【会見全文】P.P.P.TOKYO後楽園ホール初進出に向けアブ小&マリカの師弟タッグが結成!三富総帥の10周年記念試合は三富兜翔&石川修司&大家健vs高木三四郎&カズ・ハヤシ&大和ヒロシの超豪華カードに

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 28日、東京都・HOTEL SARA GRANDE 五反田にて、P.P.P.TOKYOが5月16日に開催する後楽園ホール大会『THE PARTY 宴』に付いての記者会見が行われた。

 『P.P.P.TOKYO』は“令和のバブル”をテーマにセクシー男優のしみけんがアドバイザーを務めるプロレス団体。慶應義塾大学卒の元・博報堂レスラー三富兜翔が総帥としてプロデュースし、シャンパンタワーやテキーラが飛び交うパリピ興行を開催している。
 2021年9月には筋肉系YouTuberやセクシー女優としても活躍しているちゃんよたもプロレスラーデビューし、スターダム等への参戦で女子プロレス界でも広く活躍。さらに、同じく生え抜きの“胸毛ニキ”こと八須拳太郎とともに朝倉未来主催の1分間最強を決める大会『BreakingDown』に出場して一気に一般知名度を高めるなど、プロレス界の内外に大きな話題を振りまいている。

 ソフト・オン・デマンド(SOD)等との異業種コラボ、史上初のVtuberリングアナのデビューなどで今までプロレスを見たことがなかった新規層へのアプローチに成功し順調に集客を伸ばしているPPPは、旗揚げ3年あまりで初の後楽園ホール進出。
 この日は、かつてPPPが史上初の“ラブホプロレス”を開催した地でもあるSARA GRANDE五反田で記者会見を行った。

第1部


 まずは、三富兜翔総帥、ちゃんよたが登場し概要を説明。続けて小橋マリカが登場した。

マリカ「ぎゃう♪ギャルレスラーのこばまりこと小橋マリカです!この度5月16日、PPP初のビッグマッチ、後楽園ホール大会が決まったということで。昨年11月にPPPさんでフリーとして復帰させていただいてから約半年経って、ギャルの新しいバイブスっていうのは注入できてるかなと思うんですけど、これだけじゃつまんないなと思って。ビッグマッチに向けて小橋マリカらしいプレゼントを皆さんにご用意いたしました!今回こちらの方、連れてきちゃいました。どうぞ~♪」

 マリカに呼び込まれて現れたのは、マリカが子供の頃から親交がある大日本プロレスのアブドーラ・小林。

アブ小「じゃじゃん♪」
マリカ「大日本プロレスのアブドーラ・小林選手で~す」
アブ小「アブドーラ・小林です!今日はこのSARA GRANDE来て思い出しちゃったんですけど、俺、今日超凱旋なんですよ。俺がちょっと休んでて試合少ないときに、この街で働いてました。こっから徒歩30歩くらいのとこで(笑)徒歩30歩(笑)テンション上がりますね、五反田って街で」
マリカ「小林さんもPPPとバイブス合うと思って」
アブ小「絶対合う」
マリカ「合いますよね?5月16日、私たちがタッグ組んで、PPP、ぶちかましましょ!」
アブ小「『なんかあったら呼んでくれ』つってて、意外とすぐなんかあったね(笑)」
マリカ「はい!(笑)私、5月16日、デビューした時からず~っと闘いたい選手がいて、それに合わせて小林さん、私の横にいて欲しいなーっていうこの気持ち」
アブ小「俺がいたら誰でも大丈夫よ」
マリカ「確かに。でもね、メッチャ、メッチャ『あぁ~っ!』ってなる人を私の中で決めてて」
アブ小「俺から見ても『あぁ~っ!』ってなるの?」
マリカ「なる!」
アブ小「これくらいしかいないよ、俺の中では(※棚橋弘至のポーズ)あっ、これか?!(※オカダ・カズチカのポーズ)これ呼べる?!呼べるの?!あっ、また余計なこと言った?(笑)」
マリカ「私にどっちもゆかり無いから(笑)」
アブ小「メジャーは来ねえな(笑)また余計なこと言ってんぞ、俺」
マリカ「私にゆかりがあって、小林さんにもある。私がデビューするきっかけって、そもそも小橋マリカの“小”ってアブドーラ・小林の“小”からいただいてるじゃないですか。私のプロレス始まるきっかけの人で」
アブ小「“橋”はもう引退したけど大橋(大橋篤)の“橋”。大橋呼んでもチケット券売無いだろ」
マリカ「大橋さんはお客さんで来て欲しい!」
アブ小「アイツ、トラック運転手だぞ」
マリカ「大橋さんは呼べなかったから、次にゆかりがある人を。でも、私はこの闘いたいって気持ちを4月3日のPPP新木場公演の方で、そっちでこの熱い想いをパワーにして試合したいから、まだナイショにしとくね。小林さんにも。だから……」
アブ小「ちゃんよたか!」
マリカ「それは個人的にでしょ(笑)」
アブ小「実際に見たら強そうだなあ~!強いよぉ!あんま余計なこと言わないどこ!殴られたら勝てない!(笑)」

