決定!

ガンバレ☆プロレス大賞2015受賞者発表

2015-12-23ガンプロ蕨_オープニング まずは選手入場式が行われ、大家健・今成夢人・翔大・神田愛実・冨永慎一郎が入場。
選手を代表して今成が「今日はご来場ありがとうございます。私事なんですが、12月13日にですね、THE OUTSIDERの方に参戦してきました。本当に当日まで不安な毎日だったんですけども、当日は無事沢山のガンプロのメンバー、ガンプロのユニバースの皆様にも来ていただいて、本当に沢山の応援の中出場することができました。試合は2R判定負けという部分で非情に悔しい結果になったんですけども、僕はほんとにこの2ヶ月、ほんとに多くの、沢山の人達に応援され、励まされ、恐怖心と向き合ってこの2ヶ月を過ごしました。この悔しさをどうやって決着をつけるのかというのは、やはり自分がまたそれに立ち向かうしかないと僕は思ってます。なので、またこの悔しさを胸に、また2016年からこの今成夢人のプロレスをメジャースポーツにするための活動を始めたいと思います。今日は応援よろしくお願いします」と挨拶。

続いて、ガンバレ☆プロレス大賞2015受賞者を会場敏リングアナが発表。

新人賞:該当者なし
『ガンバレ☆プロレス創設以来の初の該当者なし。これは各団体へのメッセージであり、どう新人を育てていくのか改めて考えてもらうために、あえて該当者なしでもいいのではないかと。各団体に良い新人は沢山いる。充実もしている。しかしどんぐりの背比べで一人に絞りにくく、決め手がない。そういう意見が審査員の間でありました。来年度こそ新人賞をとるに相応しい新人が現れることを期待いたします』

敢闘賞:タイガーベッドシーン
『決して後ろに引かぬそのスピリット。小さい身体ながらなんにでも立ち向かい、常に己の限界を越えていく姿勢。そういった点が評価され、タイガーベッドシーン選手の敢闘賞受賞となりました』

技能賞:翔大
『どの試合においても魅せつけるそのいぶし銀のテクニック。常に試合をコントロールする最高のサイコロジーが評価され翔太選手の技能賞受賞となりました』
翔大「えー、技能賞、いただきまして、僕にとってはMVPや敢闘賞やベストバウトや色々な賞がある中で、やっぱり自分が一番嬉しいのは技能賞なんで嬉しいです。ガンプロの技能賞もらいました。せっかく人間としてこう生まれて、プロレスやってるんだったら、別に目標を高く持つこと自体は悪いことじゃないと僕は思ってます。ガンプロの技能賞でとどまらず、プロレス大賞の技能賞貰えるような、レスラーになって、またこのガンプロのユニバースの皆さんに技能賞取ったこと報告できるような、レスラーになりたいと思いますので、これからも応援よろしくお願いします」

殊勲賞:華名
『プロレスをメジャースポーツにするというガンバレ☆プロレスの理念、その理念をWWEにおけるASUKAとしてのデビューで完璧に体現したその功績、そして元ガンバレ☆プロレスのASUKAとして今後のさらなる活躍を期待したい。その期待を込めて殊勲賞受賞は華名選手となります』

ベストバウト:7月27日(月)ガンバレ☆プロレスビアガーデン~何も言えなくて…夏2015~市ヶ谷南海記念診療所
■空前絶後の再戦! 15分1本勝負
△GENTARO
時間切れ引き分け
△冨永真一郎
『技と力のせめぎあい、どちらが勝つか全くわからないプロレスならではのスリル、15分では短い、もっと見たい、いや何回でもこの試合を見たい、これぞプロレス、そういった試合を見せてくれました。満場一致でこの試合がベストバウト賞と決定いたしました』
冨永「審査員の皆様、投票していただいて本当にありがとうございます。GENTAROさんとは2試合目のシングルマッチだったんですけど、あれもですね、GENTAROさんのプロレス教室の一貫だったのではないかと思います。私個人としましてはですね、週プロ名鑑に載っていない、Twitterのフォロワー数が少ない以前に、まず私のWikipediaのページがまだ作成されていないこと、来年はそれを目標に、GENTAROさん以外とでも、もっといい試合ができるように頑張りたいと思います。今後もご声援のほど何卒よろしくお願いします」

