【会見全文】NOSAWA論外が引退試合前日に外道へのライバル心を吐露!石森太二は「『もう2度とプロレスをしたくねえ』って気持ちにさせた上で引退させてやる」と殺気

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 20日、2月21日に東京ドームで開催されるプロレスリングNOAH『chocoZAP presents KEIJI MUTO GRAND FINAL PRO-WRESTLING “LAST” LOVE ~HOLD OUT~』についての記者会見が行われ、NOSAWA論外、MAZADA、外道、石森太二が対峙した。

 NOSAWA論外は、KIKUZAWA、MAZADA、FUJITA、TAKEMURAらによるユニット・東京愚連隊で活躍。2000年の結成以降、アメリカ・メキシコ・日本など国内外の数多の団体に参戦してきた。選手としてだけではなく名プロデューサーとしても知られる論外だが、2023年2月21日のNOAH東京ドーム大会での引退を表明。他では見られないレアかつ豪華なカードが並び、絶対にハズレがない大会としてプロレスファンから長年支持を集めてきた東京愚連隊興行も昨年12月20日にフィナーレを迎えた。

 粛々と“終活”を進めてきた論外だったが、今年1月には全日本プロレスに乗り込み「最後、全日本プロレスで思い出じゃなく記念を残したい」とアジアタッグ王座に挑戦表明。その後はケンドー・カシンとともに悲願の王座戴冠を果たし、今月5日には大仁田厚&ヨシタツと全日本プロレス史上初の電流爆破デスマッチを行って王座を明け渡すなど、最後までプロレス界を引っ掻き回し続けた。

 論外の引退試合は、NOSAWA論外&MAZADAvs外道&石森太二のタッグマッチ。
 2018年から新日本プロレスに活躍の場を移した石森のNOAHへの帰還、東京愚連隊とBULLET CLUBの対抗戦という超豪華カードが実現した。

 この日は大会前日記者会見が行われ、論外引退試合に出場する4選手が対峙した。

MAZADA
「こんにちはー。今回こんな大きい大会、パレハの引退試合に呼んでもらってすごく光栄ですね。パレハがプロレス辞めたところでパレハですからね。最後なんで有終の美をちゃんと飾れるようにサポートを全力でやっていきたいと思います」

NOSAWA論外
「言ってももう、言うこともそんなに無いというか。まあ、明日でプロレスラーとして生きて行くのは終わってしまうので。かと言って、特に最後だからとか、引退するからって特別な感情はそんなに無くて。多分まだ俺が本当に辞めるかって半信半疑だと思うので。とにかく明日、プロレスラー・NOSAWA論外は終わりなので。まあ、悔いもなにももう無いんですけど、今の時点でもうプロレスラーとしてはもう、終わってるというか、終わりかけてるんで。これ以上怪我しないように、明日は試合したいと思います」

石森太二
「今回5年ぶりのNOAHのリングで、それがNOSAWA論外の引退試合。まっ、色んな思いが交錯してるよ。で、この状況。最後の対戦相手の1人として指名してくれたNOSAWA論外からのプレゼント、嬉しく思うよ。まあ、色んな思い出があるんだけど、そういう話は一旦置いといて、明日の東京ドーム、NOSAWA論外ラストマッチ。お涙頂戴とかはいらねえからよ、今の石森太二を見せた上で『もう2度とプロレスをしたくねえ』って気持ちにさせた上で引退させてやるよ。それが俺からNOSAWA論外へのプレゼントだ」

外道
「まあね、俺達みたいな人間はね、望んでもいないのに死ぬまで闘いってものがまとわりついてくるんだけども、まあそれはそれも本人もよく知ってると思う。だけど、リングの上では明日が最後って言うことで。まあ、NOSAWA論外らしい盛大な死に様を見せてほしいよね。まあ俺は介錯人の1人として立ち会わせてもらいます」

――石森選手、約20年来の付き合いがありレスラーとしても影響を受けたということでした。論外選手は石森選手にとってどんなレスラー?
石森「それ言わないでも分かるでしょ。前も言ってるよ」