 三富総帥によってマリカ&アブ小の師弟タッグが正式決定。
 続いて、三富総帥が「小林さんに紹介したい人がいる」として、生中野女子(ナマジョ)の田中ぴあ、ゆかり、美波亜美の3名が登場。

アブ小「こ、こんな可愛い子たちが!」
ぴあ「田中ぴあと申します。プロレスのお仕事は今回初めてさせていただきます。SODのみんなが参加しているPPPのイベントをすごく楽しみにしてて、やっと念願かなって出られるのが嬉しいです!まだまだ勉強中なんですけど、皆さん宜しくお願い致します」
ゆかり「SODプロレス応援部のゆかりです♪いつも会場ではカメラを構えているんですが、今回は出る方も見る方も色々楽しみたいと思います。よろしくお願いしま~す♪」
美波「SOD HANAYA PROJECT所属の美波亜美です。今回もPPPさんのお仕事を頂けてご縁ができて嬉しいです。よろしくお願いします!」

三富「小林さん、ウチは色々ソフト・オン・デマンドさんにスポンサードとかしていただいていたんですけど、他にもプロレス応援部といってプロレスがすごく好きなキャストさんなんです。ちょっと色々ありまして……」
アブ小「知ってる!(笑)」
三富「お仕事がしばらく無いんですよ……。で、せっかくこれだけプロレス愛が深いメンバーなんで、プロレス応援部のみんなが輝ける場所がないかなと思って。よかったら小林さんのお店で」
アブ小「だって、普段ガールズバーなんでしょ?ウチのお店、実はスナックみたいな感じでやってる。マリカさんも一日店長とかやった実績もあるんで」
マリカ「はい。生誕祭とか」
三富「じゃあ、是非イベントとかやらせていただいてもよろしいですか?」
アブ小「俺、15~6年前に“ミスターSOD”って呼ばれてたのよ。作品名出しちゃうと……言っていいか?!美人なんちゃらシリーズ。vsレイプ魔ってのがあって」
マリカ「もう言ってんじゃん!(笑)」
アブ小「美人空手家vsレイプ魔、美人剣道家vsレイプ魔。俺、そのレフェリーをやってたの。大日本で、十……何年前になるのかな?後楽園ホールで一軒家建ててそれを破壊するってプロレスやってて。それもSOD!」
三富「じゃあ一番ゆかりが深い」
アブ小「あなた、ちょっと来なさい」

(※取材陣の中からSODマガジンの女性記者を引っ張り出し、着用していたSODのロゴを指差す)

アブ小「SODのロゴがあるじゃないですか。ソフト・オン・デマンド。俺、実は“SA”って技使ってたの。大日本のリングにソフト・オン・デマンドって書いてあって、そこ(SとAの部分)に相手をセットして飛ぶっていうのがあって。『SA!SA!』って言うと、当時組んでいた関本大介さんがそこにセットして俺が飛ぶって技!SODプロレス応援部さんが困っているというのなら、16年越しの恩返し、全然します!全然します!ヤバい!超いい人!小林!(笑)」

 三富総帥が話を取りまとめ、SODプロレス応援部のメンバーが輝けるようアブドーラ・小林酒場だけではなく、夏すみれのナツバー、寧々∞D.a.iのBar Northwoodでもプロレス応援部のイベントが行われる予定があることを発表。スケジュール等は美波亜美のSNS(@amichaaansan)で発表される。

――マリカ選手、闘いたいのは男女のタッグ?
マリカ「そうですねえ。闘いたい男子がいます」

――小林選手はPPPについてどのような印象を持っていた?
アブ小「上がりたい団体ナンバーワンです!(笑)」
マリカ「ガチで言ってた、ガチでそれ言ってた(笑)」
アブ小「最近、某メジャーにも呼ばれなくなったんで。怒られる人が減ってきた。俺を怒ってくれる人が減ってきたんで、好きなプロレスをやりたいですね」