女子プロレス大賞:神田愛実
『男子選手の中で闘い抜くその姿勢、様々なキャラを使い分けながら、未だにガンバレ☆プロレスに参戦し続け、ガンバレ☆プロレスを確実に盛り上げてくれている。そしてトーナメントにおける準優勝、こういった功績を称えまして、女子プロレス大賞は神田愛実選手となります』
神田「昨年に引き続き女子プロレス大賞いただきました。ありがとうございます。正直ホッとしてます。やっぱりガンバレ☆プロレス、今年もいっぱい出させていただいたんですけど、女子選手も色々出ていたので、ちょっと不安な部分もあったんですけど、受賞できて良かったです。来年もですね、ガンバレ☆プロレスの女子といえば神田愛実だと皆さんに言っていただけるように、どんどんどんどん頑張っていきたいと思いますので応援よろしくお願いします。ありがとうございました」

ベストタッグ賞:パワー・オブ・ドリームス(今成夢人&力)
『ガンバレ☆プロレスにおけるタッグチームといえば今成力組しかいない。そしてFACE大会にて行われました対石井&入江組は評者の間でもベストバウトなのではないかと最後まで評価が別れるところでありました。そして素晴らしい功績を残したこの2人にベストタッグを、そしてさらなる活躍を期待しての受賞となります』
今成「ベストタッグ賞ありがとうございます。9月の石井入江戦が評価されたと聞きますが、あの試合はほんとにアジアタッグの元王者と対戦したことによって、私にも何か残るものがあったと思います。えー、パートナーの力選手ですが、今スターウォーズの最新作が公開されてるということで、非常に勢いに乗っていると。フォースの力がどんどんみなぎっているようなので、僕も!そのフォースの力に便乗させていただき、パワー・オブ・ドリームスをますますトップのタッグチームにのし上げていこうと思っていますので、これからも応援よろしくお願いします」

MVP:大家健
『ガンバレ☆プロレス内外における大活躍。数年前には想像もできなかった大躍進。KO-D無差別級並びに6人タッグベルトを奪取。プロレスをメジャースポーツにするという崇高なる理念を追求し続けるその姿勢。どの点をとっても満場一致でこの人しかいないだろうと決まりました。2015年のガンバレ☆プロレス大賞MVPはこの人大家健』
大家「MVP、ありがとうございます。MVP取れたのは、自分一人の、自分一人の力だけではなく、やはり、会場にいらしているお客様、ユニバース、皆様の応援があってこそだと思っています。ありがとうございます!今日はその、MVPの名に恥じぬよう、メインイベントは勝って!藤田ミノル、安倍行洋、2人を必ず、必ず、更生させたいと思っております。応援よろしくお願いします!」

授賞式は2016年1月24日(日)に東京・王子Basement MON☆STRAにて18時より開催されるガンバレ☆プロレス『innocent world 2016』にて行われる事が発表され全選手退場。

第1試合

2015-12-23ガンプロ蕨_第1試合 タイガーマスクの弟子と力道山の遺伝子がシングルマッチで対決。
試合が始まるなりタックルでぶつかり合いエルボー合戦。力は強烈なチョップ連発から袈裟切りチョップ。さらにセーバーチョップを叩き込み、直撃した間下は場外へ転がり逃げる。カウント13でリングに戻ると力のチョップをガードしローキック。再度ローキックからミドルキック。ローキックを連発し膝立ちになった力の顔面を殴ると、髪を掴んで立たせてミドルキック2連発からフライングメイヤー。ハーフダウンの力の背中にサッカーボールキックを叩きこみフォールも2。間下はスリーパーで捕らえ、亀になった力の背中に乗ると背中に強烈なダブルチョップをお見舞いしてから体をのけぞらせた力の胸にミドルキックを叩きこんで足48の字固め。力はその体勢のまま空手チョップを叩きこむも、間下は足を絞り上げて行くが、力はなんとか回転しロープを掴む。だが間下は逆回転してリング中央に戻ると、力はその足に空手チョップを叩きこんで外そうとするが間下は顔面を張っていき足をはずさない。力は体全体で必死に回ってロープを掴む。

間下はローキック連発からトーホールド。力は下から蹴りあげていくが、間下はストンピング連発から力の左腿に強烈なサッカーボールキック。間下は足を固めながらフォールしていくが、力が下から殴りかかったため、間下はマウントポジションからパンチを落とすと回転してヒールホールド。力はロープに腕をかけてブレイク。

