「世界で一番強くて美しいプロレスラーになる!」王道の血を引くアマゾネス・ZONESがデビュー戦でデスマッチ・アマゾネスに玉砕!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 31日、東京都・新木場1stRINGにて、『Evolution旗揚げ戦』が行われ、ZONES(ぞねす)がデビューを果たした。

 株式会社Evolutionは、2021年10月より全日本プロレスと業務提携した株式会社ステータスの100%子会社であり、全日本プロレスと業務提携はしているものの資本的な繋がりはない会社。ステータス社はセールスプロモーションをメインに行う広告代理店。

 当団体は、株式会社Evolutionによる『女子プロレスラー育成プロジェクト』によって誕生した女子プロレスの新団体企画としてスタート。全日本プロレスの諏訪魔&石川修司がプロデューサー、コーチを務めて女子選手を育成し、「全日本プロレスと女子はきっちり線を引いていきたい」とあくまで別団体として旗揚げを目指してきた。

 昨年9月の全日本プロレス日本武道館大会では練習生たちがリングに上ってファンに姿を見せており、旗揚げのタイミングについて注目が集まっていたが、今年2月についに旗揚げ戦の開催がアナウンス。旗揚げ戦ではSUNNY(さにー)、ZONES(ぞねす)、Chi Chi(ちーちー)の3選手がデビューにこぎつけた。
 石川修司プロデューサーは、指導については特に受け身に重きを置いたと言い、「厳しい練習に付いてきて、根性というかプロレスに対する思いはちゃんとある3人。まず受けが出来ないとプロレスは始まらない。そこは全日本の教えでもあると思いますので、受けを一番大事に教えていて、僕らが『このくらいまで行けば大丈夫』というラインには到達できていると思います」と太鼓判を押していた。
 プロレスファンがEvolutionにかける期待は大きく、この日のチケットは早々に完売。新木場1stRINGには座席がみっちりセットされ、278人(超満員)の集客を記録。5月5日には早くも旗揚げ第2戦が行われることも発表された。


 第2試合では、ZONESが山下りなとのシングルマッチでデビュー。
 ZONESは、身長は158cm、70kg。様々なスポーツを経験してきた中、2年のムエタイ歴とボディビル系競技歴があるという。「強さと美しさを表現したいと思った中でプロレスがピッタリだった」と志望動機と、「とにかく強くて、“女子プロレスの象徴”って言われるような選手になりたい」という夢を語っていた。
 リングネームは「アマゾネスっぽい」という由来の元々のニックネームから来ていると言い、“デスマッチ・アマゾネス”の異名を持つ山下とのデビュー戦については「アマゾネスらしいところを多く見せて闘っていきたいと思います。伸びしろは私の方があると思っていますので、それまでしっかり練習して、勝つつもりで頑張りたいと思います」と意気込みを語っていた。

 ZONESはパワーファイターとして山下を強く意識し、試合開始直後のロックアップでの力比べやショルダータックル合戦でも闘志むき出しで全力で張り合う。
 山下がエルボーを放てばZONESもエルボーを、山下が逆水平チョップを放てばZONESも逆水平チョップを放つ意地の張り合いが展開されていくが、同じ土俵の勝負であれば一日の長ある山下が上手。ZONESの胸はあっという間に真っ赤に腫れ上がり、一方の山下は余裕の笑み。
 しかし、ZONESは折れること無く食い下がり、ジャンピング・バックフリップやラリアット、コーナートップからのダイビング・ラリアットを決めて躍動。さらにラリアットを狙うが、山下がカウンターのトラースキックを顔面に叩き込み、バックドロップからのラリアットで試合を決めた。
 大の字になったZONESに山下が握手を求めると、ZONESはその手を払い落としてエルボー連打。石川プロデューサーが必死に引き剥がすと、山下はZONESの前で舌を出しながら両手の中指を突き立てて去っていった。

 大会エンディングでマイクを取ったZONESは、「私が目指すところは1回限りのプロレスではありません!この世界で、いや、地球で一番強くて美しい女子プロレスラーになるために、プロレスラーになりました!私は今日の試合、すっげぇ痛くて激しくてムカついたけど、でもすっごいプロレスが楽しかった。皆さんは、私たちのプロレス、楽しかったですか?! ZONESの試合、楽しかったですか?! Evolutionの試合、楽しかったですか?!また私たちの試合、見に来てくれますか?!私たちは一期生なので追う背中がいないです。先輩がいない。だから、1試合1試合成長して、強くなるところを必ず皆さんにお見せします!だから必ず、また私たちの試合を、ZONESの試合を、見に来てください!これからもよろしくお願いします!」と堂々の締め。

 バックステージでデビュー戦の感想を聞かれると、「感想なんて“悔しい”以外ないでしょ!悔しいです。勝ちたかった!1日でも早く強くなって、山下りな選手を見返したい。だから早く試合を組んでください」とぶっきらぼうに答え、目指すレスラー像について問われても「世界で一番強くて美しいプロレスラーです。終わり!」と野性味溢れる視線を向けながらコメント。
 キャラクターもしっかり立った実力派パワーファイターの誕生により、女子プロレス界に新たな波乱が起きることになりそうだ。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別

ページ上部へ戻る