全日本プロレス11.23後楽園大会 世界最強タッグ決定リーグ戦開幕戦/秋山&大森vs.諏訪魔&宮原、ザ・ビッグガンズvs.石川&誕期、野村&青柳vs.西村&KENSO

  • -
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

2015 世界最強タッグ決定リーグ戦【開幕戦】
日時:2015年11月23日(月・祝)
開場:11:00 開始:12:00
会場:東京・後楽園ホール
観衆:1077人

▼第1試合 2015 世界最強タッグ決定リーグ戦 公式戦 30分1本勝負
○野村直矢/青柳優馬【1勝=2点】
10分53秒 横入り式エビ固め
西村修/●KENSO【1敗=0点】

▼第2試合 タッグマッチ 30分1本勝負
○鈴木鼓太郎/中島洋平
11分53秒 ファンネル→エビ固め
SUSHI/●佐藤恵一

▼第3試合 6人タッグマッチ 30分1本勝負
ドリー・ファンク・ジュニア/○青木篤志/佐藤光留
14分17秒 腕ひしぎ逆十字固め
渕正信/金丸義信/●井上雅央

▼第4試合 シングルマッチ 30分1本勝負
●ジェイク・リー
10分32秒 ジャンピング・ボディプレス→片エビ固め
○吉江豊

▼第5試合 2015 世界最強タッグ決定リーグ戦 公式戦 30分1本勝負
ゼウス/●ボディガー【1敗=0点】
12分43秒 ランニングニーリフト→片エビ固め
○石川修司/星誕期【1勝=2点】

▼第6試合 2015 世界最強タッグ決定リーグ戦 公式戦 30分1本勝負
秋山準/●大森隆男【1敗=0点】
19分03秒 シャットダウン式ジャーマンスープレックスホールド
諏訪魔/○宮原健斗【1勝=2点】

諏訪魔&宮原は誤爆あり、連係なし!それでも前年度優勝チームに勝利してニヤリ
野村&青柳も白星発進!宮原「明るい未来に向かっての針はもう動いています!」

オープニング

2015-11-23全日本プロレス後楽園_ニックボックウィンクル追悼セレモニーこの日はサムライTVの生中継があるということで、放送席の村田アナと全日本プロレスの解説はこれが初めてだという元東京スポーツの柴田記者が挨拶。

そして試合に先立ち、現地時間の14日夜にラスベガスで亡くなった元AWA世界ヘビー級王者、ニック・ボックウィンクルさんの追悼セレモニーが行われることに。ニックさんの遺影をもった渕、そしてニックさんの代名詞であるAWA世界ヘビー級のベルトを持ったドリーがリング上へ。全日本プロレスの所属選手、レギュラー参戦選手はリングサイドに。
村田アナがニックさんの経歴を読み上げたあと、追悼の10カウントゴングが鳴らされた。最後に仲田リングアナが「AWA世界ヘビー級選手権者、250パウンド、ニック・ボックウィンクル〜」とコール。

2015-11-23全日本プロレス後楽園_最強タッグ入場式続いてスクリーンで世界最強タッグ出場チームを改めて紹介。中でも野村&青柳への期待を込めた拍手が大きかった。VTRが終わるとリング上にはドリーが上がり、『オリンピア』が流れる中、出場チームが名前の書かれたたすきをかけて登場。
諏訪魔と宮原は微妙な距離を開けて登場。最後に前年度優勝チームのワイルドバーニングがトロフィーを担いで登場。吉江のパートナーである入江茂弘はDDTの試合に出場のためこの日は欠場。全7チームが出揃ったところでワイルドバーニングがトロフィーをドリーに返還。そしてドリーがPWF会長として「ニホンのプロレスファンの皆さん、ワタシの日本語がまだ変なので英語でお願いシマス」と断ってから、英語で開会宣言を読み上げた。

第1試合

2015-11-23全日本プロレス後楽園_第1試合①今大会は第1試合から世界最強タッグの公式戦。KENSOがいつものようにコーナーに登って観客を煽りながらエル・アギラ・インペリアルのポーズをやっていると、西村がマイクを持って「健想、お前長いんだよ」と早くも説法。西村&KENSOから握手を求めると、あすなろ戦士タッグは両手で応じていく。
KENSOvs.青柳で試合開始。ロープに押し込んだ青柳はエルボーを連打すると、「来いよオラ」と挑発。シャウトしたKENSOはバックを取った青柳の腕を取って捻りあげるが、青柳がハンマーロックで切り返す。

ロープに逃れたKENSOはロックアップするが、またもロープに押し込んだ青柳は慎重にブレイク。しかし、ここでKENSOが張り手をお見舞い。朦朧とすう青柳をヘッドロックに捉えたKENSOは、ロープに振って逃れた青柳にショルダータックル。しかし青柳がドロップキックを連発すると、野村が飛び込んできて控えの西村にエルボー。
そこから青柳と野村はKENSOにダブルドロップキックを発射。タッチを受けた野村はエルボーをらら叩き込むむが、KENSOは逆水平チョップで応戦。ならばと野村はショルダータックルでぶつかっていくが、KENSOはなかなか倒れない。

