新日本プロレス12.18後楽園大会 本隊vs.CHAOSイリミネーションマッチ、田口vs.中邑、タイガーvs.ライガーのNWA世界Jr戦

  • -
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

Road to TOKYO DOME
日時:2015年12月18日(金)
開場:18:30
会場:東京・後楽園ホール
観衆:1666人(超満員札止め)

▼第1試合 6人タッグマッチ 20分1本勝負
天山広吉/○小島聡/ジェイ・ホワイト
8分41秒 ラリアット→体固め
永田裕志/中西学/●デビッド・フィンレー

▼第2試合 タッグマッチ 20分1本勝負
○真壁刀義/本間朋晃
9分01秒 キングコングニードロップ→片エビ固め
小松洋平/●田中翔

▼第3試合 タッグマッチ 20分1本勝負
矢野通/○桜庭和志
8分30秒 腕ひしぎ逆十字固め
高橋裕二郎/●コーディ・ホール

▼第4試合 NWA世界ジュニアヘビー級選手権試合 60分1本勝負
[王 者]○タイガーマスク
10分56秒 リバースダブルアームバー
[挑戦者]●獣神サンダー・ライガー
※王者タイガーマスクが初防衛に成功

▼第5試合 6人タッグマッチ 30分1本勝負
後藤洋央紀/●キャプテン・ニュージャパン/マスカラ・ドラダ
11分25秒 EVIL→体固め
内藤哲也/○“キング・オブ・ダークネス”EVIL/BUSHI

▼第6試合 スペシャルシングルマッチ 30分1本勝負
●田口隆祐
9分10秒 ボマイェ→片エビ固め
○中邑真輔

▼第7試合 スペシャルイリミネーションマッチ 時間無制限
棚橋弘至/柴田勝頼/●KUSHIDA/ジュース・ロビンソン
オカダの一人残りでCHAOSの勝利
○オカダ・カズチカ/石井智宏/YOSHI-HASHI/外道
①●柴田(15分01秒 両者OTR)石井●
②○YOSHI-HASHI(17分30秒 スワントーンボム→片エビ固め)ジュース●
③○棚橋(19分31秒 OTR)YOSHI-HASHI●
④○棚橋(20分06秒 テキサスクローバーホールド)外道●
⑤○オカダ(22分39秒 OTR)棚橋●
⑥○オカダ(25分37秒 レインメーカー→片エビ固め)KUSHIDA●

イリミネーションマッチでCHAOSが本隊に勝利!オカダ「雨は降り止まねぇぞ」
“本店”中邑が“支店”田口をボマイェ葬!タイガーがバトルライガーからNWAJr防衛

第1試合

オープニングVTRでは2015年の新日本プロレスをダイジェストで振り返る。「1年に及ぶ激闘、全てはこの日のために。そしてこの日から始まる……」のナレーションで締め。
2015-12-18新日本後楽園_第1試合天山と中西の先発で試合開始。ヘッドロックに捉えた天山をロープに降った中西だが、天山はショルダータックル。倒れない中西は突進してきた天山をショルダーブロックで倒すと、逆水平チョップ。

だが、天山もモンゴリアンチョップで応戦。中西はマッケンローを返すとなおも逆水平チョップ。天山はマウンテンボムを狙ったが、中西はガッチリ受け止めるとアルゼンチン・バックブリーカーで担ぎ上げる。これを小島がカットすると、テンコジは二人がかりでモンゴリアンチョップ。さらにスリングショット式エルボードロップとヘッドバットを同時投下。
ここでジェイとフィンレーがリングイン。フィンレーがヘッドロックに捉えるが、ロープに振ったジェイ。フィンレーは攻撃しようとするジェイをかわすと、ジャンピングエルボースマッシュ。

だが、中西がリングインしてジェイに逆水平チョップを叩き込むと、タッチを受けた永田が入ってきてダブルタックルでジェイを吹っ飛ばす。ミドルキックを叩き込んでいく永田だが、ジェイは倒れずに「来い、来い」と挑発。意地で蹴り倒した永田だが、ジェイもジャンピングエルボースマッシュを返して天山にタッチ。
モンゴリアンチョップから串刺しラリアットを見舞った天山はブレーンバスターの体勢。しかし踏ん張った永田はエルボー。モンゴリアンチョップで応戦した天山だが、永田は前転→フェイント→低空ドロップキックからロープへ。天山はマウンテンボムで投げていったが、永田もエクスプロイダーを返す。