間下は膝立ちの力にローキック連発からボディスラム。間下はコーナーに登りセカンドロープから飛び込むも力はカウンターの袈裟切りチョップで叩き落とし、倒れた間下を起こしてチョップ連発。倒れた間下に力はロープの反動をつけたヘッドバッドからフォールも2。セーバーチョップを真剣白刃取りした間下が大外刈りで倒してからチキンウイングフェースロック。これで力はギブアップ。

第2試合

2015-12-23ガンプロ蕨_第2試合 顔を白塗りにし自撮り棒を持った河村を連れてシバターと三富の炎上軍が登場。
先発はシバターと服部。シバターのジャブをくぐり抜けてタックルで組み付いた服部だったが、シバターが回転しバックを取らせずポジショニングし距離を取る。改めて組み合うとグラウンドになるが、これもシバターが上手く逃れ三富にタッチ。三富は「コスチューム短いよ」と服部に指摘すると、勝村が「金がねーんだよ」と非情な助け舟。
三富が走りこんだ所を服部がアームホイップからドロップキックを叩き込むと勝村にタッチ。

三富は「やべーなこれあいつ強いんだよ」とシバターとともにリングを後にする。服部は「帰ってこいよ試合しろよ」とリング上から要求。勝村も「もう俺らの勝ちだろ」と場外の2人に指摘するが、その背後から河村がダブルラリアットを叩き込んで倒すとすかさず三富とシバターが戻ってきて勝村にストンピングをし服部を場外に落とす。シバターは勝村をコーナに押しこみミドル連発から炎上軍3人で勝村の顔面を踏みつけていくと、三富がヘッドロックで捉えるも勝村はそのまま自軍コーナーに押し込み服部にタッチ。
三富は服部を倒すと顔面にナックルを落としてからシバターにタッチ。

シバターはミドルキック連発からフライングメイヤーで倒し背中にサッカーボールキック。シバターは服部に馬乗りになるとそのまま自撮り棒で服部の喉を潰していく。シバターは三富にタッチ。

三富はコーナーに押し込み服部の顔面を殴ると、ハーフダウンの服部の顔面に串刺しドロップキック。更にフライングメイヤーから「不細工野郎!」と顔面にニードロップを叩きこみフォールも2。返されると再度フォールも2。改めて片エビ固めも2。三富はシバターにタッチ。

シバターはミドルキック連発から左右のフックからボディ。ラッシュを仕掛けコーナーに押し込むと服部の顔面を踏みつけていく。
反則カウント4で離されるとすかさず三富がエプロンを走りこみ服部の肩にドロップキック。シバターが服部を逆コーナーに振ると服部がセカンドロープに飛び乗りシバターにカウンターのミサイルキック。服部は勝村にタッチ。

勝村はエプロンの三富をビッグブーツで落とすとシバターに変形卍固め。ロープを掴んで逃れたシバターにニールキックを叩き込みフォールも2。勝村は飛びつき腕ひしぎもこれは三富がカット。

ミドルキックの打ち合いからシバターがサミングで怯ませ三富にタッチ。三富は勝村をコーナーに振ると串刺しショルダータックルから串刺しドロップキック。リング中央でブレーンバスターで叩きつけてからフォールも2。
三富はSENNIN-GIRIを放つもガードした勝村がフロントスリーパー。これは河村がカットし自撮り棒で勝村の首を絞めていく。
三富と河村は勝村をロープに振りダブルのボディーブローからシバターがランニング顔面フック。倒れた勝村に炎上軍がトレイン攻撃。河村の攻撃を勝村が避けるとそこへ服部が串刺しボディスプラッシュ。服部はシバターと三富をダブルアームホイップからダブルドロップキックで倒し、勝村が三富にフロントスリーパー。だが三富が急所攻撃から丸め込むも2。

三富がラリアットを狙い走りこむも、勝村が飛びつき腕ひしぎ。これを丸め込んだ三富だったが、返した勝村に三富が外道クラッチ。それを回転して逆に丸め込んだ勝村が3カウントを奪った。

第3試合

2015-12-23ガンプロ蕨_第3試合 12月13日のTHE OUTSIDER大田区総合体育館大会に乗り込んだ今成だったが、試合はフルランド闘いきるも2-0で惜しくも判定負け。
その今成がTHE OUTSIDER常連でもある【ヨコハマ・メタルシティ 陵辱キング】土橋政春とプロレスルールで対戦。

