遠藤有栖が鈴芽との「でじもん」パートナー対決で“先輩超え”を誓う!「すべてを全部出し切って勝ちにいきたい」

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 東京女子プロレスが3月2日、東京・渋谷区のAbemaTowersで記者会見を行い、『GRAND PRINCESS '23』(同18日、東京・有明コロシアム)のオープニングマッチで、「でいじーもんきー(でじもん)」のパートナー鈴芽とのシングル戦に臨む遠藤有栖が“先輩超え”を口にした。

 両者は遠藤のデビュー戦(2021年イッテンヨン=1月4日、後楽園ホール)でシングル対決し、先輩の鈴芽が勝利。その後、2人はタッグを結成したためシングル戦を行う機会がなかったが、それ以来、2年3ヵ月ぶりの一騎打ちとなる。

 遠藤は「タッグを組ませてもらってから、タッグのベルトに一緒に挑戦したり、タッグトーナメントにも一緒に出場して闘ってきたんですけど、最後に負けるのはいつも私で。2人でメチャメチャ悔しい思いをして。でも私自身の力が足りないなと何度も思ってたし。一人の力でも勝てるようにならなきゃなと思ってて。最近やっとシングル初勝利ができて、ちょっと自分に自信がついたなって思ってきたとき、鈴芽さんとのシングルが決まって。ちょっとビックリしたんですけど、タッグパートナーだけど超えたい相手でもあるので。私の今持っているすべてを全部出し切って、勝ちにいきたいと思います」と言い切った。

 鈴芽は「大きな大会、大きな会場で、一番乗りで私たちが闘えることをすごくうれしく思ってます。対戦相手の有栖は最近、“有栖、本当に強くなったよね”って、いろんな方から声をかけていただくんです。その通りなんだけど、有栖はずっと前からすごく強くて、すごいヤツなんですよ。デビューして大事な後輩で、いつの間にか隣に立ってて、もしかしたら今は前を走っているかもしれないと思ってます。先輩としてはここで負けるわけにはいかないと言うべきなんですけど、正直なところやってみなきゃ分からないと思ってます。タッグパートナー同士の対決は本人たちにとっても、見てる人たちにとっても、複雑な思いがあると思うんですけど、私は後輩だからとかパートナーだからとかではなくて、シンプルな話で、今どっちが強いか勝負だ。遠藤有栖!」とコメント。

 同大会では、坂崎ユカVS瑞希(プリンセス・オブ・プリンセス選手権)のマジカルシュガーラビッツ対決、渡辺未詩VS辰巳リカ(インターナショナル・プリンセス選手権)の白昼夢対決、そしてこの「でじもん」対決とパートナー同士の戦いが多いが、遠藤は「マジラビさんも白昼夢さんも最強のタッグだと思ってるので、でじもんも最強のタッグって思われるよう、頑張りたいと思います」、鈴芽は「最強のタッグの人たちで、パートナーが最強の敵なんじゃないかなって思っていて。だから私たちもお互い闘うことによって、もっとお互いのことを知れるし、でいじーもんきーにとってももっともっと強くなれるんじゃないかなと思ってます」と話した。

 遠藤のデビュー戦の相手を務めた鈴芽は、パートナーとして横で見てきたが、その成長について、「メキメキ成長していて。でも私が一番尊敬している部分は、デビュー戦のときから変わってなくて。自分の持っている100%の力、それ以上の力を発揮するんです。それを当時、対戦相手としてビックリしたのを覚えているし、それ以上にこの2年近く見ていて強く感じている部分ではあります。試合中にもどんどん成長していくのが尊敬している部分であり、一番警戒している部分です」と語った。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別

ページ上部へ戻る