ガムシャラにぶつかっていった野村はKENSOが反撃しようとしたところをうまくかわし、ロープで勢いをつけてのショルダータックルでなぎ倒す。思わず控えの西村が「健想、押されてんじゃねぇぞ!」と喝を入れると、KENSOは腰紐を外してチョーク攻撃。そこから西村にタッチすると、KENSOは和田京平レフェリーに「私は何もやっていないでしょ!」と久しぶりにうそぶく。
その間に西村はエルボースマッシュを叩き込むが、野村もエルボーで反撃。「来い、来い!」と言いながら両手を後ろに回して野村のエルボーを敢えて受け止めた西村はエルボースマッシュからのカウンターエルボーで倒すとヘッドシザースに捉えていく。もがきながらも倒立で逃れようとする野村に対し、そう簡単にはやらせない西村。

ガブった状態でKENSOにタッチ。KENSOは全体重を浴びせるようなラリアットから垂直落下式ブレーンバスター。青柳が飛び込んでカットすると、KENSOにエルボーを連打するが、西村が入ってきてエルボースマッシュで蹴散らす。さらに西村は野村をリストロックに捉えると、そこからハンマーロック、リバースフルネルソン。
だが、野村はその状態まま自軍のコーナーまで後退して青柳がタッチ。エルボーを連打する青柳だが、西村はエルボースマッシュから左右のエルボーを連打して青柳をコーナーまで追い込むと、厳しい角度のエルボースマッシュを叩き込む。

さらにKENSOが串刺し攻撃を狙ったが、これをかわした青柳はドロップキック。だが、強引にジャーマンで投げ捨てたKENSOは西村にタッチ。西村はスリーパーに捉えるとコブラツイストにスイッチ。どうにかロープまで辿り着いた青柳だが、ロープを遠ざけようとしたKENSOを京平レフェリーが厳しく注意。
2015-11-23全日本プロレス後楽園_第1試合②「何もやっていないでしょうが!」と睨み付けるKENSOに毅然とした態度で注意する京平レフェリー。すると青柳がドロップキックを叩き込んで野村にタッチ。KENSOは腰紐で首を絞めていくと、注意する京平レフェリーに「黙れ、このクソハゲ! 何もやっていないでしょうが!」と食ってかかる。

京平レフェリーは腰紐を取り上げようとするが、KENSOはムキになって抵抗。すると野村が背後からKENSOをスクールボーイで丸め込み、京平レフェリーが怒りの3カウントを叩いた。何と世界最強タッグ初戦で金星をあげたあすなろ戦士コンビ! 幸先のいい白星スタートに思わず万歳をした野村&青柳に全日本の未来を見た観客からたくさんの拍手が飛んだ。

<試合後コメント>
野村直矢&青柳優馬
ーー最強タッグに大抜擢の出場から、まさかの白星発進となりました。
野村「どんな勝ち方でも勝ちは勝ちなんで。今日は素直に勝ってうれしかったです。あと最強タッグは(他の出場メンバー)全員が自分たちより実力が上なんで、自分たちはどんな勝ち方でもいいけど、今日みたいな勝ち方をして。みんな勝てないって言ってるけど、俺らを甘く見てると痛い目にあうぞって言いたいですね」

ーーとにかくあきらめない気持ちが勝ちを呼び込みましたね。
青柳「完全に野村さんの勝利だと思っていますんで。僕はやっぱり出番がなかったのが今日の反省点かなって思います。もっと試合に貢献できたらって思いもありますし、チームの勝利なんでここは2人で喜びたいと思います」

ーー正直に言って厳しい状況の全日本プロレスですが、2人にとっては大チャンスでもあります。
青柳「僕たちが明るい未来を見せるためにも、今回野村さんと組んで、結果よりも絶対僕たちの意思を見せるというのが大切だと思っているんで。結果うんぬんよりも気持ちでぶつかる。それが僕たちの使命だと思っています」
野村「同じですね。結果うんぬんじゃなくて。結果も大事ですけど、この調子でガンガンぶつかっていってその中で勝機を見出していきたい。今日みたいな勝ち方もできるんで。そういう戦いをこれからもしていきたいです。」

第2試合

2015-11-23全日本プロレス後楽園_第2試合先シリーズ復帰したSUSHIだが、この日はNHK『みんなのうた』でお馴染みのつもりやもりが、SUSHIと復帰祝いとして一緒に登場。対するは発展的解消をしたXceedの鼓太郎と中島。11月いっぱいで全日本を退団してフリーとしての参戦となった鼓太郎だが、先発を買って出て佐藤と相対する。
ロックアップからロープに押し込んだ佐藤は、離れ際にフォアアーム。鼓太郎はガットショットからリストロックに捉えるが、佐藤は側転→ヘッドスプリングで切り返す。鼓太郎も同じムーブで対抗するが、佐藤はリープフロッグから飛び付いてのヘッドロック。これを鼓太郎はヘッドシザースで切り返した。

ここで佐藤はSUSHIにタッチ。SUSHIは「お前、来いや!」と現GAORA TV王者の中島を指名。腕の取り合いから足を取ってトーホールドを決めた中島だが、SUSHIは下から蹴り上げて脱出。ショルダータックルでなぎ倒したSUSHIだが、中島もアームドラッグからコルバタ。
しかしSUSHIは中島のドロップキックをかわすと、逆にドロップキックで場外に追いやってダッシュ。中島が距離を取るとロープに飛び乗っストップしたSUSHI。中島は場外に引きずり出していったが、逆にSUSHIが鉄柵攻撃を見舞ってからリングに戻り、佐藤にタッチ。