土橋はTHE OUTSIDERと同じくM奴隷を馬にして入場。
開幕早々土橋がコーナーに押し込んで飛びつき腕ひしぎに捕らえ、あわや終わるかと思われたが今成がロープに足を伸ばしブレイク。一度場外に降りた今成だったが、リングに戻ると土橋がキックで牽制。掻い潜って突っ込んだ今成だったが、土橋はフロントチョークで捕らえる。これも今成はロープを掴みブレイク。
土橋がソバットからカニバサミクラッチで倒しヒールホールド。今成は蹴って逃れようとするが離さないためロープを掴みブレイク。

土橋が前蹴りで牽制するが今成がコーナに押し込む。だが土橋は体勢を変えて押しこむがコーナーのためブレイク。土橋はタックルで倒すと腕固め。のたうちながらも今成はロープに足を伸ばす。

格闘技にはないロープブレイクにイライラする土橋に今成はエルボー連打。今成は引き込み式腕固め。だが土橋は腕極めヘッドシザースで返す。今成はロープに足を伸ばしブレイク。

今成がタックルで突っ込み倒すも、土橋が三角絞めを狙いながら腕に足を絡ませていくが今成はロープを掴みブレイク。今成が顔面を張っていくが土橋は引き込み腕ひしぎを狙う。今成はクラッチを離さず立ち上がるとフォールとなるが2で持ち上げてバスター。
今成はエルボー連打でロープに押し込むと、ふらつく土橋にランニングルボー。フォールも2。
土橋は今成をコーナーに押しこむもこれはブレイク。今成はフィッシャーマンスープレックスホールドでフォールも2。

今成は走りこんでラリアットで倒すとフォールしようとするも土橋が股裂き。これで今成はギブアップした。

土橋はマイクを持つと「今成、アウトサイダーナメんなよ。それ言いたくてココに来たんだよ。あと今成今成うるせーんだよ。全力で今成応援してた奴ざまあみろ!けつま●こ!」と吐き捨てM奴隷に乗り会場を後にした。

今成は「くそ、土橋選手、まさか俺、アウトサイダーに続いてあんなに体に刺青がある人と2連戦になるなんて、この恐怖が延長戦になっててね、この数日どうしようかと思ったんですけどね、ちきしょー!土橋さん、土橋選手!ガンプロに来たんだから、逃がさないっす俺は!また、土橋選手がここに上がる理由を作れるよう、俺もっと強くなります!リベンジします!ありがとうございました!すいません!」と悔しがりながらリングを後にした。

第4試合

2015-12-23ガンプロ蕨_第4試合 先発は冨永とHi69。腕の取り合いからグラウンドになるが両者決めきれず距離を取る。両者タッチ。
バンビがビッグブーツで倒し、立ち上がった神田を再度ビッグブーツで倒す。三度目は神田がキャッチしエルボー合戦へ。神田がビンタを放つとバンビもビンタで返し、お互い顔面を張り合うと神田がロープに飛んでショルダータックルで倒す。両者タッチ。

手4つになるかと思われたがHi69が手首をひねっていく。冨永はサミングからコーナーに押しこむも、Hi69が逆にコーナーに振り走りこむ。これを避けた冨永がアームホイップから腕をとっていき、フロントネックで捕らえて自軍コーナーに連れ込み神田にタッチ。

神田はフライングメイヤーからスリーパーで捕らえるもHi69は足をロープに伸ばしブレイク。神田は冨永にタッチ。
冨永はフライングメイヤーから背中にエルボーを落として首4の字。そのまま半回転しHi69の顔面をマットに叩きつけていくとこれを離して神田にタッチ。神田は三富が持つHi69の腕にハンマーを落としてからHi69を上げようとする。だがHi69は神田の背中を張ってから逆にボディスラムで叩き付けバンビにタッチ。

バンビはボディスラムで神田を叩き付けフォールも2。バンビは神田の背中に馬乗りになると神田の髪を掴んでいく。注意されるとフェイスロックへ。バンビはストンピングから仰向けにすると神田の胸に飛び乗り潰していくとHi69にタッチ。