小島と中西がリングインすると、中西の串刺しラリアットをかわした小島はマシンガンチョップ。串刺しジャンピングエルボーから行っちゃうぞエルボーを狙ったが、小島がコーナーに登る前に立ち上がった中西はのど輪で捕まえてショートレンジラリアット。さらに「ホー」の雄叫びから足を踏み鳴らしてのラリアット。
小島も反撃しようとするが、中西はスピアーを叩き込んでフィンレーにタッチ。大暴走でぶつかっていったフィンレーはカナディアンロッキーバスター。さらに永田と中西が入ってきてトレイン攻撃を決めると、ハーフダウンの小島にフィンレーはジャンピング・エルボースマッシュでツッ込む。

小島もショートエルボーを返すと、ローリングエルボーを狙ったが、フィンレーはカウンターのエルボースマッシュで迎撃。そこからロープに飛んだフィンレーだが、小島はカウンターのラリアットでフィンレーを吹っ飛ばして3カウント。

第2試合

2015-12-18新日本後楽園_第2試合WORLD TAG LEAGUE 2015優勝チームの真壁&本間が第2試合に登場する豪華さ。ヤングライオンコンビに胸を貸す。GBHはWORLD TAG LEAGUE 2015の優勝トロフィーを手に入場。小松と田中は怯むことなく睨み付けていく。
そして真壁と小松の先発で試合開始。片足タックルからバックを取ろうとした小松だが、真壁はそれを許さず腕を取ってハンマーロック。ヘッドロックで切り返した小松はショルダータックルでぶつかっていくが、真壁はビクともしない。

ならばとコルバタからドロップキックを叩き込んだ小松。すると本間が真壁を下げてリングイン。田中とロックアップした本間はロープに押し込むが、体勢を入れ替えた田中は離れ際にチョップ。そこからエルボー合戦になると、田中がショルダータックルで本間をなぎ倒す。しかしボディスラムを狙った田中を逆にボディスラムで叩き付けた本間は小こけし。
これはかわした田中だが、本間は強烈なチョップを叩き込んで真壁にタッチ。真壁もチョップからボディスラムで叩き付けると、豪快なブレーンバスター。さらに本間が逆水平チョップを叩き込み、串刺し攻撃を狙う田中を蹴りで迎撃。

それでもショルダースルーで本間を投げた田中は小松にタッチ。エルボーの連打からランニングエルボーでなぎ倒していった小松はハーフハッチで投げていくと、ウルトラタイガードロップを発射。走り込んできた小松をカウンターエルボーで迎撃した本間は小こけしを投下して真壁にタッチ。そこにエルボーで向かっていった田中はジャンピングエルボーアタックから串刺しエルボー。
真壁もロープに飛ぶが、ドロップキックで迎撃した田中はボディスラムから逆エビ固め。しかし腕立てする余裕を見せた真壁は脚力ではね除ける。エルボーや体当たりでガムシャラに向かっていく田中だが、真壁はカウンターのラリアットで吹っ飛ばすと、コーナーに叩き付けてショートレンジラリアット。

さらにコーナーで馬乗りナックルを見舞うとダブルリストアームサルトで投げていく。そして真壁が逆エビ固めに捉えると、本間はカットに入ろうとした小松にこけしロケット。大きく胸を反らした真壁だが、田中はどうにかロープまで辿り着く。エルボーで向かっていった田中だが、真壁はすべて受け止めた上でエルボーを返す。
それでもエルボーで向かっていった田中だが、真壁はラリアットでなぎ倒すと、ダメ押しのキングコング・ニードロップを投下して3カウント。

<試合後コメント>
真壁刀義、本間朋晃
ーー今日はヤングライオンにトップ選手の力を見せたという試合でしたが?
真壁「おい! 俺たちは(WORLD TAG LEAGUE 2015の)チャンピオン(になりたて)ほやほやだぞ? なんで当てるんだ? そしてテメェら、なんの意味があるかわかるか? いいか? これが新日本プロレス最前線だ。最前線の実力がわかったろう。観客も見てわかったろう。それだけだ。何を感じたかはあいつら次第だ」

ーーフィニッシュにあえてキングコングニーを選んだのにも……
真壁「やっぱり頑張ってたからな。本間にしてもそうだし、本間の動きもよく見てるし、俺の動きもよく見てる。起死回生を狙おうったってそうはいかねぇ。そうはいかねぇ。頑張ってるからな。何をもって頑張っているか。あいつらのファイトを見ればわかるだろう。だけども、だけどもだけどもなんだよ。ここで満足していたらそこまでだ。今日も超満員だろう。超満員の客の前で、恥かかされたと思わねぇと。『偉大なる先輩たちと試合ができてよかった』? ……そんなこと言うんだったらもう地元に帰れ。チャンピオンタッグチームにどれだけ歯が立つか?欲望だ!結果はもう俺たちの圧勝だ。それをお前らがどう思うか?それだけだよな。上がるも下がるもお前ら次第だ。それだけだ。その時はまた思う存分やってやるよ。それだけだ」
本間「若いっていいね。最高だよ。あいつら、最高だよ。黒いショートタイツ。俺は履きたくても履けなかったんだよ。ヤングライオン、最高だよ。ショートタイツ、最高だよ。だが俺はまだまだ負けられない。何でかって? 俺はIWGPタッグチャンピオンになるから。お前らの足音はすぐ後ろに聞こえるけれど、でも俺は負けられない。
俺は今年、真壁刀義にすごい幸せにしてもらいました。でも! 俺は真壁を幸せにしていない。正月早々、みんなのこけしで俺が真壁刀義を幸せにしてみせます。来年はハッピーニューイヤーじゃない。ハッピーニューこけしで。」