中島はボディスラムと逆水平チョップで佐藤を痛めつけていくと鼓太郎にタッチ。腰へのエルボーからキャメルクラッチに捉えた鼓太郎は、さらに腰へのエルボーで佐藤を悶絶させる。中島もサッカーボールキックで追い撃ちをかけると執拗にカバー。必死にキックアウトした佐藤に串刺し式逆水平チョップを叩き込んだ中島だが、二発目をかわして丸め込んだ佐藤は、キックアウトした中島の顔面に低空ドロップキック。
タッチを受けたSUSHIはニールキック。中島もミドルキックで応戦すると、串刺し攻撃を狙ったが、エプロンに逃れたSUSHIはスワンダイブ。かわした中島は着地したSUSHIにトラースキック。SUSHIもスピンキックをかわして串刺しラリアットを叩き込む。さらにブレーンバスターからダイビング・ヘッドバット。

SUSHIのカツオの一本釣り(=フィッシャーマンバスター)を逃れた中島は延髄斬りを叩き込んで鼓太郎にタッチ。ビット(=ハンドスプリング・エルボー)から串刺しジャンピングニー、地獄の断頭台と決めた鼓太郎はカニ挟みからファンネル(=619)。これをかわしたSUSHIは正面からキャッチすると、バックブリーカーからのコンプリート・ショット。
タッチを受けた佐藤はドロップキックからコーナーに飛び乗ってのダイビング・クロスボディー。ブレーンバスターを狙った佐藤は、鼓太郎が踏ん張ると首固めにスイッチ。キックアウトした鼓太郎にアームドラッグからドロップキックを叩き込んだ佐藤。10分が経過し、ブレーンバスターで今度こそ投げた佐藤はフォアアームを連打。

敢えて受け止めてからエルボー一発でダウンさせた鼓太郎は腰へのエルボーからボディスラム。そしてリング中央で逆エビ固め。その間に中島がSUSHIを場外に連れ出すが、佐藤は自力でロープに辿り着く。しかし鼓太郎はリング中央に引きずり戻す。それでも佐藤はもう一度ロープまで這って行く。
ロープを掴みながら立ち上がろうとする佐藤だが、鼓太郎はそこにファンネルを叩き込んで3カウント。場外ではなおもSUSHIが中島を鉄柵に叩き付けていくが、鼓太郎は佐藤を抱き起こすと握手をして健闘を称えた。

<試合後コメント>
鈴木鼓太郎&中島洋平
ーー今日は鼓太郎選手が全日本プロレスを離れると発表してから初めての試合となりましたが。
鼓太郎「まったくブーイング的なものがなかったんで。お客さんは温かいなと改めて思いましたね」

ーーそれはこれまで鼓太郎選手が見せてくれた試合の数々からによりものではないでしょうか?
鼓太郎「そう感じてもらえてるんだったら、今まで頑張ってきた証としてうれしいですね。やっぱり洋平とも短い期間かもしれないけど試合で教えてやりたいなと思います」

ーー今シリーズは最後の所属としての参戦として、どのような気持ちで?
鼓太郎「いやもう全力で完走あるのみです。最後だから手を抜いたなんて思われたくないし、そのつもりもないしね」

ーー中島選手からすると目標であり、パートナーであった鼓太郎選手との別れは残念な気持ちかと思いますが?
中島「そうですね。よくプロレス人生って言いますけど、人生と一緒で親がいなくなっても恋人と別れても友達と喧嘩しても、人生って続いていくわけじゃないですか。生きていかないといけない。それと同じで俺のプロレス人生だってここで終わるわけじゃない。全日本プロレスだって終わるわけじゃない。だから今度俺が鼓太郎さんと試合をするときは僕が世界ジュニア(王者)になって鼓太郎さんを迎え撃つ。それくらいの気持ちでいきますよ。槇原敬之の『遠く遠く』という曲の歌詞が好きで。遠くにいる人に自分の場所を伝えるって。鼓太郎さんがどこに行っても僕の活躍、成長を必ず届けますんで」
鼓太郎「世界ジュニアと言ったからにはね」
中島「世界ジュニアもそうですし、GAORA(TV王座)ももっともっと盛り上げる。ドンドンドンドン上を目指していきますよ」
鼓太郎「GAORAもあれだけSUSHIが来てるんだから。欠場したものと欠場しないで頑張ってきたものの差を見せろ」
中島「とにかく今いる選手、残ったスタッフ。そして応援してくれるお客さんがいるんで、そのお客さんの熱をもっともっと高めて、全日本で頑張っていく。それだけです」

第3試合

2015-11-23全日本プロレス後楽園_第3試合12.15ファン感謝デー後楽園大会を最後に退団することが決まっている金丸が渕、井上と組み、変態自衛隊+ドリーという異色トリオと対戦。奇しくも揃えたかのようにEvolutionカラーのブルーのコスチュームにウィンドブレーカー姿で登場したドリーは、何度もガッツポーズをしてリングサイドを一周してからリングイン。
しかも自ら先発を買って出たドリーは渕を相手に、ロックアップからハンマーロックに捉えると、足をかけて倒してから腕を固めていく。さらにロープに飛ばしたドリーはカウンターエルボー。