Hi69はコーナに神田をもたれかからせると顔面にバックエルボー。再度バックエルボーを叩き込みふらつく神田にフライングメイヤーから後頭部にバズソーキック。フォールも2。Hi69は神田にチンロック。Hi69は神田を寝かせると顔面を潰していき、腕を捻って起こすとバンビにタッチ。バンビは神田の腕を捻って倒すと背中に馬乗りになり鞭をHi69から受け取ると鞭を使ったスリーパー。これをレフェリーに注意されると今度はロープ際で神田の顔面に乗って行き、これも注意されるとHi69にタッチ。Hi69もロープを掴んで神田の胸に乗り反則カウントを受けるとHi69はグランドコブラへ。これは冨永がカット。

Hi69は神田をコーナーに振ると串刺しラリアットから再度ラリアットを放つも、これは神田がカウンターのDDTでリングに突き刺し冨永にタッチ。

冨永はエプロンのバンビを落とすとHi69にナックル連発。Hi69はサミングからロープに振ると冨永に走りこむが、冨永はロープをたゆませHi69を場外に落とすとリングから走りこんで場外のHi69の顔面にスライディングキック。Hi69をリングに投げ入れると冨永はフライングクロスボディからフォールも2。
Hi69はコーナに振り走りこむも冨永は足を伸ばしカット。冨永は走りこむとHi69のラリアットを避けてドロップキックで倒し、Hi69をロープに振ろうとする。そこをHi69が脇固めはからジャストフェースロック。冨永がロープに足をかけこれはブレイク。Hi69はバンビにタッチ。

バンビは冨永をブレーンバスターであげようとするがそのまま正面に落としフェイスバスター。再度上げようとするが冨永が丸め込み2。冨永は顔面にナックルもバンビが「YOU!」と指差しビンタ。冨永がナックルをガードされると今度は冨永が「YOU!」と指差すもバンビは意に介さずビンタ。冨永がドロップキックをお返しに叩きこみ神田にタッチ。

神田は串刺しボディスプラッシュからノーザンライトスープレックスでフォールも2。神田は飛び込み式のジャンピングラリアットで倒しフォールも2。冨永がフェースクラッシャーから神田が背中にボディプレス。フォールも2。
冨永と神田はダブル攻撃を狙うが、避けたバンビが神田を冨永に突き飛ばし2人まとめてドロップキックで倒す。Hi69が出てきて神田にトレイン攻撃から、Hi69がロープに振ってバンビがカニバサミ。ロープにもたれかかった神田の後頭部にHi69がトランスレイブからバンビがシャイニングイザード。フォールも2。

バンビは神田にチョークスラムを狙うが、一度は逃れるも改めてバンビがチョークスラム。フォールも冨永がカット。
Hi69が冨永を場外に落とし、バンビが神田にスタンディング式シャイニングイザード。これでバンビが3カウントを奪った。

第5試合

2015-12-23ガンプロ蕨_第5試合 安倍は藤田のコスチュームで入場。試合が始まるなり藤田と安倍は急襲し場外乱闘へ。場外では藤田が押さえつけた翔太にバンビがムチ攻撃。安倍が大家を入場口に叩き付けていく。

リングに戻った翔大と藤田は、藤田がショルダータックルで倒し走りこむが翔大がアームホイップからドロップキックで場外に叩き落とすと、安倍がリングに入ってきてエルボーで翔太を場外に出す。そこへ大家が入ってきてエルボー合戦か大家がラリアットも、これを避けた安倍がウィッチブレイド。倒れた大家に安倍がストンピングから顔面を踏みつけていき「どうしたオラ」と挑発。
安倍はフライングメイヤーから改めて顔面を踏みつけこすりつけると藤田にタッチ。

藤田は大家の顔面をコーナーに叩きつけると後頭部にランニングニー。倒れた大家の口の中に靴をねじ込んでいく。咳き込む大家の顔面をエプロンに出すと安倍がその顔面を蹴りあげていく。
藤田はコーナーに大家をもたれかからせるとヘッドバッド2連発から左右の張り手をラッシュ。座り込んだ大家に「今日も2試合ご苦労様でした」とトラースキックを叩き込むと安倍にタッチ。