第3試合

2015-12-18新日本後楽園_第3試合コーディが詰め寄ってくると、桜庭を盾にして早々とコーナーに下がる矢野。苦笑いしながら先発で出ていった桜庭はコーディの突進をかわしてローキック。さらに片足タックルを狙うが、ハンマーを振り下ろしたコーディはショルダータックル。しかし桜庭は倒れた状態から足に絡みついて足関節を狙う。
慌ててロープに逃れたコーディは裕二郎にタッチ。桜庭からタッチを受けた矢野はロープに持たれかかって「ブレイク! ブレイク! レフェリー、もっと下げろ!」とアピール。背後のコーディにも警戒しながらリングを回った矢野だが、裕二郎が正面から近づいていって蹴って行く。

コーディも場外から桜庭を場外に引きずり出して鉄柵に叩き付ける。場外で痛めつけた矢野をリングに戻した裕二郎は、テーピングがされた脇腹にストンピング。さらに脇腹を踏みつけた裕二郎はコーディにタッチ。必要以上にマットを踏んづけて大きな音を出したコーディに対し、思わずビビった矢野。コーディはそこに旋回してからビッグブーツ。
さらに矢野の手首を掴み、引き込んでのエルボー。悶絶する矢野の脇腹にヒップトスを落としたコーディは裕二郎にタッチ。矢野より先にコーナーカバーを外して剥き出しになったコーナーの金具に矢野を叩き付けた裕二郎だが、矢野も「ふざけるな!」と裕二郎を叩き杖kるとマンハッタンドロップ。

さらに髪の毛を掴んで引き倒すと桜庭にタッチ。ミドルキックで蹴り倒した桜庭はフットスタンプを音スrと、フロントネックロック。そこにコーディが飛び込んでくるが、スネキックを見舞って倒すと裕二郎にフロントネックロックを決めたままコーディにスタンディング・アキレス腱固め。しかし裕二郎もフィッシャーマンバスターで投げて脱出。
裕二郎の串刺しフロントキックからコーディが串刺しラリアットからガットバスター。裕二郎が矢野を場外に連れ出している間にコーディはパルプハンドスラムの体勢。桜庭は背後に回り込んでオンブ式スリーパー。コーディは背後のコーナーに叩き付けて脱出するが、桜庭はコーディを飛行機投げで寝かせると電光石火の腕十字。裕二郎がカットに入ろうとするが、矢野が急所攻撃をお見舞い。これでコーディはギブアップして桜庭が勝利した。

<試合後コメント>
矢野通
「よっし! 明日明日! 明日は……なんにもないよ(ニヤリ)」

第4試合

2015-12-18新日本後楽園_第4試合タイガーマスクの持つNWA世界ジュニアヘビー級王座に元王者のライガーが満を持して挑戦。ライガーはマントではなくパーカー姿で入場。フードを外してパーカーを脱ぐと、何とサイドの角がなく開いている面積が大きい戦闘用マスクと上半身裸という“バトルライガー”で登場。
慎重に握手を交わしてから試合開始のゴングが鳴ると、ライガーはいきなりダッシュしてアッパー掌底。さらに串刺し掌底からライガーボムを狙うが、着地したタイガーはドロップキックでライガーを場外に追いやるとトペを発射。さらに突進したタイガーだが、ライガーは掌底で迎撃。ライガーは鉄柵の外にタイガーを連れ出すと、床に垂直落下式ブレーンバスターで叩き付ける。

どうにかリングに戻ろうとするタイガーだが、ライガーは再び場外に出るとダッシュして掌底を叩き込み、タイガーを鉄柵の外に再び吹っ飛ばす。場外カウント19で辛くもリングに戻ったタイガーだが、立ち上がれないほどのダメージ。無理矢理引き起こしたライガーは、サンダーライガーボム(=ランニング式ライガーボム)で叩き付ける。
カウント2でどうにか返したタイガーだが、ライガーはコーナーの上に乗せると雪崩式ライガーボムを狙う。しかし必死で踏ん張ったタイガーはエルボーを連打。ライガーは掌底で叩き落とすが、再び登っていったタイガーはライガーの頭を掴むと、コーナーに叩き付けながら落下。そこから再びコーナーんい登っていったタイガーは雪崩式ダブルアーム・スープレックスで投げていく。