――約5年ぶりの古巣・NOAH参戦ですが、NOAHファンに向けてどんな闘いを見せたいか
石森「そんなの全然意識してない。この人(論外)の引退試合なんでね」

――外道選手、『お互いどん底から成り上がってきた』と語っていましたが、改めて論外選手への評価は
外道「まあ、まあ……なんとなくね、そんなに直接的な接点はないんだけど、指名されたっていうとこで、俺もなんとなく同じようなシンパシー感じてるね。同じようなタイプのレスラーで。1つのレスラーとしてのね、決してスターではないけど、レスラーとしての、なんていうのかな。自分の地位っていうか、1つの価値を見せつけたレスラーだったんじゃないかなと思うね。どんだけ叩きのめされてきたかっていうね。それを見せてきたっていうのがNOSAWAの価値なんじゃないかねえ」

――論外選手、今の言葉を受けての感想は
論外「正直、複雑な気持ちでもって。最後ホント、外道さんと石森選手を選んだっていうのは、最後、プロレスラーとして息の根を止めてもらうには、一番は外道さんにしてもらいたいなって気持ちと、石森くんとは、みんなが知らなくてもいいんだけど、ホント付き合いが長いというか、2人だけしかわからない関係性かもしれないけど、そういうゆかりのある人間に介錯されたほうがいいのかなって思いながらも、最後はやっぱ『ずーっと意識してきた外道さんの足元すくってみてえなあ、1回だけ』って気持ちですね」

――NOSAWA選手、石森選手からの『2度とプロレスしたくないと思わせる試合をする』という言葉を受けて
論外「いや、それ言われなくても、もう身体の問題だから、もうプロレスしたくない気持ちと言うか、じゃあそこも覆してやろうかなと」

――外道選手、『足元をすくいたい』『とても意識していた』という論外選手の言葉を受けて
外道「それはもう、レスラーやってる間はそういう気持ちでいるのは当然じゃない?それはそうでしょう。そうじゃないとやる価値も無いよね。普通じゃない?」

――論外選手、ペロス、愚連隊、DRAGON GATEなどで区切りを付けてきた引退ロードの日々を振り返って
論外「いつだっけ。福岡でプロレス辞めるって言って、その後の試合は常に決まってる試合で、もう動かなくなってもいいかなって思いながらやってきたんで。ようやく、最後……何年前だっけな。16年くらい前、それこそ東京ドームで邪道さん、外道さんと、NOSAWA、MAZADAで闘って。その負けが多分人生の中で一番悔しいかもしれない。だから、外道さんって名前を出したのがあって。発表してから送り出してもらってるとか、振り返るっていっても、普段の試合とあんまり変わらなくて。『身体が保てばいいな』って思って日々を過ごしてきたので。ホント、明日多分一番動きのいいNOSAWA論外が見られるんじゃない?」

――MAZADA選手、プロレス人生でずっと横にいた盟友が大舞台で引退することについて
MAZADA「パレハらしくてすごくいいと思いますね。流石だと思う。天才ですからね。段取り組むの。流石だぁ(笑)」
論外「(笑)」

――MAZADA選手、今日の論外選手はどう映りますか
MAZADA「いたって普通で健康に見えますけど」

――僕らにはいつもと違って神妙な感じに見える
MAZADA「そんな感じないですけどねえ。なんでしょう。見方が違うからですかね。『明日頑張ります』って感じのパレハですけどね」

――引退前日になって、東京ドームを見て明日に向かう気持ちで湧き上がるものはあるか
論外「だからあ、最後の試合だとか引退だとか、いつもの試合と変わらないってもう。たまたまっていうか、俺が段取りが上手いからこうやって最後東京ドームって場所でできるっていうだけで、それは感謝してるんですけど、ただいつもやってる試合と変わらないし。意気込みとかも。引退するからっつって練習をするって人間でもないの知ってるでしょ?だから特に意気込みとかっていうのは変わらないけど、それより多分みんな早く武藤さんと内藤選手の話聞きたいんじゃないかなと思って。『早く質疑応答終わんないかな』と思ってんだけど。みんなそうでしょ?」

『chocoZAP presents KEIJI MUTO GRAND FINAL PRO-WRESTLING “LAST” LOVE ~HOLD OUT~』
日程:2023年2月21日(火)
開始:16:00
会場:東京都・東京ドーム

▼NOSAWA論外引退試合 タッグマッチ 30分1本勝負
[東京愚連隊]NOSAWA論外/MAZADA(フリー)
vs
[BULLET CLUB]外道(新日本)/石森太二(新日本)

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別

ページ上部へ戻る