安倍は大家の顔面に水を吹きかけると、四つん這いになった大家の顔面にストンピング。安倍の名前を呼び続ける大家を無視して安倍は大家にハンマーを落とす。大家は安倍の名前を呼びながらエルボーを打ち込んでいくが、安倍は意に介さず大家の膝に低空ドロップキックから傷めつけた膝にエルボーを落としていく。
安倍は大家の膝に乗って正座しながら大家の顔面を張っていく。大家は必死に安倍の胸にエルボーを打っていくが、安倍は改めて膝にエルボーを落とすと藤田にタッチ。
藤田は安倍が傷めつけた足を取るとその膝をグリグリと踏みつけいき膝にギロチンドロップ。藤田は足を引きずる大家にの膝裏にドロップキックを叩き込み、リングに転がる大家を強引に立たせると、弱々しくエルボーを打ってきた大家に左右の張り手を連発。「にくたらし-!」と叫んだ藤田は大家にブレーンバスターを狙うが、大家は逆にブレーンバスターで投げ捨て翔太にタッチ。

翔太は藤田のラリアットを避けてエプロンの安倍を落とすと、コーナーに飛び乗り藤田にミサイルキック。走りこんで来た藤田をカニバサミで倒しロープにもたれかからせるとその後頭部にランニングニ―。さらにシャープシューターを狙うが、耐えた藤田にアトミックドロップから改めてシャープシューター。安倍が岡田レフェリーを攻撃しカットすると、藤田がレフェリーに追撃。翔太は安倍に殴りかかっていくが、藤田が翔太にサミング。レフェリ-が場外に転げ落ちたのを見て、トモダチ軍が翔太にトレイン攻撃。
コーナーに登った藤田が翔太に合体雪崩式パワーボムを叩き込み、ここで見かねた木曽レフェリーが岡田レフェリーの代わりにリングに走りこみトモダチ軍はリング下に。

藤田がボディスラムからコーナーに登りダイビングボディプレス。フォールも2。

藤田は首を掻っ切るポーズから翔太を担ぐが、背後に着地した翔太がラングブロアー。翔太は大家にタッチ。藤田も安倍にタッチ。

お互い顔面を張り合うと、大家が「目を覚ませ!」と顔面を張っていく。これに安倍は「ガンバレ☆プロレスのため?お前のためじゃねーかよ!DDTでやってることはプロレスをメジャースポーツにするためでもガンバレ☆プロレスのためでもなくテメーのためじゃねーかよ!」と顔面を殴っていく。
大家は安倍をコーナーに振って串刺しショルダータックルからカミカゼ。大家は安倍に炎のスピアーを放とうとするが、安倍はとあるオタクのドロップキックで倒すと大家を投げようとするが、大家はエルボーを落としてこれを逃れるとブレーンバスターで叩き付け「安倍!目を覚ませよ!」と髪を掴んで叫んでいく。安倍は大家に急所攻撃から藤田にタッチ。

藤田は「ご苦労様でした」と大家をコーナーに振ると串刺しエルボーからラリアットを放つが、ガードした大家はローキックからDDTを食らわせ、そこへ翔太も出てきて大家とトレイン攻撃。翔太はコーナに登ると藤田にスイングDDTから大家が垂直落下式ブレーンバスター。フォールも安倍がカット。
翔太は安倍を場外に落とし大家がフォールもバンビがレフェリーの足を引っ張りカウントさせない。やっとカウントするも2。

3だと抗議する大家に藤田はSAYONARAを叩きこみフォールも2。藤田は大家の腕をパロスペシャルのように広げると顔面を足で挟み込みインプラントからフォールも2。

藤田は大家にラリアット。受けきった大家が藤田とラリアットの打ち合い。藤田がラリアットで打ち勝ちフォールも翔太がカット。
大家に安倍がロンギヌスの脚から藤田がサスケだましセグウェイ。これで3カウントを奪った。

エンディング

2015-12-23ガンプロ蕨_エンディング 藤田「さぁ、また、これから、健さんを攻撃する時間ですよこれから。オイ、健さん、俺は、無性に今腹が立ってんだよ。なにかわかるか?それはな、今日、俺が飛行機に乗り遅れちゃったこと、ではなくて、オイ、なんか知らないうちにガンプロ大賞とか発表したらしいな。オメー(翔太)も受賞したのか?オメー(今成)も受賞したのか?オメー(冨永)もか?なんてくだらねーことしてんだお前ら!?今年ガンバレ☆プロレスで、一頑張ったのは俺達だろうが。そんな、くだらない傷の舐め合いをするような団体なら、今日で俺たちはおさらばだよ。今までありがとうございました。(無音)えーとか言うところだろ!(観客から『えー』と声が上がる)出るよ。出るに決まってんじゃねーかよ。でもな、1つだけ条件があるぞ。次、1月24日、ガンバレ☆プロレスどこでやるんだよ?王子だな、あのクソせめー。東京のハズレの王子でやるんだな。その興行、俺たちトモダチ軍団プロデュース。全部俺たちの好きなようにやらせてくれるんだったらぁぁぁぁぁぁぁ出てやってもいいぞ!オイ、本気で出ねーぞ、本気で出ねーぞ(観客から『えー』の声)おー!頭の回転が速い!その条件、飲まねーんなら、1月は、俺たち皆ボイコットそして、2月以降も、このままで俺たちの勝ち逃げで終わらせてやるからよ。いいか?聞こえてるか健さん、そしてそこの負け犬どもたちよ、よく聞いとけ。誰がなんと言おうと2015年、一番頑張ったのはこの俺たちだ。そして来年からもずっと一緒なんだよ。わかったか」とトモダチ軍はリングを後に。