タッチを受けた金丸をガブっていったドリーはいきなりダブルアーム・スープレックスの体勢。金丸が踏ん張るとドリーはエルボーを連打していき、青木にタッチ。ドリーとダブルのクローズラインを決めた青木に対し、金丸はショルダータックル。しかし青木もすぐにカウンターのドロップキックを返す。
金丸が井上にタッチすると、青木は光留にタッチ。腰にミドルキックを叩き込んだ光留は、12.1シュートボクシング出場に向けてなのか、ウェービングしながら距離を詰めるが、井上は猫だまし。さらに自軍のコーナーに押し込んでいってサミングを見舞ってから渕にタッチ。

渕のドロップキックを自爆させた光留にブーイングが飛ぶと、控えの青木も「しょうがない!」とフォロー。さらに光留は容赦なくミドルキックを叩き込んでいくとバックドロップの体勢。どうにかヘッドロックパンチで脱出した渕は、京平レフェリーにパーで殴ったとアピールすると、見ていないところでなおもヘッドロックパンチ。
するとドリーが手を伸ばしてタッチをリクエスト。しかし渕はタッチさせる前に光留をボディスラムで叩き付けていく。2発目のボディスラムで叩き付けたところに青木が入って来ると、渕はヘッドロックパンチから青木にもボディスラム。

そこにドリーが入ってくると、さすがに逃げる渕。京平レフェリーから「ドリーにも行けよ!」と言われた渕は意を決して、サミングからガットショットをお見舞いすると、ドリーにもボディスラム。これに怒ったドリーは渕の足をすくって倒すとスピニング・トーホールド。
しかしタッチしていないため、青木がドリーをコーナーに連れて帰る。その間に渕は試合の権利がある光留に滞空時間の長いボディスラムを決めてから金丸にタッチ。ヒザへの低空ドロップキックからダイビング・クロスボディーを決めた金丸。

10分が経過し、金丸はハリウッドスタープレスを投下するがカウントは2。金丸のブレーンバスターをワキ固めで切り返そうとした光留だが、下から蹴り上げた金丸はロープへ。しかしニールキックを叩き込んだ光留は青木にタッチ。走り込んできた青木にフラップジャックを決めた金丸は井上にタッチ。
串刺しラリアットからショートレンジラリアットを連打した井上はミリオンダラーバスター。そして腕をブンブン回しながら青木が立ち上がってくるのを待っていた井上は、ようやく立ち上がってきた井上にオリャーラリアット。

だが、光留がカウント2でカットするとアルゼンチン・バックブリーカーを狙うが、青木は防御してからドロップキック。ミサイルキックを発射した青木はバックドロップの体勢。しかし井上はサミングから首固め。カウント2で青木が返すとラリアットを叩き込むが、光留がカット。ならばと回転エビ固めを狙った井上だが、青木は腕十字で切り返す。
光留は金丸にアキレス腱固め、さらにドリーが渕にスピニング・トーホールドを決めてカットを阻止すると、井上がタップアウト。テキサス変態自衛隊が勝利した。

<試合後コメント>
金丸義信
ーー退団発表後初の試合ですが。
「そうですね、発表しましたけど、まあいつもと変わらぬ感じでやってましたけどね」

ーー特にブーイングとかもなく。
「そうですね、まあブーイング受けるまでの選手じゃないんじゃないですか?(苦笑)」

ーースッキリしている感じですが
「そうですね。まあ、発表したことによってそういう部分はあるので、もうあとは残された全日本での試合、12月15日まで、ファン感謝祭までいつも通りやっていくだけなんで。あとは何も変わらないですね」

青木篤志&佐藤光留
ーー2人が生まれる前から世界王者だったドリーさんとタッグを組んでいる姿を見て、本当にすごい世界だなって思いました。
青木「本当にすごい世界だね」
光留「でも関係ないでしょう。俺たちは今の全日本を生きているんだから。ドリーさんも今の全日本を生きているんだから。それだけですよ」
青木「別にね。ふつうに考えたらありえないかもしれないけど、それがあるのが今の全日本のリングだから」
光留「いいことも悪いことも、明日のことなんて誰もわからないんだから。じゃあ自分たちで作っていこうよ」

ーーシリーズ前に何人か離脱を発表する選手もいる中で、まさに今の言葉通り明日を自分たちで作っていくという2人ですが?
光留「でもわからないでしょう。『よし、俺たちが明日から頑張っていくぞ!』って言っても結局明日になってみないとわからないから。ただ、今言えることは全日本ジュニアを作ってきたのは鈴木鼓太郎じゃないよ。金丸義信じゃないよ。青木篤志なんだ。それに俺は賛同して一緒にやろうよって思ったわけだから。今日は偉大なるマスターと一緒だったけど、リングに俺たち(がシングルマッチで闘うのに)2人きりになった時は、それはそれで青木さんも覚悟してほしいですね。それを望んでいるだろうし」