タイガーは間髪入れずタイガードライバーで叩き付けるがカウントは2。タイガーはグッタリするライガーを引き起こすと、タイガースープレックスの体勢に。ライガーが踏ん張ると後頭部へヘッドバットを見舞ってからタイガースープレックス。しかしライガーは投げられる瞬間、足をかけて河津落としのような形で回避。タイガーは横十字固めを狙うが、ライガーはバックフリップ状態で叩き潰す。
さらにアッパー掌底から垂直落下式ブレーンバスターで叩き付けたライガーだが、カウントは2。なおも掌底を叩き込むライガーだが、倒れずに踏ん張ったタイガーは「来い!」。そこに掌底を叩き込んだライガーだが、タイガーもハイキックを返す。

ライガーはなおも掌底、タイガーはソバット。ライガーが掌底、タイガーがハイキックを返す。ライガーの掌底をキャッチしたタイガー。ライガーは右手でも放っていくが、ワキ固めで切り返したタイガーはそのままリバースダブルアームバーにスイッチ。これがリング中央でガッチリ決まったため、さすがのライガーも身動きが取れずギブアップ。
2015-12-18新日本後楽園_ライガーを破りNWA世界ジュニア王座を防衛したタイガー対ヘビー級戦用のバトルライガーを解禁してきたライガーに勝ったのだから、NWA世界ジュニアヘビー級王座の価値を大きく高めた一戦といっていいだろう。思わず両ヒザをついたタイガーだが、ライガーが目の前に立ちはだかると、立ち上がって深々と一礼したタイガー。ライガーはそんなタイガーの腕を掲げて王者を称えた。

<試合後コメント>
タイガーマスク
ーータイトル防衛、おめでとうございます。常々ライガー選手とは新日本プロレスの中のとがった部分を出した試合をしたいとおっしゃっていましたが?
「今、新日本プロレス、もちろん進化中だと思います。いろんな選手が。ジュニアもそうだしヘビーもそう。すべてがいい試合をしてると思います。ただ自分はシリーズを通して何回も言ってきてますけど、彼ら若い選手と同じような試合ができるかと言えば僕は『ノー』と言います。なぜなら教わっていないから。僕たちが教わってきたプロレス、レスリングは殺伐とした試合。次いつやられるかわからない試合。そういう試合なんです。もちろん今のプロレスも素晴らしいですよ。見てて追いつかないし、ワクワクするし、素晴らしいと思っています。
でもライガーさんと俺みたいな試合があってもいいんじゃないかなと。僕が佐山サトルから教わってきた試合。佐山サトル=アントニオ猪木、新日本プロレス。獣神サンダー・ライガー。新日本プロレス。やはり教わってきたものは一緒なんですよ。ライガーさんは最初から俺を潰しにきた。だったら俺も行ってやるよ。もちろんライガーさんの体を見てもらえればわかるように、僕とはひと回りもふた回りも違うと思います。でも! 勝てるんですよ。今日は何が勝ったかと言ったらここ(=ハートの強さ)ですよ。気持ち。俺は絶対ライガーに負けない。絶対今の新日本プロレスに負けたくない。そういう思いがありました」

ーーライガー選手のコスチュームを見た時にはその気持ちが通じたと思われたのではないでしょうか?
「今日は来るなと思いましたよ、もちろん。だから僕はシリーズを通じてずっと言ってきましたよ。獣神サンダー・ライガーの技を全部受けきってやるって。前回は掌底で敗れているんです。最後あれだけ追い打ちをかけてきたけれど、絶対に俺は潰れない。そういうつもちでいきました。あとはワンチャンス。それを狙っていきました。見事にそれが決まったなと。でもリングの上でライガーさんに『今日は胸を貸していただいてありがとうございました。そしてタイトルマッチを受けてくださってありがとうございました』という気持ちになりましたよ。でもライガーさんは座っている俺に言いました。『練習じゃねえんだ。勝ったのはお前だ。立て!』と。最後まで獣神サンダー・ライガーはプロレスラーだなと思いました」

