「マスクを外さないとボコボコにするぞ」逆マスク警察と化したチャンピオンに恫喝されたなべやかんが“マスク装着マッチ”で王座奪取宣言!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 16日、都内・ベストボディ・ジャパンオフィスにて、3月23日に新木場1stRINGで開催される『ベストボディ・ジャパンプロレスリング〜Shinkiba Spring〜』についての記者会見が行われ、BBW世界スーパーボディ級王座を争う唐澤志陽となべやかんがマスクを巡った乱闘を繰り広げた。

 ベストボディ・ジャパンプロレスリング(BBJ)とは、『トレーニングの文化、身体づくりの文化をもっと日本中に広めたい』という思いから発足。47都道府県全てで開催するまでに成長した『ベストボディ・ジャパンコンテスト』を起点とし、元DDTプロレスの谷口智一ベストボディ・ジャパン協会代表が「プロレス界でも健康美や肉体美を活かして活躍する選手がベストボディ・ジャパンから出てきてもいい」という想いを持って2018年8月に旗揚げしたプロレス団体だ。
 日々ボディメイクに取り組む人材を積極的にプロレス界に勧誘し、2021年には当時58歳の生え抜き選手である吉田和彦が誕生。60代になっても最前線で闘い続けるゴージャス松野とタッグ王座を戴冠するなど幅広い選手層がリング上で活躍中であり、生え抜き女子選手の竹林早苗が最大手女子プロレス団体・スターダムの若手興行『NEW BLOOD』へ出場するなどプロレス界でも注目度が高まりつつある。

 さらに、当団体では2022年から“コンテスト文化とプロレス文化の融合”を掲げ、本家コンテストには無い『セクシーボディコンテスト』を大会内で開催。男子部門・女子部門とそれぞれ開催されており、プロレス界よりも広大なコンテスト界から集客することに成功し観客数は回を追うごとに増加。このコンテストをきっかけに芸能界からスカウトの声がかかった参加者もいるなど熱い注目を集めている。

 BBJには、特にボディメイクに力を入れている選手たちによって争われるBBW世界スーパーボディ級王座が存在し、現在はキックボクサーとプロレスラーの二刀流を実現している唐澤志陽が保持。
 対するは、かつてベンチプレスやパワーリフティングで優秀な成績を収めてきたなべやかん。BBJ生え抜きの団体エースとして活躍するやかんの肉体のキレは52歳にして衰えることを知らず、グッドシェイプを維持し続けている。

 昨年9月には、唐澤がなべやかん&アントニオ小猪木の2人を相手に3WAY王座戦を行って初防衛に成功した他、同月の広島大会でも唐澤がやかんをシングルマッチで下している。2連敗中のやかんが約半年ぶりのリベンジに挑む構図だ。

 しかし、会見に現れた唐澤は「この試合への意気込みですか?特に無いですよ。シングルでも3WAYでも僕が勝ってますから。52歳のおじさんに伸びしろなんて無いでしょうから、そんな成長もしてないでしょう。意気込みなんか聞かれても、『またか』しか無いですよ。体力面も筋力面も圧勝してる俺が勝つのが当たり前なんで、そっちの好きなルールでやってやるよ」と気だるげな様子。

 対するやかんが意気込みを述べようとすると、唐澤は「声がこもって全然聞こえないよ。マスクなんかしてるから声が聞こえないんだよ」とやかんのマスクを無理やり剥ごうとする暴挙に出る。
 やかんが「お前、逆マスク警察かっ!個人の自由なんだからいいだろ!こっちは花粉症なんだよ!」と抵抗すると、唐澤は「もうマスクなんてしなくていいんだよ。マスク外さないとボコボコにするぞ」と迫っていき、あわや乱闘騒ぎに。

 すっかりお冠のやかんは、「お前!デリケートな時期にデリケートな話題で引っ張って来やがって!お前、さっき『好きなルールでやっていい』って言ったな?じゃあ、“お前が試合中にマスクを付けたら俺の勝ち”って試合をやってやるよ」と特殊ルールでの試合を宣言。

 その後、仲裁に入った谷口CEOにより、【通常のプロレスルールに加え、凶器持ち込み可、唐澤がマスクを付けたら負け】というルールが仮決定。当日までにやかんによるルール調整も認めることとなった。

『ベストボディ・ジャパンプロレスリング〜Shinkiba Spring〜』
日程:2023年3月23日(木)
開始:19:00
会場:東京都・新木場1stRING

▼BBW世界スーパーボディ級選手権試合
【王者】唐澤志陽
vs
【挑戦者】なべやかん
※第7代王者は3度目の防衛戦。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別

ページ上部へ戻る