ーーただ今の全日本ジュニアは2人が突出した存在になってしまっているのは間違いないことです
青木「別に。俺が全日本プロレスに上がるようになってから、全日本って安定したことは一回もなくね? 今回こうやって退団とかで大きな事件とかになっているけど、はっきり言って大きな事件ってこの数年でどれだけあるんだって話でさ。もうはっきり言ってその揺れを止めようとは俺はしていないんで。しょうがないよ。揺れはずっと続いてるわけだから。だったらそれをうまく乗りこなして。なんだったらその揺れをうまく使ってさ、面白くやっていくことしか考えていないから。俺自身ももう残留するのは決めてるけど」
光留「辞めることが当たり前だと思われてるんだよ。ふざけんなよ!」
青木「逆にこうだからこそここは面白いんじゃない? 面白くできるんじゃない? 今は面白くないかもしれないけど、これを面白くさせていく。お客さんにそこを期待して見てもらう。それを俺らが作り出す。もう一度それを俺らがもう一度やるいい機会だと思ってるから。マイナスに考えればマイナスにしかならないけど、プラスに考えればプラスにしかならないから。俺は全然いいと思うよ、好きにやれば。俺にだって俺の考え方はあるわけだし(笑)。非難されてもいいし、非難されなくてもいいし。とにかく俺は今日も全日本プロレスに来てくれて、応援してくれて、声をかけてくれるお客様がいるって事が一番大事なことだと思うよ。そこを大事にする。一番大事にしなくちゃいけない事を、認識をすることができたっていうのはいい事だと思う。前を向いて、とにかく突き進んでいきたいと思います。というか、とにかく今日はドリーさんのハッスルぶりにびっくりして(笑)」
光留「悔しいですよね! 野村、青柳が世界最強タッグに出ているのも悔しいし、佐藤っていう若いのが『俺が俺が』ってなっているのも悔しいし。やっぱり前にごっそり人がいなくなった時に、全日本ジュニアの枠にスッと入ってガッと上に行った本人だからわかるけど、いつ誰が今のジュニアで上がっていく状況なのかはわかんないから。来たヤツは全員ぶっ潰しにいくから、潰すつもりで来てほしいよね。ドリーさん見ていてジェラシーが沸いたですね」
青木「湧いた」
光留「落ち込んでいる場合じゃないよ」
青木「いや、いい時にいい人に刺激をもらった。まぁこれを糧に、俺らは最強タッグはないけど全日本を盛り上げるという気持ちは間違っていないし。それしかないから。頑張っていきましょう!」
光留「青木さんも出ましょう! キックボクシング!」
青木「……俺、ヒザやってるんだわ」
光留「いやこの前『ハードヒット』でめっちゃストレート伸びてたじゃないですか」
青木「覚えてない(苦笑)」
光留「わかりました(苦笑)」

第4試合

2015-11-23全日本プロレス後楽園_第4試合アゴ髭を蓄えたジェイクは握手を求めてきた吉江に対し、太々しい態度で握手に応じてみせた。手四つの力比べから吉江が押し込んでいくが、背中の筋肉を盛り上がらせながら押し返していくジェイク。ロープに押し込んでいった吉江に対し、ジェイクはローキックの連打からショルダータックル。
倒れない吉江は走り込んできたジェイクを逆にシュルダーブロックでなぎ倒す。ひとまず場外にエスケープしたジェイクがゆっくり休んでいると、吉江が場外に追いかけていく。そこで先にリングに戻ったじぃえくは「吉江、来い」と挑発。

吉江がエプロンまで上がってきたところでフロントキックを叩き込んで場外に落としたジェイクは、鉄柵に投げつけてから蹴り飛ばす。吉江をリングに戻したジェイクはボディスラムを狙うが、これは上がらない。逆にボディスラムで叩き付けていった吉江は、ヒッププッシュからコーナー下にジェイクを座らせると、踏みつけてから尻を押し付ける。
ジェイクもエルボーを打っていくが、ラリアットでなぎ倒した吉江はショルダースルー。そこから逆エビ固めに捉えた吉江。ジェイクが腕立てでロープに逃れようとすると、逆片エビ固めにスイッチして腰を落とすが、ジェイクはどうにかロープに逃れる。

逆水平チョップ合戦になると、吉江がジェイクをコーナーまで追い詰めて逆水平チョップを連打してからコーナースプラッシュ。さらにジェイクの腰が落ちたところにスティンクフェイス。超低空サマーソルトドロップを決めた吉江は、ジャンピング・ボディプレスを投下。これをかわしたジェイクは串刺しエルボーからミドルキックを連打。
回転エビ固めを狙ったジェイクにヒップトスを落とした吉江だが、かわしたジェイクはランニングロー。さらにニーリフトからDDTを決めたジェイクはバックドロップの体勢。しかし吉江は投げさせずにロープに飛ばす。ここでジェイクはジャンピングミドルを叩き込むと、バックを取って投げようとするが、吉江がバックを奪い返す。

するとジェイクはビクトル投げからヒザ十字固め。必死にロープに逃れた吉江だが、ジェイクは「投げるぞ!」と叫んでサイドスープレックスの体勢に。気合いもろとも持ち上げたが、吉江が体重をかけて押し潰す。すかさずコーナースプラッシュからアバランシュホールドで叩き付けた吉江はジャンピングエルボードロップ。
10分が経過し、カウント2で返したジェイクだが、吉江はダメ押しのジャンピング・ボディプレスを投下して3カウント。