ーー試合後にはリングサイドにいた少年ファンを抱え上げていました。あの子たちがタイガー選手のお子さんであるなら、今日の試合は特別な気持ちで見てもらいたいと思っていたのでしょうか?
「そうですね。あれは何を隠そう僕の子供なんですけどね。やはり今、子供もだんだん大きくなってきて、自分の父親の試合も見ていると思うんですけど、やはりタイトルマッチ。相手が獣神サンダー・ライガーということでね。やはり自分の親父がやってきた事に対して目に焼き付けてほしいなっていう気持ちはありますよね。彼らがどう見てるかはわからないですよ。彼らは仮面ライダーが好きですから。仮面ライダーも最初はやられて、最後は勝つというのは同じかもしれないけれど、自分の父親があそこまで痛めつけられて、ボコボコにされても最後は勝つという姿を見て、彼らにもまたひとつ何か、小さいけれども得てもらいたい何かがあるなって。僕もこれだけキャリアを積んできて、タイトルマッチをあと何回できるかはわからないです。ただ自分の中ではまだまだと思っていますよ。だけどそれはわからない。そういう中で彼らにも目に焼き付けてほしいなって。勝つ勝てないというのはわからないし、勝てたからああいう風に(抱え上げて)。そういう男と男の絆という部分で。親子といいうよりもね」

第5試合

2015-12-18新日本後楽園_第5試合ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンが出来たことで一躍注目度が増している内藤&EVIL&BUSHI。場内が暗転した状態で黒装束のEVILが登場すると、照明がつくと同時に内藤のテーマ曲が鳴り響いて内藤とBUSHIがゆっくりと登場。さらに放送席のミラノコレクションを呼び寄せると、ロープを開けるように指示。
ミラノが放送席から動かないとエプロンに寝転んでリングインを拒否するため、ミラノも渋々ロープを開けて内藤をリング内に入れた。ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンが奇襲攻撃を仕掛けていって試合開始。

まだパーカーを着たままの内藤は後藤を鉄柵に投げつける。EVILはキャプテンの首にイスを巻き付けた状態で鉄柱に叩き付ける。キャプテンをリングに戻すと内藤がリングインするが、何もせずにBUSHIにタッチ。着ていたTシャツを脱いで、それを使ってチョーク攻撃を見舞ったBUSHIはEVILにタッチ。
ボディスラムからセントーンを落としたEVILが内藤にタッチすると、キャプテンはナックルパートからロープへ。しかしBUSHIが足をすくって倒すと、内藤とBUSHIは控えの後藤とドラダを襲撃。BUSHIは素早くコーナーに登ってキャプテンにミサイルキックを発射。

キャプテンもジャンピングショルダーを狙ったが、あっさりかわしたBUSHIはエプロンのドラダにスライディングキック。するとドラダがロープに飛んだBUSHIの足をすくって倒し、キャプテンのタッチを受ける。バック転フェイントから旋回させながらBUSHIをマットに叩き付けたドラダは、BUSHIをトップロープに座らせるとジャンピングキックで動きを止めてからドラダスクリュードライバー(=旋回式ハリケーンドライバー)。
さらにロープ渡りからボディプレスを投下するが、これはBUSHIが剣山で迎撃。そして後藤と内藤がリングインしてエルボー合戦。後藤はそこから串刺し攻撃を狙うが、蹴りで迎撃した内藤は延髄斬り。さらにコンプリート・ショットからミサイルキックを発射。

振り子式の串刺しドロップキックからロープに飛んだ後藤を追走したが、後藤は内藤の腕を掴んで後頭部にショートレンジラリアット。さらに串刺し式村正(=ニールキック)からバックドロップ。さらに強引に牛殺しから昇龍結界(=変形腕固め)を決めたが、これはEVILがカット。
タッチを受けたEVILはカウンターのサイドキック。しかし後藤もミドルキックで蹴り倒してキャプテンにタッチ。飛び込んできたBUSHIに地獄突きを見舞ったキャプテンは、EVILにも地獄突きからアトミックドロップ。そこにドラダがミサイルキック。さらに後藤とトレイン攻撃からキャプテンはダイビング・ヘッドバット。

これをEVILがかわして自爆した上、ドラダのトラースキックを後藤に誤爆させる。さらにBUSHIがドラダにシーサー式DDT。内藤がキャプテンにマンハッタンドロップを決めると、EVILがラリアットを叩き込む。カウント2で返したキャプテンだが、EVILはEVIL(=スタンディング肩固めの体勢からの大外刈り)を決めて3カウント。
場外ではないも内藤が後藤にマンハッタンドロップを決め、リング上ではBUSHIがドラダにエムエックス(=ダイビング式スウェーニョ)を決めてからマスクを剥ぎ取っていく。さらに本部席からCMLL世界ウェルター級のベルトを強奪したBUSHIは「オイ、ド〜ラ〜ダ!」と叫ぶと、スペイン語で「明日のカンペオナート、チャンピオンになるのは俺だから! 俺こそがエストレージャだ!」的なことを言って挑発してみせた。

