「緊張感ある試合を外部の奴らがやっててどうするんだ」青木真也が佐藤光留に失神TKO勝ちを収めLIDET UWF初代王座戴冠に王手!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 12日、東京都・後楽園ホールにて、GLEAT『G PROWRESTLING Ver.49 -Invader(侵略者)-』が開催され、青木真也と伊藤貴則がLIDET UWF初代王者決定トーナメント決勝戦に駒を進めた。

 GLEATは、2021年7月に田村潔司とNOAHの元親会社であるリデットエンターテインメントが本旗揚げした新団体。GLEATには令和のUWFを創ることを目的とする“LIDET UWF”と、純プロレスを追究する“G PROWRESTLING”、 総合格闘技の“GLEAT MMA”の3部門が存在。
 この日はG PROWRESTLING(以下G PRO)が後楽園ホール大会として開催されたが、LIDET UWF王座初代王者決定トーナメントの準決勝も2試合行われた。

 まずは飯塚優と伊藤貴則による準決勝戦が実施。
 強烈な打撃力を持つ伊藤に対し、飯塚は後の先を取るサブミッションで対抗し、エスケープを3つ奪ってポイントの取り合いで勝る。飯塚もロープ際でのニールキックを被弾して場外に落下したことでエスケープを1つ奪われるも、終始優勢。しかし、伊藤のハイキックが顔面をかすめてたたらを踏んだところに伊藤が掌底連打から顔面をフロントハイキックで蹴り抜くと、飯塚がバタリと倒れ込んで動かなくなり、レフェリーが慌てて試合を止めた。

 続いて、青木真也と佐藤光留による準決勝戦が実施。
 光留は『ハードヒット』を主催してUWFの火を絶やさず燃やし続けてきた自負があり、後続のLIDET UWFに対しては敵対心をあらわに。LIDET UWF王座を獲得して征伐せんと意気込んでいる中、青木という強敵が立ちはだかった。


 しっかりを握手を交わしてから試合が始まると、シンと静まり返った会場に2人の小刻みなステップ音が響く緊張感溢れる空気が醸成され、互いにロー、ミドルで牽制し合う中で光留が蹴り足を取ってグラウンドでの足関節技へと持ち込む。
 青木は上を取られながらも光留の腕をつかんで動きをコントロール。一瞬の隙を突いて上下をひっくり返し、上から肩固めでガッチリ捕らえると光留が動かなくなり、青木が技を解除してレフェリーへチェックを要求。レフェリーが光留の顔を覗き込んだ瞬間、慌てて試合をストップ。青木が実力者の光留をわずか5分16秒で葬る結果となった。

 バックステージに戻った青木は、「なんか久しぶりっていうか、初めて緊張感があったんじゃないの?このGLEAT、UWFのリングの中で初めて緊張感があったよ。その緊張感を外部の奴らがやっててどうするんだって。外様の俺らが緊張感描いててどうすんだって。このままだったら次も俺に持っていかれるぞって。伊藤はGLEATを背負ってる気持ちがあるかもしれない。俺はGLEATしてないけど、勝ってGLEATしますよ」とGLEAT所属選手たちに警鐘を鳴らした。

 一方、自身の試合後にはバックステージに戻らず放送席で青木の試合を見守っていた伊藤は、昨年末のTDCホール大会で青木とのシングルバウトがフルタイムドローに終わったことに触れ、「年末のドロー、俺は忘れてない。LIDET UWFは俺じゃないとアカン。初代チャンピオン、絶対に所属の俺がならなアカンのや。俺はLIDET UWFで大将大将大将と言ってきたけど、ずっと結果が出ずにいる。でもな、これで最高の舞台が整った。青木真也に勝って初代王者になり、LIDET UWFを俺が名乗り、そして認めん奴を1人ずつ全員俺がぶちのめして正真正銘のLIDET UWFが俺っていうのを全員に分からしたる!」と気を吐いた。

 青木真也と伊藤貴則による初代王者決定トーナメント決勝戦は、6月7日の後楽園ホール大会で行われる見込みだ。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別

ページ上部へ戻る