<試合後コメント>
ジェイク・リー
ーー今回は野村、青柳選手が最強タッグ出場ということで、ジェラシーも感じているのではないですか?
「ずっと引きずっていられないんでね。それ以外にもいろいろあるから。僕は自分の闘いを展開していくだけです。周りはどうあれ関係ない。相手もどうであれ関係ないです」

ーーこの状況だけに若い選手への期待も大きくなると思いますが?
「試合をやって思うところもあったし、もうちょっと、もうちょっと時間をかけて。そんな悠長な時間は作れないけれど。でも大丈夫。勝てる。俺ならできる」

第5試合

2015-11-23全日本プロレス後楽園_第5試合①全日本に入団したゼウスとしてはボディガーとのザ・ビッグガンズでそろそろ結果を残したいところ。しかし初戦は全日本に進撃してきた石川&誕期の大巨人コンビ。ザ・ビッグガンズはロード・ウォリアーズのテーマ曲である『アイアンマン』で入場。
誕期が握手を求めていくと、その手を払ったボディガー。そしてゼウスvs.石川の先発で試合開始。両手を広げて手四つでの力比べを要求したゼウスに真っ向から挑んでいった石川。ゼウスがパワーで押し込んでいくが、石川はトーキックからヘッドロック。ロープに振ったゼウスにショルダータックルでぶつかっていった石川だが、ゼウスは倒れない。

ゼウスのショルダータックルは石川も受け止めていき、お互いにぶつかり合ってから石川のショルダータックルでゼウスがなぎ倒される。ここでボディガーと誕期がリングイン。ロックアップから誕期がロープに押し込んでいくが、ここはクリーンブレイク。再びロックアップすると、またも誕期が押し込んでいくが、体勢を入れ替えたボディガーは離れ際に逆水平チョップ。
続くショルダータックルは誕期が受け止める。ならばとボディスラムを狙ったボディガーだが、踏ん張った誕期は突っ張り電車道からコーナースプラッシュ。これをかわしたボディガーは、その勢いを使ってボディスラムで叩き付けることに成功

誕期を場外に連れ出すとゼウスが鉄柵攻撃。さらに救出に来た石川をボディガーが鉄柵に投げつける。ゼウスは誕期を会場の壁や鉄柱に叩き付けてからリングに戻す。そこからラリアットでなぎ倒したゼウスは、ボディガーにタッチ。ハンマーを振り下ろしたボディガーは逆水平チョップからサッカーボールキック。
スリーパーに捉えたボディガーだが、これは石川がカット。ボディガーはゼウスにタッチすると2人がかりでダブルタックル。逆水平チョップ合戦を挑んでいった誕期は、突進しようとしていたゼウスに人間魚雷をお見舞い。

タッチを受けた石川は串刺しラリアットからコーナー二段目からのダイビング・フットスタンプを投下。そこから逆水平チョップの打ち合いになると、続いてラリアットの相打ちに。ゼウスはロープに飛んで憩いをつけたラリアットを狙ったが、相打ちに持ち込んだが、ゼウスはそこから石川の巨体をブレーンバスターで投げてみせる。
2015-11-23全日本プロレス後楽園_第5試合②10分が経過し、走り込んできた石川をバックフリップで叩き付けたボディガーはゼウスと一緒にダブルタックルで石川をなぎ倒すと、合体式チョークスラムで叩き付ける。ボディガーはダメ押しのラリアットを叩き込む。だが、石川もラリアットを狙ったボディガーにニーリフトを叩き込むと、続けてラリアットからランニング・ニーリフト。

カウント2でゼウスがカットしたが、石川は張り手からローリングの張り手。さらにファイアーサンダーで叩き付けるが、ボディガーもカウント2で返す意地を見せる。ならばと石川はもう一発ランニング・ニーリフトをブチ込んで3カウント。
白星発進となった石川は引き上げようとするゼウスに詰め寄っていく。両者の対決は今後も続きそうだ。

<試合後コメント>
ゼウス
ーー今の厳しい状況の中では今回の敗戦は普段の負け以上に大きいのではないでしょうか?
「開幕戦の後楽園は絶対に勝たないかん試合だったからね。結構厳しい敗戦ですね。すいません」

ーー今回が所属としては初参戦となる最強タッグです。気持ち的にも……
「そうですね。より一層気を引き締めて迎えなければね。自分のチームのいいところ、悪いところをもうちょっと把握してね。そこを強化していかなければなかなかこの先、(上に)行ける可能性も難しいのかなって。ちょっとまた2人とも気を引き締め直して」

ーー今シリーズの開幕前に離脱する選手が発表されましたが……
「まぁまぁ! それはみんな同じ条件なんで、全日本所属のみんながそれで全員が気持ちは落ちてると思うんですよ。落ちないわけがないんでね。でもそれを試合に影響は出したくないですよね。自分の問題なんでキツイ事があっても、自分らがプロレスラーとして、いい仕事をして自分に厳しくなければアカンという、そうじゃないと結果も出ないんでね。より一層引き締めていかなアカンなと思いましたね」

