大仁田がFMW 6.25新宿大会でハンディキャップマッチを要求してきたW★INGモンスター軍に対し「何でも受けてやる!」と返答

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

超戦闘プロレスFMWの『FMW復活シリーズ vol.3』は6月20日の長野大会で開幕し、6月25日の新宿大会を経て、6月30日の名古屋大会で最終戦を迎える。
5.20新宿大会での流れを受け、天王山となる6.25新宿大会では、FMW軍とW★INGモンスター軍がお互いの旗を懸けて、フラッグ・コントラ・フラッグ〜ストリートファイトトルネード8人タッグ有刺鉄線ボードデスマッチで激突する(大仁田厚&田中将斗&保坂秀樹&五所川原吾作vs.村上和成&NOSAWA論外&W★ING金村&バッファロー)。

6月11日、都内で決起したW★INGモンスター軍は、FMW創始者・大仁田を挑発するコメントを発表した。
そこで、FWWプロモーション事務局では、同16日、渦中の大仁田をキャッチ。W★INGモンスター軍から出された挑発に対する回答を求めた。以下、大仁田との質疑応答。

ーー6.25新宿では両軍の旗を懸けて、8人タッグで対戦しますが、NOSAWA論外選手が“ハンディキャップマッチ”を要求してきましたが…
大仁田「ハンディキャップマッチ? 何でもいいよ! 受けてあげるから。誰でもいいから、好きな奴を連れて来いって!」

ーー5.20新宿では、身長2メートル級のジェイソンも乱入してきましたが…
大仁田「ジェイソン? 正体はアイツしかいないだろ? もし、ジェイソンが出てきたら、お面を剥がして、正体を暴いてやるから、来るなら覚悟して来い!」

ーーNOSAWA選手は「6月シリーズでFMWを終わらせて、7月はW★INGモンスター軍の旗揚げにする」と発言していますが…
大仁田「バカ言うなって! FMWがなかったら、W★INGはなかったんだよ。(ミスター)ポーゴだって、松永(光弘)だって、そうだよ。そこから出てきた金村だってそうだよ。FMWがあったからこそ、W★INGが生まれた。FMWはそんな簡単には潰れないんだよ! そうだろ?」

ーーはい。そうですね。
大仁田「FMWとW★INGでは歴史が違うんだよ! PRIDEやK-1はなくなったけど、プロレスはなくなってないだろ? FMWも一緒だよ。それが歴史って、ものなんだよ。アイツらにはFMWの歴史の重みを分からせてやるから!」

ーー金村選手は「有刺鉄線バットは、俺が考えたもの」と発言していますが…
大仁田「バカヤロー! もともと、有刺鉄線をリングに持ち込んだのは俺であり、FMWだろうが! そこから、パクったんだろ! そもそも、W★INGはFMWの子どもみたいなものなんだから、子どもは親の言うことをよく聞けや!」

ーー6.25新宿ではたとえ、ハンディキャップマッチになろうと、W★INGモンスター軍を潰すと…?
大仁田「そうだよ。W★INGモンスター軍よ、よー聞けや! あんまり、ゴチャゴチャ言うなって! いいか、FMWの歴史の重さを、よー分からせてやるから! 6.25新宿では、アイツらを徹底的に叩き潰して終わらせてやるから!」

【記事提供/FMWプロモーション】

関連記事

サイト内検索

日別

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

月別

ページ上部へ戻る
×