赤井沙希が“アイアン・メイデンのクライブ・バーの姪” レイン・レイバークーセンとのシングル戦に余裕! 「戦い、DDTの楽しさをリング上で経験させてあげられたら」

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 DDTプロレスが4月27日、都内で「MEGA MAX BUMP 2023 in YOKOHAMA」(5月3日、神奈川・横浜武道館)の記者会見を行い、「インターナショナル・スペシャルシングルマッチ」でレイン・レイバークーセン(英国)と対戦する赤井沙希が余裕を見せた。

 初来日のレインは世界的なヘヴィメタルバンドのアイアン・メイデンの元ドラマー、クライブ・バー(故人)の姪でキャリアは1年半だが、現在3つのベルトを保持している。

 レインは「戦う準備はできていて、いつもホットに振舞うというのを心掛けている。アカイサキ選手と戦うのはすごく楽しみで、もちろん倒すことは決まってる。倒して、DDTのクイーンにのし上がることが私のやるべきことよ」とニヤリ。

 赤井は「レイン選手と戦うにあたって、彼女が何をしに日本に来て、何を残しにDDTに来たのか、そこのところが、何回か前哨戦をして、まだリング上では伝わってこない」と辛らつ発言。さらに、「彼女自身デビューして、まだ日にちは浅いのかなと思うんですけど、名前ばかりが先行しちゃってるのを見ると、デビュー当時の自分とちょっと重なる部分があります。なので、そういうのを抜きにして、彼女が何をしたいのか、前哨戦が最後(4・29)大阪であるので、リング上で交わることができたらいいなと思います。名前先行で自分も苦しんだことがあるので、レスラーとしての覚悟で、壁をぶち破ることができるのか。彼女に圧倒的に足りないのは経験だと思うので、5・3横浜武道館ではすべてを受け止めて、戦いの楽しさ、DDTの楽しさをリング上で経験させてあげられたらなと思います」とキッパリ。

 来日するにあたって、仕事を辞めてきたというレインは「仕事をやめて日本に来ました。それはプロレスに対して、すごく情熱をもって接してること。日本に来るチャンスを断るわけにはいかなかったからやめてきた。叔父さんの名前を使わずに、一プロレスラーとして日本で名前を売っていって、有名になっていくために、仕事を辞めてここに来た」と説明。

 5・3横浜での戦い次第では、レインが持つシングル王座戦の機運が盛り上がる可能性もあるが、レインは「3つベルトを持っていて、2つがシングルのタイトル。もちろんアカイとの戦いで負けた場合には、タイトルをかけなきゃいけないと思うけど、負ける気はないし勝つつもり」、赤井は「5・3次第。彼女と高め合って熱くなって、この子が持ってるベルトを剥がしたいとか、自分が持ちたいと思うのかどうか、リング上での彼女との肉体言語での会話次第かなと思います」と話した。

 また、現在10周年イヤーに突入している赤井は「DDTではレギュラーではないので、地方とかお留守番になったりするんですけど。最近は海外でも外国人選手とのシングルが続いたり、そういう部分ではありがたいな、チャンスだなと思ってます。今回もDDTのビッグマッチでシングルをやらせていただくのは光栄なので、これをちゃんとレスラーとしての糧にしていきたい」と意欲を見せた。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別

ページ上部へ戻る