ーーこれをピンチと捉えるか、チャンスと捉えるかで大きく違ってくるかと思いますが?
「今の全日本の状況自体はピンチでありチャンスだと思いますけど、僕らは(チームとしては)初めはスタートダッシュにコケたって感じですよね。ピンチってほどでもないし。ただスタートダッシュでコケたってことは間違いないんで。ここから気を引き締め直して頑張るのみですね」

第6試合

2015-11-23全日本プロレス後楽園_第6試合①開幕戦のメインは前年度優勝者である秋山&大森のワイルドバーニングvs.諏訪魔の呼び掛けによって実現することになった諏訪魔&宮原と超党派タッグ。Xceedが発展的解消をしたからといってEvolutionに入るわけでも、諏訪魔の下につくわけでもなく、あくまでも対等な立場で諏訪魔と組むことを承諾した宮原。
まずはその宮原が入場してくると、続いて諏訪魔がそれぞれ自分のテーマ曲で入場。リングインした諏訪魔は宮原と一瞬睨み合いになったあとニヤリ。続いて大森が入場すると、最後に揺れる王道マットを支える大黒柱である秋山が威風堂々と入場。

会話と握手をかわしたワイルドバーニングに対し、諏訪魔が握手を求めても無視して先発で出ていく宮原。まず秋山とロックアップしてからロープに押し込んでいった宮原はクリーンブレイク。秋山はショルダータックルでなぎ倒すとエルボードロップ。これをかわした宮原はフロントキックを出すが、秋山も紙一重でかわしてみせる。
バックを取った宮原だが、秋山は自軍のコーナーまで押し込んで大森にタッチ。すると大森は控えの諏訪魔を指名。諏訪魔はタッチを求めるが、宮原は無視。バックを取った宮原だが、大森がロープを掴むと諏訪魔が宮原の体に触ってタッチ。

ショルダータックルを狙った大森をスリーパーで捕まえた諏訪魔はショルダータックル。しかし大森もアームホイップで投げていく。ロックアップからロープに押し込んでいった諏訪魔は離れ際にエルボー。大森はチョップを打っていくが、諏訪魔はダブルチョップ一発でなぎ倒すと、ジャンピング・エルボードロップ。
ここで宮原も勝手に諏訪魔の体を叩いてタッチ。「ああ、そうかい」という表情でコーナーに戻る諏訪魔を尻目に宮原にエルボースマッシュを叩き込んだ大森は秋山とダブルタックルを狙う。これを秋山へのフロントキックで迎撃した宮原は大森にもフロントキック。

さらに秋山にもう一発フロントキックを狙った宮原だったが、これを秋山がかわして控えの諏訪魔に誤爆させる。当然諏訪魔は宮原に食ってかかるが、宮原の背後から秋山がジャンピングニー。すると宮原は諏訪魔に激突してしまう。さらに秋山は宮原を場外に連れ出すと、鉄柵攻撃から外に出て床にDDT。さらに諏訪魔とやり合っていた大森が秋山に加勢すると、秋山は場外でパイルドライバー。
大ダメージを負ってリングに戻された宮原に、大森がジャンピング・パイルドライバー。さらに秋山が顔面へのバックエルボーから、コーナー下に座り込んだ宮原に串刺しランニングニー2連発からのパイルドライバー。グロッキー状態の宮原だが、何とか大森にチョップを打っていく。

しかしエルボースマッシュでカチあげた大森は、控えの諏訪魔にも一撃浴びせる。10分が経過し、秋山が宮原の腹部をニーリフトでカチあげ、たまらずしゃがみ込んだ宮原の顔面にニーを連打。さらに串刺しジャンピングニーからブレーンバスターの体勢に。これを逆に投げていった宮原はバックエルボーを叩き込むと、フラフラとコーナーまで後退。
ここで諏訪魔が勝手にタッチし、ジャンピングショルダー、串刺しラリアット、スロイダーと決めてからラストライドの体勢に。腰を落とした秋山はエルボーからヘッドバット。スリーパーで捉えた諏訪魔を投げてうっちゃった秋山はジャンピングニー。そこに大森が入ってきて串刺しラリアットを叩き込むと、秋山がランニングニー。

ついに宮原がカットに入ると、諏訪魔は一人でワイルドバーニングの二人に向かっていくが、秋山はエクスプロイダー。さらにヒザの連打からランニングニー。カウント2で辛くも返した諏訪魔だが、秋山はリストクラッチ式エクスプロイダーの体勢。ここで宮原が飛び込んできて二段蹴り式ニーでカット。
すると手を伸ばす宮原に諏訪魔が“正式”にタッチ。大森のヒザに低空ドロップキックを叩き込む、顔面にフロントキック、さらに串刺しジャンピングエルボーからノーザンライト・スープレックスで投げた宮原はバックを取る。エルボーで逃れた大森はアックスボンバーを狙ったが、飛び付いて引き込んだ宮原はスネークリミット(=三角絞めからの腕十字)。

