100kg女子に怯まず突貫!勝ち気な美女レスラー・Chi Chiが全日本プロレス仕込みの王道ファイトで鮮烈デビュー!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 31日、東京都・新木場1stRINGにて、『Evolution旗揚げ戦』が行われ、Chi Chi(ちーちー)がデビューを果たした。

 株式会社Evolutionは、2021年10月より全日本プロレスと業務提携した株式会社ステータスの100%子会社であり、全日本プロレスと業務提携はしているものの資本的な繋がりはない会社。ステータス社はセールスプロモーションをメインに行う広告代理店。

 当団体は、株式会社Evolutionによる『女子プロレスラー育成プロジェクト』によって誕生した女子プロレスの新団体企画としてスタート。全日本プロレスの諏訪魔&石川修司がプロデューサー、コーチを務めて女子選手を育成し、「全日本プロレスと女子はきっちり線を引いていきたい」とあくまで別団体として旗揚げを目指してきた。

 昨年9月の全日本プロレス日本武道館大会では練習生たちがリングに上ってファンに姿を見せており、旗揚げのタイミングについて注目が集まっていたが、今年2月についに旗揚げ戦の開催がアナウンス。旗揚げ戦ではSUNNY(さにー)、ZONES(ぞねす)、Chi Chi(ちーちー)の3選手がデビューにこぎつけた。
 石川修司プロデューサーは、指導については特に受け身に重きを置いたと言い、「厳しい練習に付いてきて、根性というかプロレスに対する思いはちゃんとある3人。まず受けが出来ないとプロレスは始まらない。そこは全日本の教えでもあると思いますので、受けを一番大事に教えていて、僕らが『このくらいまで行けば大丈夫』というラインには到達できていると思います」と太鼓判を押していた。
 プロレスファンがEvolutionにかける期待は大きく、この日のチケットは早々に完売。新木場1stRINGには座席がみっちりセットされ、278人(超満員)の集客を記録。5月5日には早くも旗揚げ第2戦が行われることも発表された。


 第3試合では、Chi Chiが優宇とのシングルマッチでデビュー。
 Chi Chiは、160cm、53kg。3歳から20年以上のクラシックバレエ経験があり、「私は自分らしくいられて、自分を表現できて、なおかつ楽しそうだなと思ったのがプロレスだった」と志望動機を語っている。石川プロデューサーからは「気が強い」と評されており、「プロレスファンの方にも『あっ、ちゃんとプロレスしてるんだな』って思っていただけるような、基礎がちゃんと出来ているプロレスラーになりたい」という志を述べていた。
 優宇とのデビュー戦については、「パワフルながらにスピードもとてもある選手だと思っています。実際に12月25日の、師匠(石川)と組んだ試合を現場でも見させていただいたんですけども、実際に試合を見てもすごく迫力がありました。ただ、気持ちにキャリアは関係ないので、勝つ気で試合に挑みたいと思います」と意気込んでいた。

 選手コールの際に優宇の体重が100kgとコールされると、観衆からは「(Chi Chiの)倍じゃん……」と驚嘆の声が漏れる。
 ロックアップでの力比べは優宇が余裕を持って制すが、Chi Chiは即座にエルボー連打で反撃する鼻っ柱の強さを見せ、ショルダータックルでぶつかっていくも優宇はビクともせずダブルバイセップスポーズで余裕の笑み。
 Chi Chiは優宇の串刺しボディスプラッシュをかわして顔面にビッグブートを叩き込み、ミサイルキック、ビッグブート、卍固めと猛攻をかける。優宇も起き上がり小法師式の逆水平チョップを連打していくも、Chi Chiはバレエで培った脚力を生かしたビッグブート、トラースキック、ドロップキックと一歩も引かず。
 しかし、バックドロップを狙ったところを優宇が腰投げで切り返し、逆エビ固め、キャノンボール、ベアベアーズ(※ダイビング・ボディプレス)と畳み掛けて3カウントを奪った。

 大会エンディングでマイクを取ったChi Chiは、「とにかく優宇選手本当に強くて、重かったです。あの……重かったです。もう1度言います。重かったです。でも、重さとか痛さとか感じたときに、『ああ、自分プロレスラーになったんだな』って思いました。皆さんの声援がここまであると思わなくて、期待以上で、裏でもすごい聞こえてきて、それがすごい励みになりました。『Chi Chi!Chi Chi!』って声援が聞こえて、もう『立たなきゃ!』と思いました。本当にありがとうございます」とコメント。
 さらに、「皆さんに1つお願いがあります。5月5日にもEvolution、第2回目の興行が、ここ新木場にて行われます。ここにいる全員1人1人がもう1回来て欲しい。来たら埋まるじゃん!チケット売らなくて済むじゃん!ここ、あと1ヶ月あります。Evolution、この1ヶ月でまたさらなる成長を遂げるので、また5月5日にここに帰ってくるので、それまでしっかり練習してきますので、また5月5日、ここで会いましょう。本日はありがとうございました!」と笑いを誘いつつ大会を締める大器の片鱗を感じさせた。

 バックステージでは、「優宇に勝つ」という新たな目標を語りつつ、「強く美しく、お客さんを毎回驚かせられるような、あっとさせられるようなレスラーになりたいです」と展望を語った。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別

ページ上部へ戻る