白川未奈をボコボコにした女王様レスラーが待望の復帰戦を前に大富豪王者の乳首をムチでしばき倒す

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 2日、都内・ベストボディ・ジャパンオフィスにて、ベストボディ・ジャパンプロレスが5月9日に新宿FACEにて開催する『ベストボディ・ジャパンプロレスリング~BBJ SATSUKI 2023~』についての記者会見を実施。

 ベストボディ・ジャパンプロレスリング(BBJ)とは、『トレーニングの文化、身体づくりの文化をもっと日本中に広めたい』という思いから発足。47都道府県全てで開催するまでに成長した『ベストボディ・ジャパンコンテスト』を起点とし、元DDTプロレスの谷口智一ベストボディ・ジャパン協会代表が「プロレス界でも健康美や肉体美を活かして活躍する選手がベストボディ・ジャパンから出てきてもいい」という想いを持って2018年8月に旗揚げしたプロレス団体。

 日々ボディメイクに取り組む人材を積極的にプロレス界に勧誘し、2021年には当時58歳の生え抜き選手である吉田和彦が誕生。60代になっても最前線で闘い続けるゴージャス松野とタッグ王座を戴冠するなど幅広い選手層がリング上で活躍中であり、生え抜き女子選手の竹林早苗が最大手女子プロレス団体・スターダムの若手興行『NEW BLOOD』へ出場するなどプロレス界でも注目度が高まりつつあり、スターダムでワンダー・オブ・スターダム王座(白いベルト)も戴冠した白川未奈のデビュー団体としても再注目されている。

 さらに、当団体では2022年から“コンテスト文化とプロレス文化の融合”を掲げ、本家コンテストには無い『セクシーボディコンテスト』を大会内で開催。男子部門・女子部門とそれぞれ開催されており、プロレス界よりも広大なコンテスト界から集客することに成功し観客数は回を追うごとに増加。このコンテストをきっかけに芸能界からスカウトの声がかかった参加者もいるなど熱い注目を集めている。


 今大会では、鍛え抜かれた男の肉体にムチを振るうBBJの女王様である“エリナ様”こと山中絵里奈が約1年4ヶ月の欠場から復帰。
 エリナ様は、かつて白川未奈とタッグを組んでいたものの、ヒールターンして白川を裏切り下僕の白豚たちとともにボコボコに。その後はシングルマッチで打ち破って当時白川が保持していたBBW女子王座を奪い取った過去もある。

 エリナ様は、たけしプロレス軍団(TPG)出身のダンカンが組織した“ダンカンプロレス軍団(DPG)”の一員として闘ってきたが、欠場中にDPGの大石真翔&大和ヒロシがラグジュアリー吉田率いる“CLUB LUXURY”に引き抜かれる形で離脱したことにお冠。
 
 エリナ様の復帰戦は大石とのシングルマッチに決まり、会見に出席したエリナ様は、「一体誰の許可を得て飼い主を変えたのかしらね?主人であるこの私に不義理を働いた大石には、このエリナ様がた~っぷりお仕置きしてあげる。しつけの足りないワンちゃんがどういう罰を受けるのか……5月9日は新宿FACEに来てその目で確かめなさい」と高笑い。

 そして、Tシャツの販促のために上半身裸でいたラグジュアリー吉田に対し、「アンタ、試合では反則ばっかりするくせに会見では販促ばっかじゃない!アンタがウチの大石と大和をたぶらかしたんでしょ!この欲しがり乳首が!」と罵倒しながらムチで乳首をしばき倒した。
 現無差別級王者をムチ一本で快楽の沼に沈めたエリナ様がリング上ではどのような強さを見せるのか。5月9日の新宿FACE大会での復帰戦に期待が集まる。


『ベストボディ・ジャパンプロレスリング~BBJ SATSUKI 2023~』
日程:2023年5月9日(火)
開始:19:00
会場:東京都・新宿FACE

▼エキシビジョンマッチ
ジ・インテリジェンス・センセーショナル・グランドパッションマスク4号(チームでら)
vs
水沼太一(練習生)

▼SEXY BODY JAPAN
・ベストぽっちゃりジャパンコンテスト〈男女両部門開催〉
・セクシーボディジャパンコンテスト〈女性部門のみ開催〉

▼タッグ4WAYマッチ
チェリー(フリー)/石井慧介(ガン☆プロ)
vs
赤井沙希(DDT)/高尾蒼馬(DDT)
vs
竹林早苗/木村昌嗣
vs
しゃあ(愛媛)/ライジングHAYATO(愛媛/全日本)

▼山中絵里奈復帰戦
大石真翔(DDT)
vs
山中絵里奈withマダムK・ビューティーゴリ子

▼ベストボディ軍vsベストぽっちゃり軍・全面対抗戦 6人タッグマッチ
ベストボディ・ベイダー/諸橋晴也(フリー)/鈴木悟(フリー)
vs
政宗(フリー)/前口太尊(飯伏プロレス研究所)/アントニオ小猪木(西口)

▼ベストボディ軍vsベストぽっちゃり軍・全面対抗戦
谷口智一/ゴージャス松野(DDT)/遠藤哲哉(DDT)/唐澤志陽
vs
アジャコング(OZアカデミー)/アブドーラ・小林(大日本)/男色ディーノ(DDT)/大鷲透(フリー)

▼BBW無差別級選手権試合
【第4代王者】ラグジュアリー吉田withマサミ・ミカ
vs
【挑戦者/ベストぽっちゃりジャパン】伊橋剛太(DDT)
※吉田は2度目の防衛戦

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別

ページ上部へ戻る