大家はマイクを持つもため息ばかりでなかなか言葉が出ない。すると今成が大家の胸ぐらを掴んで強引に立たせると、
今成「何落ち込んでんだ!何落ち込んでんだよ!!安倍ちゃん更生させんじゃねーのかよ!?藤田ミノル、大事な友だちなんだろ!?あんたの手で更生させんじゃねーのかよ!なぁ!?この一年!プロレスをメジャースポーツにするために頑張って来たんだろうが!オメーにはできるよ!なんでお前が落ち込んでんだよ!目覚ませ!」と大家の顔面を張っていく。
冨永も大家の胸ぐらを掴んで起こすと「大家さん!あんたがしっかりしなくてどうするんだよ!目覚せよ!」と顔面を張り、翔太も「大家さん!今日も自分、不甲斐無かったと思います。これで、これでいいんすか?もうあっち出ないとか言ってんですよ!なんで何も言い返さないんですか!?なんで何も言い返さないんですか!?大家さんを!信じて!皆ついてきてんですよしっかりしてくださいよ!」と顔面を張る。
神田も大家を立たせると「大家さんのこんな姿、正直ガッカリです。こんな大家さん見たくないです。しっかりしてください」と誰よりも強烈なビンタを叩き込む。
リングに力が登場し「大家さん!みっともないですよ!いつもの大家さんどこいったんですか!」と大家の顔面に空手チョップ。間下も出てきて「大家氏、しっかりしてください!」と顔面を張り、続いて勝村も出てきて無言で顔面を殴リ帰っていく。スキンズ岡田レフェリーも「何度も負けても立ち上がるのが大家さんでしょう!目を覚ましてください!」と顔面を張り、最後に会場敏リングアナが出てきて睨みつけると「オーイ!テメーコラ!他人にガンバレって言っておいてテメーそんなもんか!?今こそ頑張る時だろうが!ガンバレ代表!!」と顔面を張ると、マイクを握った大家は「わかったよ!!オイ藤田ミノル!藤田ミノル!トモダチ軍プロデュース興行がなんだ!どんな試合でも俺がやってやろうじゃねーか!やってやるよ!やってやるよ!あいつらの要求全部飲んだうえでな、あいつら更生させてやるよ!絶対更生させてやるからな!俺はな!今日負けたかもしんねーし!ほんと来月の興行やるようなプロレスラーじゃないかもしれないでもな!見ろ!こんな!いい仲間たちが!俺にはついてる!!3年間やってきたこと!無駄じゃねーんだよ!なぁ!なぁ!なぁ!俺は!最初から言ってる!このガンバレ☆プロレス、プロレスをメジャースポーツにする、俺はもう!この団体旗揚げした時点で!ガンバレ☆プロレスしかねーんだよ!俺が諦めたらどうなるんだオイ!プロレスがメジャースポーツになんねーんだよそうだよな!?そうだよな!?オイ!オイ!オイ!どんな逆境があろうとどんなツライことがあろうとな!俺は絶対に逃げねー。昔の俺のように絶対に逃げねーから!お前ら!皆!ついてこいよ!」と叫び会場の全員を立たせると「ウィーアー!ガンバレ☆プロレス!」と会場全体で叫びBAD COMMUNICATIONにのってリングを踏み鳴らした。

