【会見全文】エリナ様が待望の復帰を前にラグジュアリー吉田の乳首にお仕置き!ぽっちゃり軍に初参戦のアジャコング&アブドーラ・小林にベストボディ軍が対抗心剥き出し!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 2日、都内・ベストボディ・ジャパンオフィスにて、ベストボディ・ジャパンプロレスが5月9日に新宿FACEにて開催する『ベストボディ・ジャパンプロレスリング~BBJ SATSUKI 2023~』についての記者会見を実施。

 ベストボディ・ジャパンプロレスリング(BBJ)とは、『トレーニングの文化、身体づくりの文化をもっと日本中に広めたい』という思いから発足。47都道府県全てで開催するまでに成長した『ベストボディ・ジャパンコンテスト』を起点とし、元DDTプロレスの谷口智一ベストボディ・ジャパン協会代表が「プロレス界でも健康美や肉体美を活かして活躍する選手がベストボディ・ジャパンから出てきてもいい」という想いを持って2018年8月に旗揚げしたプロレス団体。

 日々ボディメイクに取り組む人材を積極的にプロレス界に勧誘し、2021年には当時58歳の生え抜き選手である吉田和彦が誕生。60代になっても最前線で闘い続けるゴージャス松野とタッグ王座を戴冠するなど幅広い選手層がリング上で活躍中であり、生え抜き女子選手の竹林早苗が最大手女子プロレス団体・スターダムの若手興行『NEW BLOOD』へ出場するなどプロレス界でも注目度が高まりつつあり、スターダムでワンダー・オブ・スターダム王座(白いベルト)も戴冠した白川未奈のデビュー団体としても再注目されている。

 今大会では、7月の5周年記念大会を前に豪華カードが並び、“ベストぽっちゃりジャパン”の援軍としてアジャコング、アブドーラ小林が初参戦。ぽっちゃりの地位向上を掲げる伊橋剛太が提唱したベストぽっちゃりコンテストが開催されるとともに、伊橋もBBJの至宝・BBW無差別級王座に挑戦するなど、“ぽっちゃり”にスポットライトが当たる大会だ。


 会見には、谷口智一CEO、BBW無差別級王者のラグジュアリー吉田、唐澤志陽、エリナ様こと山中絵里奈が出席。
 各選手が試合に向ける意気込みを語った。

▼ベストボディ軍vsベストぽっちゃり軍・全面対抗戦
谷口智一/ゴージャス松野(DDT)/遠藤哲哉(DDT)/唐澤志陽
vs
アジャコング(OZアカデミー)/アブドーラ小林(大日本)/男色ディーノ(DDT)/大鷲透(フリー)

谷口「お忙しい中お集まりいただきありがとうございます。まずは代表として大会の概要を述べさせていただきますと、今回は伊橋選手の強い希望からぽっちゃりのコンテストが開催されることになりました。我々も競技としてのコンテスト道を追究している身ではありますが、ことプロレスのリング上においては肉体美の基準は違うのではないかと思います。
 節制して絞られた肉体美とは別に、分厚い筋肉の上に脂肪をまとったプロレスラーの肉体も美しいと思いますし、それと同じく不摂生のもとに育まれた破戒的で豊満な肉体にも美を見出していかなければならないのではないか……そう思い立ちました。多様化していく“美”に目を向け、『こういう身体が美しいんだ』という固定化した価値観を打ち破っていくためにも、このぽっちゃりコンテストをその第一歩としていきたいと思います。
 あとは、僕が出る試合についてですね。ベストボディ軍vsベストぽっちゃり軍全面対抗戦ということで。先程『ぽっちゃりの肉体美を見出していきたい』とは申し上げましたが、我々もベストボディの誇りを持って身体を作ってきました。どちらの肉体が美しく、強く、そして気高いのかを、試合を通して皆さんに見て頂けたらと思います」

唐澤「いやあ、なんスかね、このカードは。僕はね、ぽっちゃりが嫌いなんですよ。特にぽっちゃりした女が嫌いなんです。マジ無理。なんだアジャコングって。顔もかわいい、声もかわいい、本名(宍戸江利花)もかわいい。……正直メチャクチャタイプだよ。なのにぽっちゃりしてんだよ。台無しだよ。僕がね、アジャコングとバッチバチの激しい試合をして痩せてもらって、俺好みの女にして口説きたいと思います。以上です」

▼山中絵里奈復帰戦
大石真翔(DDT)
vs
山中絵里奈withマダムK・ビューティーゴリ子

(※テーブルの上に唯我独尊といった様子で座りながらコメント)

エリナ様「…………。」

――エリナ様、約1年4ヶ月ぶりの復帰戦ですが、今の心境は
エリナ様「別に」

――エリナ様、この卑しい豚めにお言葉を賜ることは出来ますか?
エリナ様「……良いでしょう。私がいなかった1年ちょっとの間に、私のかわいいワンちゃんたちがダンカンプロレス軍団を裏切ってラグジュアリーだかセレブリティだかにしっぽを振ったみたいじゃない?一体誰の許可を得て飼い主を変えたのかしらね」

(※ラグジュアリー吉田がエリナ様のおみ足をガン見していることに気付く)

エリナ様「何見てんのよこのスケベジジイ!アンタがウチの大石と大和をたぶらかしたんでしょ?!」

(※なぜか上半身をはだけていた吉田の乳首をエリナ様がムチでひっぱたく)