大森がロープに逃れたところで15分が経過。宮原はバックを取るが、エルボーで逃れた大森はフロントキックからニールキック。そこに秋山が入ってきて控えの諏訪魔を攻撃してから宮原にトレイン攻撃。さらにワイルドバーニングはダブルのブレーンバスターを狙ったが、諏訪魔が飛び込んできて大森、そして秋山をジャーマンで投げ飛ばす。
諏訪魔の檄を受け、宮原は大森に串刺しニーからブレーンバスター。そしてバックを取った宮原だが、大森もエルボーで逃れると逆にフルネルソンスープレックスで投げ捨てる。その間、諏訪魔と秋山は場外乱闘。

2015-11-23全日本プロレス後楽園_第6試合②大森は串刺し式後頭部ラリアットから宮原をコーナーに乗せると、雪崩式バックドロップ。さらにアックス・ギロチン・ドライバーを完璧に決まるが、宮原はカウント2で返す。大森はアックスボンバーを狙ったが、腕でブロックした宮原はフロントキック。さらに二段蹴り式ニーを叩き込む。秋山がリングに戻ってくるが、諏訪魔がドロップキックで場外に追いやると、宮原は大森に超滞空ジャーマンスープレックス。
しかしカウント2で返した大森。ならばと宮原はシャットダウン式ジャーマンスープレックスホールド(=パッケージジャーマン)で投げていき3カウント! 最後は見事にワイルドバーニングを分断した超党派コンビが勝利して白星発進。

だが諏訪魔は宮原と一緒に勝ち名乗りを受けるのを拒否。握手もせず、お互いに見合った直後にニヤリと不敵な笑みを浮かべると、諏訪魔は宮原に背を向けて一人先に退場。一人リングに残った宮原はマイクを持って「今日は最後まで熱いご声援ありがとうございました! 最近は皆さんにリング以外のところで心配をお掛けして本当にすみませんでした! ただ! ただ! ただ全日本プロレスの明るい未来に向かっての針はもう動いています! 俺がこうやって今日、後楽園の最後のリングに立ってる、それがすべてですよ。明るいです! 最後は全日本プロレスらしく、明るく・楽しく・そして最高に盛り上がって終わりたいと思います。今日は最後までご観戦ありがとうございます。全日本プロレス、最高でしたか?(※観客「ワー」)聞こえないな? 聞こえない、聞こえないな? おかしいな? 全日本プロレス、最高でしたか?(※観客「ワァー!」)OK、ラスト! 全日本プロレス、最高でしたかー?(※観客「オォー!」)ありがとうございましたー!」と叫び、世界最強タッグ開幕戦を締めてみせた。

<試合後コメント>
秋山準
ーー秋山選手からすると諏訪魔選手と宮原選手がチームとしてちゃんと成立したのは誤算だったのではと思いますが?
「そうですね。でも誤算というか、健斗のスタミナかなぁ。あそこまで(あるとは)。もうちょっと途中で痛めつけておけばよかったかな。でも確かにこれだけ(リング上でマイクで)言ってるだけある(苦笑)。若さってすごいなって気がしますね。……以上です」

諏訪魔
「前年度優勝者に勝った。これは俺のおかげだ。いいじゃん。(宮原は)俺を利用すれば、こうやってな結果出せんだ。俺だから勝ったんだぞお前。よえーよえー。勝って酔いしれろ。まあいいよ、ノビノビやればいいよ。俺はそんだけだな」

ーーチームワークに関しては?
「見ての通りだよ。ただね、最後のほうね、中盤から終盤にかけては勝ちたいっていうね、所だけでタッチ行ったというかね。やっていかないとね、そうやって同じ意思にはならないんだよ。そこは、いいや、調子乗ってろよ。色々考えてやればいいよ。俺を利用すればいい。そんだけ」

宮原健斗
ーーチームワークが当初不安視されていましたが、問題なく勝利しました。
「協力してました? してないですよね」

ーーカットプレーぐらいはお互いに……
「腑に落ちないですけどね。まあ、僕は最初から言ってるとおり、彼とはリング上以外で会うつもりないし、意見も合うわけないし、身体がどう動くかのぶっつけ勝負なんで、あの人となんも話すことはないです。ただ! 優勝目指してるんで。一人でも優勝するつもりなんで。奴がどう考えてるのか知らないけど、彼とはリング上で一回、眼と眼が合えばいいんじゃないですか?」

ーー厳しい状況の中、全日本プロレスを変わらず応援してくれるファンには最高の試合を見せたいという気持ちは変わらないんじゃないでしょうか?
「僕は色んな報道がある中、僕は特にそういうことには触れなかったですけど、僕のモットーとして、やっぱプロレスラーっていうのはコメントも、喋りも大事だけど、やっぱリング上で気持ちを表現するのが僕が憧れてたプロレス感なんで。それはリング上で言ったことがお客さんに対して全てですね。ただ、こうやって諦めずに後楽園ホールに来て、笑顔で帰ってもらう事が今日の僕のテーマだったんで、それはできたかなと僕自身では納得してます。勝ちと同じぐらい納得してます」

ーーこれで二人が仲間割れした姿を見せられたらお客さんもガッカリするところでした
「そうですね。僕から言わせるとそれも含めて楽しんでくださいという感じですかね。とにかく、もう、今日を皮切りに全日本プロレスは明るい明るい、明るい未来へ、未来への時計はもう進んでるんで。もう今日が、新たな、僕にとってのスタートです。優勝目指します!」

関連記事

サイト内検索

日別

2018年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

月別

ページ上部へ戻る