――お2人はデビュー前からの師弟関係があると思うが、タッグ結成について
アブ小「連携技1個くらい考えますか、せっかくだから」
マリカ「あぁ~っ!それ大事ですね~!」
アブ小「SAって技があるんですよ。セットして、『SA!』って言ったら俺がセットするから。あっ!SODって書いてないか。実は、“寿楽”って技もあったんだよ。寿楽行って、全日本の端っこに寿楽ってあって。俺が『寿楽!』って言うと関本がセットして、寿楽は近めなんだよ(笑)俺もベテランだから遠くまで飛べなくなってるから。で、上から飛ぶっていう。寿楽って技もある」
三富「それ寿楽さんが昨日嬉しそうにしてましたよ(笑)」
マリカ「なんか、SAとか、無いにしてもパワーアップした技をね」
アブ小「連携ってのは急に生まれるからね。もう信頼があるんで。信頼が1番の連携だと思ってます」
マリカ「もう10年くらいですかね?」
アブ小「デビュー前から知ってる」
マリカ「小学校5年生のときくらいから」
アブ小「だからね、もうお父さんの気持ち。なんて言うんだろ……なんて言うんだろ……『あぁ、こんなになっちゃって』っていう」
マリカ「意外とギャル好きじゃないんだよね」
アブ小「いや、悪いとかじゃなくて。ちょっと、『あぁ、離れていくんだな』って……清純派だったのに……」
マリカ「大人になりました(笑)」
アブ小「『あっ、酒とか飲むんだ』って……」
マリカ「飲みますよ、そりゃ(笑)」
アブ小「飲むよね……」

――小林選手、そんなマリカ選手から今回『ホテルに来てくれ』と呼び出されてどう思った?
アブ小「ビックリしたよぉ!住所調べたらラブホじゃん!『これ、ドッキリ?』と思って。入る前にキョロキョロして、『これ誰か隠し撮りしてねえか?』って。中からスタッフが声かけてくれて、『ドッキリじゃねえわ』って……」
マリカ「私も小林さんとラブホで会うなんて思ってないですよ(笑)」
アブ小「お父さんが娘とラブホで会えないでしょ!それ訳わかんないドラマみたいのを隠し撮りされないようにキョロキョロしながら来た!」

――入ってみたらマジックミラー号ルームでしたが、ここに入っての感想は
アブ小「テンション上がりますね。女の子はわかんないと思いますけど(笑)ホントはここに絨毯があって、黒いソファーがないといけない。今はちょっとスペース的に外に出してるけど。ドキドキしますね!いいっすね!」

――小林選手、SODとのゆかりが深いと思うが、なにか思い出話を
アブ小「俺が最初に出た作品の、美人空手家vsレイプ魔ってのが、当時セルビデオで年間ランキング2位とか行っちゃったらしくて。当時SODの本社ビルにご挨拶に行ったら、スタッフが、なんて言うの?お殿様来たみたいな、みんな並んでて。『本日はご出社ありがとうございます!』みたいな。俺、殿様かと思った(笑)で、一軒家プロレスってのをやったときも、予算が1,000万超えとかだったみたいで、高橋がなりさんとか来てくれて。……あっ、またゆかりを思い出しちゃった。ビデオ安売王ってのが昔あって、SODの。そんとき俺、ケンドー・ナガサキにボコボコに食らわされるってのが28年前に撮ってたんですよ。そんときにがなりさんもいて。『あんときの小林くんかぁ!』って感じで話が進んで1,000万くらいポ~ンと出たから。俺、持ってんなあって思いましたよ(笑)」
三富「小林さん、トークショーみたいな感じで」
アブ小「この漫談終わんないよ?(笑)俺今日今から後楽園行くんだけど、この漫談終わんないよ?(笑)結構Yahooニュースにしたら5ページ分くらいは行くからね」
マリカ「SOD、PPPとバイブス合ってましたね(笑)」
アブ小「最初、合うかなって思って。普通のプロレスと違うから。実際俺28年プロレスの本流と違うことばかりやってて、逆に合うとは思ってました」
三富「今回ずっとSODさんとコラボはさせていただいていたんですが、いったん今回は単独開催なんですけど、SODさんへの恩義を僕も返したいんで、小林さん含めて、プロレス応援部含めてやっていけたらと思います」

――小林選手のバーでイベント等をやるとなると、どのような企画かは考えていますか
美波「企画はまだ小林さんと話さないといけないし、メンバーにも聞かなきゃいけないんですけど、できるだけプロレスファンの方々と、こういう女の子たちがいて、こういう企画があって、さらにPPPさんに来てもらえるようになればいいなってことは考えたいなと思ってるので、是非それも後日Twitterの告知で出る予定ですので、それを見ていただければと思います」