<試合後コメント>
ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン
EVIL「ディス・イズ・イーブル。エ〜ブリシング・イズ・イーブル。すべては……イーブル」
内藤「うわ〜、ヒザ痛めちゃったな。きつかったから、たまったま! たまたま! セコンドにいた小松の助けを、助けてもらっちゃったけど。いったい、いつになったら、姿を現すんだよ。キャプテン・クワナ! いま話題沸騰で、もしかしてマスクが入手困難なの? キャプテン・クワナ。三重県民から、桑名市民から結構苦情が来るんだよね。バカにすんなってさ。いやいやちょっと待てよ。考え方を変えてみろって。こんなに『桑名桑名』連呼してる人間、他にいるの?こんなに三重県と桑名市をアピールしてるんだよ? いや桑名市長、もしくは県知事。感謝してもらいたいね。
まぁまぁ東京ドームもあるけど、明日は大事な大事なカンペオナート(=タイトルマッチ)なんだよ。マニアーラ、カンペオンになるBUSHIの言葉を、じっくり聞きながら、しっかり目も開いて」
BUSHI「俺がリングで言ったこと、わかる? 明日のカンペオナート、チャンピオンになるのは俺だから。俺がほしいのはこのCMLLのウェルター級のベルト。このベルトを踏み台に俺のROAD TO IWGPジュニア。もう道は見えてきてるよ。このベルトさえあればね。のし上がってやる。俺がほしいのはドラダのマスクじゃない。俺がほしいのはこのベルト。そしてこのベルトを持ってアレナ・メヒコ、CMLLのリングでカンペオナートをすること。これが俺が唯一やっていない経験。それを得るためにドラダ、お前には終わってもらう。俺はどんなことをしても、正々堂々、どんな手を使っても必ずこのベルトを手に入れる! エッセリオ! マジで」

第6試合

2015-12-18新日本後楽園_第6試合ついに実現する“本店vs.支店”だが、支店の田口はお手製の王冠を被り、敢えて本店の中邑Tシャツを着て入場すると、ロープを掴んで大きく仰け反ってみせた。コーナーを使った柔軟体操まで完コピした田口に対し、腰にインターコンチのベルトを巻いて入場した中邑は本家・仰け反りポーズからコーナーを使っての柔軟体操。田口は腕に巻いたバンダナまでコピー(ただし色は緑)。
怪訝な表情の中邑だが、気合いの入っている様子の田口はまずはロックアップ。ロープに押し込んだ中邑は両手ブラリの脱力ブレイク。すると田口は中邑の頭を下に押して股間のほうに持って行く。握手を求めた田口を前蹴りで吹っ飛ばした中邑は串刺し式ボマイェを発射。
かわした田口はオーマイポーズ。

さらにお互いにアームドラッグで投げた田口に中邑はスライディング・ボマイェ。これを田口がかわして互角の展開を見せると、中邑から握手を求めていく。田口が応じると、ニヤリと笑った中邑は蹴りかかるが、蹴り脚をキャッチした田口。しかし中邑はスピンキックで田口を場外まで吹っ飛ばすと、鉄柵に叩き付けてからランニングニー。さらに田口をエプロンに乗せてニーリフトでカチ上げる。
田口をリングに戻した中邑は蹴りで痛めつけてからストンピング。田口も逆水平チョップで反撃するが、中邑はニーリフトを叩き込むとグラウンドでスリーパー。ぐったりする田口にニードロップを投下した中邑は串刺し攻撃を狙う。これを蹴りで迎撃した田口は回転エビ固めを狙った中邑に対し、後転して低空ドロップキック。

さらにヒップバットを見舞った田口は尻をグイグイと押し付けるとランニング・ヒップアタックを連発。田口はクネクネしてから小こけしを落とす“電動こけし”を決めるが、中邑も旋回式延髄斬りからミドルキックを連打。蹴り脚をキャッチした田口だが、延髄斬りを叩き込んだ中邑は踏みつけバイブレーションから田口をコーナー上に寝かせてから串刺し式ニーリフト。
ニースタンプを落としていった中邑はフロントブレーンバスターで叩き付けると、滾ってからボマイェを狙う。しかし田口は立ちあがりそうなところで前のめりダウン。だが、これは死んだフリ。中邑が近づいてきたところにエルボーを叩き込んだ田口。

中邑もエルボーで吹っ飛ばして串刺し攻撃を狙ったが、田口はロープを掴んでジャンプしてのヒップアタックで迎撃。中邑を場外に放り出した田口はプランチャを投下。さらに中邑をリングに戻した田口はダイビング・ヒップアタック。カウント2で返した中邑だが、「オヤァイ!」とギタった田口はランニング・ヒップアタックを狙ってダッシュ。
これをかわした中邑は腕十字に捉えるが、反転した田口はオーマイ&ガーアンクルホールド(=アンクルホールド)。どうにかロープに逃れた中邑はどどんを狙った田口を肩口まで担ぎ上げるが、田口はエビ固めで丸め込む。キックアウトした中邑にヒップアタックを叩き込んだ田口はスタイディング式ヒップアタック。かわした中邑はボマイェを叩き込むが、すぐにカバーにいけない。

