SKE48荒井優希が2周年記念試合で坂崎&中島の強力コンビに惜敗!パートナーの伊藤麻希は「よくプロレスを続けたなと思う」と賛辞

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 東京女子プロレスが5月5日、東京・後楽園ホールで「YES! WONDERLAND '23」を開催。名古屋を拠点とする人気アイドルグループSKE48のメンバーで、プロレスラーとしても活躍する荒井優希が「デビュー2周年記念試合」に臨んで惜敗するも、成長の跡をしっかり残した。

 2021年5月4日、後楽園でのタッグマッチ(渡辺未詩&荒井VS伊藤麻希&遠藤有栖)でデビューした荒井は伊藤に完敗。その後、2019年3月19日、東京・両国国技館でインターナショナル・プリンセス王座をかけて一騎打ちするなど、何度も伊藤と戦ってきた。だが、この日は“記念試合”とあって、伊藤との初の純粋タッグで出陣。初代プリンセスタッグ王者組であり、久々のタッグ結成となる坂崎ユカと中島翔子の強力コンビと対戦した。

 荒井は坂崎に顔を踏みつけられるなど厳しい攻めを受けたが、中島にFinally(カカト落とし)を叩き込む。これはカットされたが、坂崎にビッグブーツ、フルネルソンバスター、サソリ固めと怒涛の攻め。坂崎との強烈なエルボーのラリーで倒されたが、立ち上がった荒井はビッグブーツ連発で意地を見せた。しかし、最後は坂崎のマジカルメリーゴーランドで捕獲され、記念試合を白星で飾ることはできなかった。

 惜しくも敗れた荒井は「2年があっという間すぎて。ホントに楽しんでやってたんだなって今日も思って。負けたけど伊藤さんと組めたのもうれしかったし、今まで以上に今日は負けたくなかった。ユカさんと中島さん、すごい強いのは分かってたけど、2人に勝ちたい気持ちが大きかった。最後まであきれずに頑張れたかなと思う。それは2年の成長かなと思うんで、3年目に期待です。頑張ります」と話した。

タッグを組んだ伊藤は「よくプロレスを続けたなと思うよ。デビュー戦のとき、すぐやめるだろうなって思ったから、ビックリした」と賛辞。荒井が「伊藤さんと組んでみたい気持ちがあった」と告白すると、伊藤は「今、山下(実優)いないから、組んであげてもいいよ」とまんざらでもない様子だった。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  

月別

ページ上部へ戻る