――法律の範囲内で?
美波「法律の範囲内で(笑)」
アブ小「俺、それ超言おうと思ってた(笑)」

――改めて、プロレス応援部の皆さんのアピールを
ゆかり「私はもちろん皆さんにいつもPPPを見守ってくださってる方は分かると思うんですけど、私は土肥こうじさんを全力で応援したいと思います♪よろしくお願いします♪」
美波「私は結構団体ごとに色々あるんですけど、PPPさんだったらもちろんちゃんよたさんで、大日本さんだと……(※アブ小がガッツポーズの準備)あの、10数年前から関本選手を……」
アブ小「まあ、遠回しに小林ってことだよな」
美波「今だと、昨日も行ってたんですけど、スターダムさんでシンデレラ・トーナメントで1回戦敗退しちゃった(林下)詩美選手を応援しております」
アブ小「大丈夫。ビッグダディグループ、ウチの試合よく見に来てる。小豆島んとき、香川まで見に来てくれた。だから、遠回しに小林」
ぴあ「私はまだ全然何も知らなくて。同じグループの子たちのTwitterからPPPさんの写真が出てきて『プロレスって怖くないんだ』って思って。シンプルに今まで怖いイメージがあったので、『こんなに楽しいものなんだ』って思ったんで、これから勉強させていただきたいと思います」
アブ小「(※自らを指差し)怖くない代表格。これ(※おでこの傷跡)、シワ。流血戦とかやったことない。『この人漫才師』って呼ばれるくらい」

第2部


 会見第2部では、5月16日の後楽園ホールの対戦カードが一部発表。

▼ダークマッチ バトルロイヤル
<出場選手>
軍団ひとり(CWP)、寧々∞D.a.i(666)、ランジェリー武藤(フリー)、珍獣サンダー・ライガー(鳥取だらず)、遠藤“ゴールデンボール”マメ(666)、マジックミラー号マスク、澤木一貴(SAWAKI GYM)、トランザム“パーティー”ヒロシ、他数選手

三富「過去にPPPに参戦してもらった選手だとか、僕個人的にキャリアの中で思い入れある学生プロレスの選手とか、鳥取だらずプロレスの選手とかにも出ていただく、PPPにしかできないオールスター戦を開催させていただきたいと思います」

▼三富兜翔デビュー10周年特別記念試合 6人タッグマッチ
三富兜翔/石川修司(全日本)/大家健(ガンバレ☆プロレス)
vs
高木三四郎(DDT)/カズ・ハヤシ(GLEAT)/大和ヒロシ(フリー)

三富「三富兜翔デビュー10周年特別記念試合は、三富兜翔&石川修司&大家健vs高木三四郎&カズ・ハヤシ&大和ヒロシというスペシャル6人タッグマッチを開催させていただきたいと思います。私、プロレスキャリアがデビュー10年になるんですが、10年の中で思い入れの深い選手を集めた試合になります。自分のキャリアを選手として形作ってくれたのはDDTグループであったりですとか、これはあまり表には出ていないんですが、僕がプロレスビジネスを学べたのはWRESTLE-1時代に裏の経営側で仕事をさせていただいて、そこでプロレスビジネスを学ばせていただいていました。こういうことはあまり今まで言ってなかったんですが、今のPPPがあるのはWRESTLE-1時代のおかげだと本当に思ってて。そのすべての縁を紡いでくれたのが高木三四郎さんだと思ってるんで。高木さんは基本的に他団体に絶対出ないんですが、今回まさかの参戦ということで、雌雄を決したいと思います」

――三富選手から見て、このカードで3カウントを取りたい相手は
三富「高木さんから獲りたいですね。プロレス界の図式を変えたいと思います」

――三富選手にとってDDTグループはどういう存在?
三富「僕はDDTグループじゃなかったらプロレスラーになれて無かったと思いますし、高木さんと出会ってなかったらプロレス業界にかかわることも無かったので、本当にメチャクチャ感謝してます。ただ、これは今でも思うんですけど、人って水が合うとかってあると思うんですけど、本当の意味では水が合わなかったのかなと思いますね。だから今があるかなって思います」