ガンプロ集会

2015-12-23ガンプロ蕨_ガンプロ集会今成「大家さん、上等じゃないっすか!次、トモダチ軍が!プロデュース権を握るっていうんなら、俺たちをプロデュースしてみろって話ですよ!俺たちをプロデュースできんのか!?」
大家「そうだ!」
今成「俺たちをプロデュースするって大変だぞ?散々!散々色んなプロデュースに失敗して、今の俺たちがあるんだバカ野郎!俺たちどうやってプロデュースするんだ!藤田ミノル!お前が逆境に立たされてんだよお前!俺たちのプロデュースは難しいよな?」
大家「確かに難しいよ!このな、ほんとに勢いだけの俺たちを!どうやってプロデュースするのか、楽しみだなでもな!ちょっと、前の話になるけど、最初に、アウトサイダー出るって言った時はな、どうなることかと思ったよ。12月の、3日に壮行試合やって、スゲー練習してるのわかったよ。なぁ。その10日後、アウトサイダー本戦で、スゲー緊張感の中、スゲーアウェイ感の中、俺はお前頑張ったと思う」
今成「大家さん、12月13日、当日忘れもしないですよ。勝村先生は!VKFの試合に出るために行けなくて、ZSTのチャンピオンの伊藤さんも、当日の朝はキックのクラスがあるから行けるの昼過ぎになっちゃいますってLINEが来ました!ということは!大家さんと2人だけでアウトサイダーの会場に行くという事が!不安で不安で仕方なかった!!そして会場に着くと!大家さんはバッチシスーツを決めて!アウトサイダーのセキュリティに間違えられていた!」
大家「あぁそうだよお前!知ってる人に会うたび今日はセキュリティですか?って、皆そう声かけてきたよ!」
今成「また不安が煽られたよ!だけど、大家さん、2人だけでも、あの緊張感!乗り込んでる感じ!!ぶっちゃけたまんなかったです!そして、伊藤さん、勝村先生が来た安堵感も半端無かったです!」
大家「そうだなオイ」
今成「だから、この緊張感を、俺達は経験したんで、いいんじゃないですか?」
大家「いいなそれは!とてもいい事だよオイ!なぁ!これはな、俺も体験したことはねー。お前がアウトサイダーに出る、俺はアウトサイダーに出た事ねー、だからな、お前やっぱすごいと思うよ!」
今成「俺は!勝村先生のジムに2ヶ月間通いました。その時に、アウトサイダーの常連の庵野(隆馬)さんという不良の人が僕に言ったんですよ。不良も病んでるんですって!俺、就職できないから悩んでるんですって!どんなに怖い人でも!色んな悩みがあるんですよ!悩みを抱えてるんですよ!俺達とおんなじ人間じゃないですか!ガンバレ☆プロレスなんですよ皆!土橋さん!(会場の端っこで見ていた土橋を呼び込み)今日は、こんな団体ですけど、来てくれてありがとうございました」
土橋「またやろう」
今成「またお願いします!」
土橋「押忍。アウトサイダーでもどこでもいい、またやろう(今成と握手し抱きしめる)」
今成「土橋さん見たでしょ!超ファンキーな人じゃないっすか!俺たちガンバレ☆プロレス!いろんな人達をもっと呼び込みます!12月のRIZINだって、他の格闘技の選手と、色んな交流を図りますよ!」
大家「俺達は色んな人と!交流を図ってガンバレ☆プロレス!ガンバレ☆プロレスでプロレスをメジャースポーツにする!なぁ、そしてその、不良の人とかな、人は、誰しも!悩みを抱えている!不安もある!でもな、皆前向いて頑張ってんだろ?なぁ、ツライ思いとか、苦しい思いとか、悲しい思いとか、日常生活の中でいっぱいあると思います。僕も、この一年間、ツライこと、沢山ありました。でもね、やっぱり立ち止まっちゃいけないと思うんですよ。夢があるんだったら、その夢に向かって頑張る。壁があるんだったら、どうにか壊す。壊せなかったら避けてもいいよでもとりあえず、壁の向こう側に、壁の向こう側に行けるように、一生懸命一生懸命考えて、ガンバレばいいと思うんですよ!」
今成「行こうぜ!壁の向こう側!」
大家「だからなもう!今年、ガンバレ☆プロレスは本興行、最後だけど!来年はもっともっと先の壁の向こう側に行く!その意味も込めて!ウィーアーガンバレ☆プロレスでシメるからなお前ら立て!行くぞー!ウィーアーガンバレ☆プロレス!!」

関連記事

サイト内検索

日別

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別

ページ上部へ戻る