吉田「あぁっ!ダメですダメです乳首は……」
エリナ様「ちょっと見ない間に色気付いて。カタブツのロリコンおじさんかと思ってたら、最近ずいぶんと調子こいてるらしいじゃない?この欲しがり乳首が」
吉田「あっ、あっ、乳首はやめてください。昼からラグジュアリーな気持ちになってしまいます……」

エリナ様「まあ、いいでしょう。主人であるこの私に不義理を働いた大石には、このエリナ様がた~っぷりお仕置きしてあげる。しつけの足りないワンちゃんがどういう罰を受けるのか……5月9日は新宿FACEに来てその目で確かめなさい。そうそう、私の復帰を祝う紙テープを投げてもいいわよ?」

――やはり、復帰戦では紙テープを投げてほしいでしょうか
エリナ様「……まあ、投げても良いんじゃない?投げてほしいってわけじゃないけど、投げたいって言うなら止めないっていうかね?私のファンも投げたくてウズウズしてるでしょうしね?それなら仕方ないから許してあげようっていうかね?」

――谷口会長、当日の紙テープ投げ入れはOKでしょうか?
谷口「新宿FACEさんと最終確認はしますけども、団体としては今大会から紙テープの投げ入れを解禁するつもりでいます。是非山中選手の復帰を紙テープでお祝いしてあげてください」


▼BBW無差別級選手権試合
【第4代王者】ラグジュアリー吉田withマサミ・ミカ
vs
【挑戦者/ベストぽっちゃりジャパン】伊橋剛太(DDT)

――乳首は大丈夫でしょうか
吉田「ふふっ、昼からとんだ幸運……おっと、災難でしたよ。」

――そもそもなぜ裸だったのでしょう
吉田「よくぞ聞いてくれましたね。(※パンツの中からTシャツを取り出して)BBJもようやくこのラグジュアリー吉田の価値に気付いたようでしてね。5月9日の新宿FACE大会からラグジュアリー吉田Tシャツが発売されることになりました。なんと税込4,500円。これはお得ですよ。Tシャツというのはですね、ロット数にもよりますが原価が●●●●円程度なところを、色数も多い高級プリントを施したこのラグジュアリー吉田Tシャツは原価▲▲▲▲円なので税込4,500円は相当にお得で……」
谷口「吉田さん!原価の話はやめましょう!?マスコミさん、ここはカットしてください」
吉田「……おっと、私としたことが。ラグジュアリーでは無かったですね。まあ、このラグジュアリーなラグジュアリー吉田Tシャツが税込4,500円で会場限定で発売されますからね。このラグジュアリーさを税込4,500円で身にまとうことが出来るのは最高にラグジュアリーですねえ」

エリナ様「アンタね、試合では反則ばっかりするくせに会見では販促ばっかじゃない!ナメてんの?」

(※エリナ様がムチで吉田の乳首をグリグリえぐる)

吉田「あぁっ!乳首はいけません!」

――そろそろ試合の話を……
吉田「おっと、取り乱しましたね。富も名声も手に入れると若い女性から辱めを受けることが快楽になるんですねえ」

――伊橋選手は前回大会で吉田選手から3カウントを取ってBBW6人タッグ王座を奪っての挑戦表明です。BBWタッグ王座と合わせて2冠王になり、勢いを増す伊橋選手をどのように迎え撃ちますか
吉田「伊橋選手はたしかに勢いに乗っていますが、そもそもこのリングはボディメイクに真摯に取り組む人間だけが上がれるリングだったはずです私にもベストボディ・ジャパンコンテスト、ベストボディ・ジャパンプロレスを支えてきた誇りがありますから、ぽっちゃりに負けるわけにはいきませんよ。伊橋選手には、ぽっちゃりコンテストは大いに盛り上げていただいて、その後の試合では私の前に倒れてご退場いただきましょう。ベストボディの底力をお見せしますよ」


『ベストボディ・ジャパンプロレスリング~BBJ SATSUKI 2023~』
日程:2023年5月9日(火)
開始:19:00
会場:東京都・新宿FACE

▼エキシビジョンマッチ
ジ・インテリジェンス・センセーショナル・グランドパッションマスク4号(チームでら)
vs
水沼太一(練習生)

▼SEXY BODY JAPAN
・ベストぽっちゃりジャパンコンテスト〈男女両部門開催〉
・セクシーボディジャパンコンテスト〈女性部門のみ開催〉

▼タッグ4WAYマッチ
チェリー(フリー)/石井慧介(ガン☆プロ)
vs
赤井沙希(DDT)/高尾蒼馬(DDT)
vs
竹林早苗/木村昌嗣
vs
しゃあ(愛媛)/ライジングHAYATO(愛媛/全日本)

▼山中絵里奈復帰戦
大石真翔(DDT)
vs
山中絵里奈withマダムK・ビューティーゴリ子

▼ベストボディ軍vsベストぽっちゃり軍・全面対抗戦 6人タッグマッチ
ベストボディ・ベイダー/諸橋晴也(フリー)/鈴木悟(フリー)
vs
政宗(フリー)/前口太尊(飯伏プロレス研究所)/アントニオ小猪木(西口)

▼ベストボディ軍vsベストぽっちゃり軍・全面対抗戦
谷口智一/ゴージャス松野(DDT)/遠藤哲哉(DDT)/唐澤志陽
vs
アジャコング(OZアカデミー)/アブドーラ・小林(大日本)/男色ディーノ(DDT)/大鷲透(フリー)

▼BBW無差別級選手権試合
【第4代王者】ラグジュアリー吉田withマサミ・ミカ
vs
【挑戦者/ベストぽっちゃりジャパン】伊橋剛太(DDT)
※吉田は2度目の防衛戦

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別

ページ上部へ戻る