両者立ち上がってエルボー合戦になると、中邑のスーパーマンエルボーをかわした田口が延髄斬り。しかしヒップアタックをキャッチした中邑はリバースパワースラム。さらにダイビング・ボマイェを発射したがカウントは2。ボマイェをカウンターのヒップアタックで迎撃しようとしていた田口だが、読んでいた中邑は先にヒップアタックをかわすと、そこからボマイェを叩き込んで3カウント。
2015-12-18新日本後楽園_ギタる田口隆祐本店vs.支店というよりは純粋な同期対決と言っていい濃密な試合内容だった。「イヤァオ!」と雄叫びを挙げて引き上げていった中邑に対し、お手製の王冠を被った田口は最後の力を振り絞って「オヤァイ!」とギタってみせた。

<試合後コメント>
中邑真輔
「なんだ、あいつは。マジであいつ何? マジで、オヤァイ!」

第7試合

2015-12-18新日本後楽園_第7試合通常のタッグマッチ形式で試合を行い、敗れた選手から退場。最後まで一人でも残ったチームが勝者となる。試合権利のある選手がトップロープを越えて場外に転落した場合も退場となる本隊vs.CHAOSのスペシャルイリミネーションマッチ。
まず柴田が入場したあとに石井が新テーマ曲で入場。そして棚橋、KUSHIDA、ロビンソンが入場すると、最後にオカダ、YOSHI-HASHI、外道が入場。オカダと棚橋が睨み合い。

ロビンソンとYOSHI-HASHIの先発で試合開始。ヘッドロックに捉えたYOSHI-HASHIはロープに振ったロビンソンにショルダータックル。ロビンソンもアームドラッグを返すと腕を固めていくが、YOSHI-HASHIは髪の毛を掴んでコーナーに押し込むと串刺し攻撃を狙う。これをかわしたロビンソンはエアプレンスピンで回していく。
ここでYOSHI-HASHIは外道にタッチ。KUSHIDAがリングインしてくると、いきなりサミングを見舞った外道はいきなりトップロープの上からKUSHIDAを場外に放り出そうとする。慌てて本隊の選手が一斉に出てきて外道を落とそうとするが、CHAOS側も阻止。

KUSHIDAはマンハッタンドロップから低空ドロップキック、さらに側転からの低空ドロップキックを叩き込むと、CHAOS側のコーナーに逆立ちキック。しかし足を掴まれると、そこにオカダが低空ドロップキック。これをキッカケに一斉に両軍入り乱れての場外乱闘になる中、リング上では石井がKUSHIDAにヘッドバットから逆水平チョップ。
逆片エビ固めに捉えながら「柴田来いよ!」と挑発した石井。KUSHIDAは自力でロープに逃れたが、オカダがスリングショット式アトミコを投下。ショルダーネックブリーカーを決めたオカダはYOSHI-HASHIにタッチ。串刺しラリアットを叩き込んだYOSHI-HASHIは外道にタッチ。

サーフボードストレッチでKUSHIDAを悶絶させた外道だが、どうにか反転したKUSHIDA。だが、タッチしようとしてもYOSHI-HASHIと石井が阻止。石井と外道がダブルの攻撃を狙うが、KUSHIDAは自らエプロンに出て近づいてきた外道にジャンピングキック。YOSHI-HASHIが場外に引きずり落とそうとするが、振り払ったKUSHIDAはスワンダイブ式ミサイルキックを叩き込んで、ようやく柴田にタッチ。
エルボーの連打で石井をコーナー下に座らせた柴田は串刺し式低空ドロップキック。そこからハーフハッチで投げた柴田はスリーパーを狙ったが石井はバックドロップ。しかし柴田もすぐに立ち上がってバックドロップを返す。顔面にチョン蹴りを見舞って挑発する柴田だが、石井はノーガードで受け止めるとエルボー一発で柴田をダウンさせて突進。

柴田はキチンシンクで迎撃するが、石井も返す刀でラリアット。石井はブレーンバスターを狙ったが、背後に逃れた柴田はスリーパー。さらにコブラツイストにスイッチすると、そこから卍固めへ。これはYOSHI-HASHIがカットしたが、柴田はランニング・フロントキック。さらにロープに飛んだ柴田にエプロンから外道が蹴り。さらに石井がラリアットを叩き込むが、耐えた柴田は石井をエプロンに落とすと、何とか蹴落とそうとする。だが、石井もヘッドバットからロープ越しのブレーンバスターを狙う。
どうにかエプロンに着地した柴田。お互いに落とそうとするが、柴田がスリーパーに捉えるとブレーンバスターを狙う。そこにYOSHI-HASHIが飛び込んできてドロップキックで柴田ごと石井もオーバー・ザ・トップロープ(以下OTR)で失格に。