――タッグを組むお2人に関しては、元々は同じ団体の先輩
三富「そこに関しては同じ団体ってのはあまり意識して無くて。やっぱり、僕の中で選手としてのキーパーソンというか、石川さんは僕のデビュー戦を務めていただいた相手ですし、石川さんとは同じタイミングでDDTグループを辞めて、全日本プロレスさんに来られて、選手としてメチャクチャ活躍していらっしゃるから一番刺激を受けていました。大家さんは僕がガンバレ☆プロレスに参戦させていただくときに、一番選手としてやりがいを感じさせてくれたのは大家さんがいたからですし。その昔、10年くらい前になるんですが、僕が高木さんからこっぴどく怒られた事件があるんですけども、そのときも大家さんだけは肩を持ってくれて、『大丈夫だから!』とすごく言ってくれたのを本当に恩義に感じてて。だから今回タッグを組ませていただこうかなと」

――相手チームも本当にPPPでなければ見られない顔ぶれが揃った
三富「これも実は意味があって、WRESTLE-1時代のCEOが高木さん、社長がカズさん、営業部長が大和さんなんです。僕もビジネスの部分でこの3人と仕事してました。自分チームは選手として接点がある人で、相手チームは経営で接点を持った人っていうテーマですね。多分、ここでしか見られないと思います」

――改めて、バトルロイヤルのカードについて
三富「まず参戦選手が、マジックミラー号マスク、ランジェリー武藤、鳥取だらずプロレスから珍獣サンダー・ライガー、トランザム“パーティー”ヒロシ、遠藤“ゴールデンボール”マメ、寧々∞D.a.i、軍団ひとり、澤木一貴というカードになってます。それぞれの人との関係性を話すと長くなってしまうんですけど、僕は小さいところから大きいところまで色々なプロレスの関わり方してたんですけど、そういった中で色んなところに面白い人がいるんだよというのを少しでも知ってほしいというのがこのカードの思いですね。この試合は、予定では、いわゆる第1試合の前のオープニングアクトとして開催したいと思いますので、お早めのご来場をお願いします」

――ランジェリー武藤選手がこうやって正式に対戦カードに名を連ねるのは珍しい
三富「ホントですか?(笑)これは、画的にはランジェリー武藤がいなかったら始まらないだろうってとこなんで。ただ、澤さんは僕はすごくご縁があって。僕が若いときに首を大怪我したときに、澤さんの紹介で行った治療院のおかげでキャリアを続けられて。多分そこに行って無かったらこのキャリアは無いので、澤さんにはすごく恩義を感じています。そんなこんなで紆余曲折あって活躍しているちゃんよたもいますので。ちゃんよたのカードは4月3日以降に発表しますんで。なにか意気込みがあれば」

ちゃんよた「5月16日のカードはまだわからないんですけど、どんな相手でも思い切りぶつかりますし、今までプロレスを教えてくれた人たち、応援してくれた人たちに成長を見せられる試合をしたいと思います」

――ちゃんよた選手は上がる舞台がどんどん増えていく状況だが、環境や周囲からの評価に変化はあったか
ちゃんよた「それこそこの間横浜武道館でスターダムさんで試合させていただいて、あんなに大きい会場で、しかも解説のついた試合をするのが初めてだったのでものすごく緊張したんですけど、それでも大勢の人たちの前で、しかも相手もベテランの選手で強い選手だったんですけど、それでも自分の持ってる力を出させたかなと思いますし、今後もどんどん大きな舞台でやっていけたらと思います」

――(※週刊プロレスの記者から)旗揚げからいいタイミングでの後楽園進出ですが、展望は
三富「展望は、週刊プロレスさんに取材していただくということが1つの展望でございました(笑)初めて今回取材していただきましてありがとうございます。という冗談はさておき、元々ウチは他にないことをやっていこうということで、新進気鋭というのがキーワードになってます。今までも他のプロレス団体にできないことをやってきた自負はありますし、1つの新しいエンターテイメントコンテンツと自負しています。なので、プロレスという枠を超えたエンターテイメントコンテンツとして世の中にちゃんよたのBreakingDown、八須のBreakingDownもそうですけど、YouTubeだったりとか、別の媒体からどんどん知ってもらうことをテーマに頑張っていますので、後楽園ホールを経て、僕らTDCホールを目指していると言っていますので、近い未来に進出できるように頑張っていきたいと思います」

――そういう意味では、プロレスの聖地での大会でもPPPらしいものを提供していきたいと
三富「そうですね。会場の演出とかも他の団体とは違った感じになると思いますので、ご期待頂けたらと思います」

『THE PARTY 宴』
日程:2023年5月16日(火)
開始:18:30
会場:東京都・後楽園ホール

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  

月別

ページ上部へ戻る