ロビンソンがナックルパートから大暴走を決めるている間に失格になった柴田は退場。だが、石井が入ってバックステージまで追いかけていく。その間にリング上ではロビンソンがムーンサルトプレス。これをかわして自爆させたYOSHI-HASHIはコードブレイカーからパワーボム。そしてスワントーンボムを投下して3カウント。
そこに棚橋が入ってくるが、YOSHI-HASHIはヘッドハンター(=前方回転ネックブリーカー)から串刺し式逆水平チョップ。さらにバンカーバスター(=変型ショルダーネックブリーカー)を決めるがKUSHIDAがカット。KUSHIDAは合体攻撃を狙ったオカダとYOSHI-HASHIにハンドスプリングエルボー。

しかしYOSHI-HASHIは棚橋にカウンターのラリアットを叩き込む。棚橋も張り手を返すが、YOSHI-HASHIはショルダースルーでOTRを狙う。しかしトップロープを掴んだ棚橋は逆上がりで戻るとヘッドシザースでYOSHI-HASHIを捕まえてOTRで失格にさせることに成功。
棚橋はさらにリングに戻ると外道に低空ドロップキックからテキサス・クローバー・ホールド。これで外道がギブアップしたため、CHAOSはオカダのみに。棚橋の前に立ちはだかったオカダはエルボー合戦を仕掛ける。棚橋は太陽ブローからエルボースマッシュ。しかしオカダもビッグブーツからDDTを返すと、走り込んでのエルボースマッシュ。

オカダはツームストンパイルドライバーを狙ったが、振り解いた棚橋は低空ドロップキック。オカダはなおもツームストンパイルドライバーを狙ったが、棚橋はどうにかエプロンに着地。するとオカダはコーナーに登ってミサイルキック。これで棚橋が場外に転落して失格に。オカダは残るKUSHIDAにドロップキックからダイビング・エルボードロップ。だが、KUSHIDAは下からキャッチして腕十字。
どうにか脱出したオカダはエルボースマッシュ。しかしKUSHIDAも伊良部パンチ(=大きく振りかぶってのグーパンチ)を返すと、脇腹にパントキック(=下から顔面を蹴り上げる)を叩き込んでからのホバーボードロック(=アームロックの体勢から後転して改めてアームロック)。

オカダがロープに近づいていくとKUSHIDAは回転してポジションをリング中央に戻す。ところが、オカダはその回転を利用してKUSHIDAを持ち上げながら立ち上がり、ツームストンパイルドライバー。そこからコーナーに登ったオカダはダイビング・エルボードロップ……ではなく、棚橋が見ている前でハイフライフローを投下! そしてレインメーカーポーズから盤石のレインメーカー(=相手の腕を掴んで引き込むように決めるアックスボンバー)を叩き込んで3カウント。
2015-12-18新日本後楽園_レッスルキングダム10以降も雨は止まないこの結果、オカダの一人残りでCHAOSが勝利。外道が悔しそうな棚橋の顔を覗き込んで高笑い。オカダはコーナーに登るとベルトを肩にかけ、リング下の棚橋を見下ろしながらのレインメーカーポーズ。棚橋はオカダから視線を反らさずに後ずさりをするように退場。

リング上のオカダはマイクを持つと「3つ言わせてください。1つ、レッスルキングダム10、必ず俺が勝って防衛します。2つ、雨はな降り止まねぇぞ。2016年もしっかり俺がカネの雨を降らしてやる。3つ、……とくにありません。というわけで、あとは外道さんにしゃべってもらいます」と言って外道にマイクを渡す。
外道は「棚橋! レッスルキングダム10でよ、雨が止むとか言ってたな。オイ、ふざけんなこの野郎! レッスルキングダム10以降はよ、どしゃ降りだよこの野郎! あいつに雨を止ますことはできねぇ。なんでか分かるか? レェェェェヴェェルが違うんだカノ野郎! レインメーカーは2016年1月4日、レッスルキングダム10で棚橋の野郎を完膚なきまでにブチのめす! レッスルキングダム10以降もよ、新日本プロレスにカネの雨が降るぞ」と言い放つと、万雷の「オカダ」コールが客席からリング上に降り注いだ。

<試合後コメント>
オカダ・カズチカ、外道
オカダ「これがプロレス界、トップのベルトだ。これが1月4日にかかるという意味は、棚橋さん、わかりますよね? そのプロレス界のトップを倒す。雨を降り止ます事が本気でできると思っているんですか? そんなことは誰もできない」
外道「おい、いいか! 聞いたな? レインメーカーの言った通りだ。テメェに雨を止める事はできねぇ。レッスルキングダム以降はよ、どしゃ降りだよ、この野郎!」

関連記事

サイト内検索

日別

2019年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別

ページ上部へ戻る